« 安達太良山第一報 | トップページ | 大岳山 »

2006年11月 8日 (水)

安達太良山登頂レポ

2006年11月5日(日)、家族4人で安達太良山に登ってまいりました。

4時起床。次男旅人はなかなか起きてくれませんが、皆の「おいてくぞ!」の声にしぶしぶ起きてきました。

青梅駅前のコンビニでおにぎりやサンドイッチなどを買い、5:01青梅発の電車の中で食べます。

立川で中央線に、西国分寺で武蔵野線に、、武蔵浦和で埼京線に乗り換えて6:24大宮着。6:30の新幹線に乗りたかったのですが次の6:38発の「やまびこ201号」に乗ることにしました。

青梅ではとりあえずの朝メシだけだったので、NEWDAYSでまたおにぎりやサンドイッチを買い込んで新幹線の中で朝メシの続きです。3連休ですが最後の日の下りなので車内はすいています。2人がけの席を向かい合わせにしてすわります。

7:56、郡山着。東京地方に比べて郡山は少し寒いです。霧がたちこめています。「着るものもっと持ってくればよかった」と妻は心配顔。「歩けば大丈夫だよ」と私。

8:38郡山発の電車で、9:03二本松着。Dscf0612

←「二本松の菊人形」開催中です。長男岳人立ち睡眠中。

二本松から奥岳まで今年3月までバスが出ていたのですが4月から廃止。岳温泉もしくは青年協力隊の研修施設までしかバスは行きません。二本松からタクシーで奥岳まで行ってもいいのですが少し節約のためバスで岳温泉まで行きます。バスを待つ間に駅前のコンビニで昼メシを仕入れます。

バスはガラガラです。我々の他におばさん二人。おばさんたちは岳温泉に働きにいく様子。つまり観光客でこのバスに乗っているのは我々だけ。これでは奥岳までのバスがなくなるのも無理はないですなー。Dscf0613_1

←岳温泉にて。旅人の顔が岳人の手でかくれ、このあと取り直し。取り直した写真は次男が長男の頭の上にイタズラで指を立て、その写真を岳人が勝手に消したため、二人とも隊長(私のこと)に頭をひっぱたかれました。我々の撮り終わるのを待っている人がいたので撮影はそれまで。

タクシーを呼び、奥岳へ。

「あだたらエクスプレス」(6人乗りゴンドラ)で8分、八合目の山頂駅に運ばれます。

岳人と私は登山靴、旅人と妻は運動靴です。靴のヒモを締め直して、10:45歩行開始。Dscf0615

←皇太子と雅子さんも来たことがあるようですね。

天気は曇り。風はほとんどなく、着てきた服でオッケーのようです。

岳人先頭、二番旅人、三番妻、しんがり隊長で歩きます。先頭で岳人が「こんにちはー」を元気良く言っているものだから旅人も負けずに「こんにちわー」をやっています。

30分くらい歩いたところで少し休憩。そのあと40分ほど歩いて山頂到着です。Dscf0616

頂上だけややガスってますねー。Dscf0617

Dscf0618_1

12:03、安達太良山頂到着。4歳の男の子も登ってましたよ。その子のお父さんに頂上で写真を撮って貰ったのですが、そのときにお父さんが「はい、撮りますよー。ニーッコ、ニコニッコ、ニッコニコ!」と言ってたので妻大笑い状態です。

頂上は少し風があるので昼メシはのちほどというこにして、12:10頂上をあとにします。

Dscf0619 ←馬の背方面に少し下ったところで頂上が見えてきたのでもう一枚。

Dscf0620

←沼の平をバックに。97年この沼の平で有毒ガスのため4人亡くなっており、立ち入り禁止。いつ見てもおどろおどろしい景色だ。Dscf0621

Dscf0622 ←二枚の写真、馬の背分岐にて。

12:45馬の背分岐通過。

13:08、旅人が「腹減った」とわめくのでお昼にする。セブンのおにぎりはおいひいなー。20分くらい休憩。

Dscf0623 14:00くろがね小屋に到着。入浴料大人400円小人200円プラス休憩料一人200円、4人で2000円ナリを払って乳白色の硫黄泉につかる。

旅人は風呂場の床でいきなりすべって転んで目から汗が流れた。最初は熱くておっかなびっくりだったが、慣れてくると子ども等はお湯を掛け合ったり飛び込んだり。最初に転んだことなどすっかり忘れているようだ。

Dscf0624_1 ←くろがね小屋前にて。

14:39、くろがね小屋をあとにする。

林道を通って下る。小屋のジープはこの林道を登ってくるのだが、かなりのデコボコ道である。でも轍が残っている。

旅人がおとなしくなったと思ったら眠りながら歩いている。Dscf0625

←眠りながら歩く旅人。くまのプーさんとピグレットに似ていなくもない。

足元は落ち葉でいっぱい。

16:10、奥岳に到着。電話でタクシーを呼ぶ。

安達太良を登ったことにより、旅人記念すべき1座目、岳人2座目(一座目大菩薩)、妻2座目(1座目富士山)となった。私は3回目の安達太良。

私「岳人は大菩薩でぽんぽこ登山隊に入隊したからな。ママは入りたいか?」

妻「入隊希望します。」

私「旅人は?」

旅「うーーん。じゃあ、はいろっかなー」

ということでH副隊長・H隊員の了解も後日とりつけて、ぽんぽこ登山隊は5人目6人目がこの日入隊と相成りました。

Dscf0626 ←富士急ホテル前にて。真ん中の車からシャボン玉が出てきてシャボン玉を見つめる旅人。

Dscf0627 ←タクシーを待っている岳人と妻。ピース!

やがてやってきたタクシーはおばちゃん運ちゃんで、廃止バス路線の話・紅葉・青年協力隊・菊人形の話を私としていたのですが、いつの間にか後部座席の三人はお休みになっていました。

満月が低い位置に大きくクッキリと見えたことでした。

17:14、二本松発。17:38、郡山着。

17:57郡山始発「なすの278号」に乗ります。二列向かい合わせにはすわれませんでしたので、三列席の窓側に二人ずつすわりました。三連休の最後の日、上りなので新白河からは立ち客もでました。

一人なら確実にビールに手が出るところですがグッと我慢して寝ました。

19:18、大宮到着。埼京線に乗り換え、行きつけの武蔵浦和の回転寿司「うず潮へ」レッツゴー!

生ビールがうまい!生きててよかった!

旅人がたのんだ「中トロサビ抜き」がサビ入りで出てきて

私「いいよ、いいよ、もらうよ」と言って岳人のところにおいたら、

「アッ、」という間もないくらいのすばやさで岳人が食ってしまいました。

「オレも食いたかった・・・」(隊長)

うず潮のお兄さんは「中トロサビ抜き」を一番安い皿で握りなおしてくれました。

武蔵野線・中央線・青梅線を乗り継いで22時頃青梅に到着しました。

家族で登山。楽しいけど子供たちはいつまで親についてきてくれるのかなー・・・

クリックしてくださると、とってもうれしいです!→人気blogランキングへ

|

« 安達太良山第一報 | トップページ | 大岳山 »

コメント

あいかわらずヨイ休日をお過ごしのようで羨ましい(*`・ω・)ゞデシ!!
家族で登山。。。イキナリ登山に連れて行かれたら
沢登りで山嫌いになった_| ̄|○
でも、大人になれば親のありがたみ!十分にわかりますよ♪
たけぱぱさんトコは太鼓判押して「大丈夫!」って感じです

投稿: ゆたdeサリー | 2006年11月 8日 (水) 15時34分

ゆたdeサリーさん、
さっそく見に来ていただいてありがとうございます。
先ほど次男に「この前の山登りはどうだった?」ってきいたら
一応「楽しかった」って言ってくれました。
まあ、そう言っておかないとオヤジの機嫌が悪くなると思ってるんでしょう。
そうそう、「親になって初めて分かる親のありがたみ」でさーね。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月 8日 (水) 15時55分

コンコン(o・▽・)ノ

お邪魔します~
ご家族で登山いいですねぇ~(うらやましい)
隊長ってのがとっても気に入った(笑)

投稿: らむちん | 2006年11月 8日 (水) 16時39分

レポUP楽しみにしていました。

ご家族で登山とは素晴らしい!!!

子供も中学生になると、部活などで忙しくなり
家族全員でというのが少なくなりがち。
1座でも多く一緒に登れるといいですね。

そして、ぽんぽこ登山隊5・6人目入隊おめでとう♪

良かったね。嬉しいね、隊長---!
ホクホク顔のたけぱぱさんが目にうかびます☆

投稿: よっしー | 2006年11月 8日 (水) 18時53分

読ませて頂きました。
ご家族で羨ましい・・。
紅葉の山に行きたいです。

投稿: ナッキー | 2006年11月 8日 (水) 18時54分

素敵ですよね、家族で登山!!

父が山好きで毎年元旦には近所にある小さな山を登ります。

年に数回しか登山には行かないですが、
それでも、山登りに行こう!という考えが浮かぶのは
父の影響だなぁと思います。

私はまだ自分の家族を持ってはないですが、
子供たちとは登山に行きたいですね。

また素敵な登山レポ読ませてくださいね☆

投稿: ヒカル | 2006年11月 8日 (水) 19時46分

たけぱぱさん、こんばんは♪ヽ(*^∇^*)ノ
家族で登山、とっても楽しそうですね!
私達の目指すところです。(・・・その前に子供を作らねば!!)
この間、甲武信ヶ岳でご一緒したご家族も娘さんは成人されているのですが、家族で山登りを楽しまれていました。
たけぱぱさんのお子さん達もきっと、ずっと一緒に登ってくれそうですよね。
なにせ、ぽんぽこ登山隊に入隊されたんですもんね☆
安達太良山、私達が昨年に登った時も曇っていたので、またリベンジしようと思います!

投稿: moe | 2006年11月 8日 (水) 20時02分

家族で登山。ほんと理想的でいいですねー。
「ぽんぽこ登山隊」私も入りたいわぁ。
ちなみに私の所属するチームは 雨男かつ体調不良な隊長ひきいる「お山歩(さんぽ)クラブ」でーす。
隊長がいつも体調悪いので、活動が停止気味なのが難点ですねぇ。

投稿: にゃ | 2006年11月 8日 (水) 21時25分

こんばんは~。
家族全員で登山良いですね~。
お子さん達もいい顔してますね!
何より奥様がいっしょに登ってくれるのが羨ましいですよ。
安達太良は僕も学生時代に電車(鈍行で!)で山スキーに行きました。
ゴンドラ降りて、ちょっと入ったあたりでテント泊。
翌日に山頂を目指しました。
日帰りでも電車で行けちゃうんですね~。

投稿: じゅん | 2006年11月 8日 (水) 22時24分

い~な~

その一言に限る!!

幸せの原点って、家族だよね~。

私も結婚するなら自然とたわむれられる人!

と決めてはや数年・・・。

そして、家族が恋しくなってきたよ~。

投稿: ヤノマン | 2006年11月 8日 (水) 22時58分

いいですねー。 ウチは高1 中2の♂♂なんですが、
最初 小学生の頃近くの里山 だけど 500mの登りの往復
12km につれていったら 暑いやら 景色は 無いやら
で そのあと ついてきてくれなくなりました。最初が肝心なんですよね。でも、中学になったら 親より友達だよね ということで 手も離れたし、オヤジは オヤジで楽しんでいるしかないか というのが 実態です。

投稿: NJ | 2006年11月 8日 (水) 23時39分

mixi登山コミュから来ました。はじめまして。

地元が郡山、現在川崎で安達太良山には小さい頃から10回ほど登っています。
ですのですごく懐かしい思いで拝見しました。

ゴンドラから山頂、くろがねは今年の夏に歩きました。
でも未だ一度も小屋の風呂に入ったことがありません。

福島には磐梯や吾妻など家族で気軽に楽しめる山がありますので是非またおいでくださいまし。

投稿: ヤギ | 2006年11月 9日 (木) 01時03分

朝の早起きは辛いけど、起きてしまえば「早起きは三文の徳」といいますから、その通り良い登山旅行?になりましたね!!
私も友人達と登山クラブ「パタゴジラ」←(パタゴニアのパクリです・・。)を作って、登山活動(アウトドア)をしていました♪で、必ず、登山の帰りには温泉付きがお約束でしたね~!湯船につかって、「あー日本人で良かったなぁ~」と思ったものでした。風呂から出た後は、お約束のビールがおいしかったなー(。→∀←。) !
たけぱぱさんのブログを見てたら、色々思い出しちゃいました。今はお酒も飲めないので、2倍恋しい・・・。

投稿: 白玉です。 | 2006年11月 9日 (木) 05時50分

家族で登山最高に幸せですね〜☆
奥様も登ってくれるからいいですね♪私の旦那もゆっくりした登山なら一緒に登ってくれるのでほんと嬉しいです♪

みなさんとってもいい顔してますよね〜。素敵です☆

私は小学3年の頃から親に連れられ登山していますが、高校生から19歳ぐらいまでの間は山、行きませんでした。それからまた急に行きたくなって親と一緒に行きだしましたよ。今はすっかりハマっちゃいましたけど(笑)

投稿: CHIRU | 2006年11月 9日 (木) 20時16分

はじめまして。
以前からブログ(作文)拝見させていただいておりました。

ご家族での登山って本当にいいですね。良い思い出になると思います。わたしの場合幼い子供がいる関係で、家族そろっての登山は当分の間先になりそうです。なので最近は単独行きばかりです。

それから、たけぱぱさんたちが安達太良山を登った2日前に、実は私も同じ山に登っていました。三連休の特に晴れの日を選んだこともあり、ずぅ~と快晴でした。同じ山でも天気によって印象が大きく変わるんですよね。

投稿: ここあパパ | 2006年11月 9日 (木) 21時15分

たけぱぱさん、こんばんわ~
家族de登山。あこがれちゃいます~
たけぱぱさんのお子さんは2人とも素直に成長されてらして、お父さんもお母さんも幸せものですね!って、お父さんとお母さんの子育てが上手なのか。
いい記事読ませていただきました~♪ほくほく。

投稿: まゆ太 | 2006年11月 9日 (木) 21時35分

はじめまして。mixiの日記にリンクが貼ってあったので早速のぞきに来ました~。
何年も前ですが岳温泉にバスで行った時、「岳温泉はニコニコ共和国という国家です」みたいな説明があって、「なんだそりゃ?」って思ったのを覚えてます(^^)今でもあるのかな?ニコニコ共和国。

投稿: マリ | 2006年11月 9日 (木) 23時29分

らむちんさん、
「ぽんぽこ登山隊」隊長です。
いつまでついてきてくれるかわかりませんが、ついてきてくれる限りは家族で「ぽんぽこ登山隊」やりますよー。
よろしくお願いします。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月10日 (金) 19時30分

よっしーさん、
そうですねー。うちの長男あたりは部活というより友達と遊ぶのに忙しくて、もうすぐ「親より友達」になるんじゃないかなーって思ってます。
毎日クリックありがとうございます。
感謝してますよー。
ぽんぽこ登山隊隊長は隊員が増えてホントにうれしいです。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月10日 (金) 20時01分

ナッキーさん、
今回「家族で登山」ということに対する反響が大きくてビックリ栗饅頭です。
自分達にとっては普通のことでも、普通でなく感ずる人もいるのかなあと思ったりしています。
奥多摩でもそろそろ山の方は紅葉が見ごろになってきたようです。今朝我が家のベランダから見た大岳山はハッキリ色づいていました。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月10日 (金) 20時10分

ヒカルさん、
お父様の影響ですかー。
自分が山好きになった理由はよくわかっていないのですが、本格的に始めたのは高校のときにワンゲルに入ってからです。
走るのも短距離は苦手で長距離は割と得意だったから「歩くのは長時間でも何とかなるだろう」と思ったような気がします。
昔の登山の話も書けるといいなあとは思いますが、記録とってないものは書けないですよねー。
今はブログがあるから登ったら必ず何か書くようにしています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月10日 (金) 20時26分

moeさん、
家族で登山も金がかかりまっせー。
たのしいですけどね。
今回は次男もへこたれずに歩いたので隊長としてもヒジョーにうれしかったです。
いつまでついてきてくれるかわかりませんが、出来るだけたくさん登りたいですね。
M&Mさんの安達太良山行も読みましたよー。
ハードですなあ。
わが隊にもハードな「H隊員」というのが一人いますけどねー。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月11日 (土) 15時09分

にゃおみぃさん、
ぽんぽこ登山隊は百名山をひとつでも隊員と一緒に登り、本人が入隊希望すれば入れますよ。
いつでも大歓迎。

「お山歩クラブ」の隊長は不良ですか、そうですか!
不良隊長、活動しましょう!

投稿: たけぱぱ | 2006年11月11日 (土) 15時21分

じゅんさん、
うちのかあちゃんは時々ついてきますねー。
子供たちだけでもいいんですけどねー。
中学生くらいになったらもっとハードな山にもついてくるかな?
そうなったら楽しいですねー。
新幹線のおかげで日帰りで行けますね。
私が土日休みだったらもっと行くんですけどねー。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月11日 (土) 18時01分

ヤノマンさん、
いい人いないんですか?余計なお世話?

それはともかく、うちのかあちゃんとは結婚する前に尾瀬と富士山に行きました。今から考えると富士山にはよくついてきたなーと思います。

人生いろいろありますが、がんばりましょう、お互いに!

投稿: たけぱぱ | 2006年11月11日 (土) 18時13分

こんにちわ。足あとから拝見しました。
いいですよね~~山は!! 私も大好きなんです。それに家族で登れるなんて最高の喜びではないですか?
まぁ、お金はかかるけど・・・。
うちも男の子2二人。山好きにしてやろう、と思い、何度か母と子で行きましたが、お兄ちゃんは興味なし、下の子はデブで歩けない~~~とほほ。で、もっぱら友だちと・・・。
時々、見せていただきますね。

投稿: かずよちゃん | 2006年11月12日 (日) 07時48分

NJさん、
そちらも男の子二人なんですねー。
いずれはやはりついてきてくれなくなるんでしょうねー。
親父としてはさみしい反面、自分の好きなように遊べるなーってところもあるんでしょうねー。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月12日 (日) 10時48分

ヤギさん、
私も郡山に1年4ヶ月、川崎に5年住んでいました。
溝口には仕事で6年近く通っていました。
くろがね小屋の風呂はいいですよー。
泉源のすぐ近くですからね。岳温泉もここから引き湯でしょう。
磐梯、吾妻もいいですね。また行きたいです。
高湯もいいですよねー。
あー温泉行きたいよー。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月12日 (日) 10時57分

白玉さん、
早起きは三文の徳ですよね。山に入ると余計早起きになっちゃいますよね。
パタゴジラの活動は今はされていないのですか?
山から下りてきて温泉があって、風呂上りに生ビール。やめられまへんな!
よかったら過去の記事も見て色々思い出してください。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月12日 (日) 11時07分

CHIRUさん、
毎度どうも!
私も山歴32年と言ってますが、全然登らなかった時期がけっこうあるんですよねー。
いつまでついてきてくれるかわからないけど、出来るだけ連れて行こうと思っております。
ハードな山でない限り、女房もついてきてくれますね。最近はハードなのが多いですが・・・

投稿: たけぱぱ | 2006年11月12日 (日) 11時19分

ここあパパさん、
お子さんがもう少し大きくなったら一緒に登られるのでしょうか?
待ち遠しいですね。
ここあパパさんが登られたときは天気よかったんですねー。うらやましい!
これからもよろしくお願いします。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月15日 (水) 15時17分

まゆ太さん、
いつもブログ拝見してまっせ。
素直に育ったかどうかわかりませんが、山についてきてくれるのはホントうれしいですね。
でも、いつまで親についてきてくれるか・・・
一人で登るのもおキラクで楽しいですけど。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月15日 (水) 15時23分

マリさん、
ニコニコ共和国はもうありませんよ。
岳温泉には6年くらい前に泊まったことがあります。
「扇屋」さんというところでした。
なかなかいい旅館だったなー。
温泉に行ってのんびりしたいなー。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月15日 (水) 16時00分

かずよちゃんさん、
そちらも男の子二人なんですねー。
若いうちはなかなか山登りのよさは分かってくれないのはしょうがないんじゃないでしょうか。
うちの子達も仕方がなくついてきてるのかもしれません。
友達と登山、いいじゃないですか!
私は平日中心の休みなので、なかなか友人と休みを合わせられないのが悩みです。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月15日 (水) 16時06分

えっちゃんの飲み友達です。
山も行ってます。私も14年前に家族で安達太良にいきました。お盆の暑い日で、大変でしたが子供たちは平気でした。
長男が5年生で次男が2年生でした。
安達太良は故郷の山で懐かしい思いがあります。

投稿: あずまいちげ | 2006年11月18日 (土) 00時08分

あずまいちげさん、
もうお子様は成人されているわけですね。
小学生の頃連れて行ってもらったところは、私も今でも覚えています。お二人のお子様も安達太良の話をしたら懐かしく思い出されるのではないでしょうか。
安達太良は温泉もあるし、いい山ですね。
またいつか登りたいと思っています。

投稿: たけぱぱ | 2006年11月19日 (日) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/4109474

この記事へのトラックバック一覧です: 安達太良山登頂レポ:

« 安達太良山第一報 | トップページ | 大岳山 »