« 2004年12月 屋久島にて。PART6 | トップページ | 札幌に来ています。 »

2006年12月24日 (日)

2004年12月 屋久島にて。PART7

2004年12月6日(月)、屋久島YHにてあるはずのなかった7日目の朝を迎える。

4:00頃目が覚める。今日は寒い。ふとんの中で朝を待つ。

6:00になったのでNHKのニュースを見に談話室に行く。

波はまだ高いようだが、風の注意報などは出ていないようだ。

8:30のバスもあるがあわただしいし、あせって帰っても今日は仕事休みにしてもらったし、次の10:20のバスで帰ることにする。

前日空港で仕入れた情報によると、鹿児島行きの第一便は満席らしい。

「今日中に帰れればいいや」急ぐ必要はない。

7:00頃、花田氏がバイクで出発する。

「また、どこかで会いましょう!」すぎのこ(新館)の前で握手をして別れる。

船が動けば口江良部に行ってみるそうだ。ダメなら鹿児島行きに乗る。

福井君とダイバー女性三人は「縄文杉ツアー」に行くので朝5時起きで出発していった。

YHに残っているのはT子さんと私だけか・・・

朝食を食べに本館に行く。

T子さんは現れず、自分ひとりだった。

ほっしー君、今日はお仕事だ。

ほ「昨日、彼女も町田の家についたのが12時くらいだったそうです。鹿児島からの羽田行きもかなり遅れてたようで」

帰れた人も大変だったようだ。

部屋に戻り、荷物をまとめる。忘れ物がないか点検し、6泊お世話になった部屋をあとにする。

「サヨナラ、また来るぜー」 ←部屋に話しかけているんである。

少し早めに部屋をあとにして、談話室で缶コーヒーを飲みながらバスの時間を待つ。

T子さんが現れる。

私「T子さん、いつまで島にいるの?」

T「今日のフェリーで鹿児島に行きます。10:20のバスに乗ります」

私「じゃ、一緒のバスだね」

今日は鹿児島のYHまで行くそうだ。知覧の武家屋敷などを見たいとのこと。

T子さんも出発の準備をしてもう一度談話室に現れる。手には蛇味線が。

私「これがウワサの蛇味線だね」

T「ええ」ニコッと微笑む。

受付棟の前のテーブルでPさんとほっしー君が話していた。お二人に挨拶をする。

私「お世話になりました。また来ます」

P「またいらっしゃい。季節を変えて」

ほっしーに撮ってもらった一枚。Dscf0545

あまりにも素敵なので一枚ずつ撮り合う。Dscf0546

Dscf0547_1

朝は寒かったが日が出てきて暖かい。快晴。

バス停までゆっくり歩く。「花田さんはどっちに行ったかなー」

バス停でも時間があった。話は色々と続く。

道端にツワブキの黄色い花が咲いていた。(これが屋久島なんだなー。オイラが生まれた北海道じゃあ12月には花咲かないもんなー)

10時過ぎだというのに、小学1年生くらいの子がお母さんに見送られて学校へ歩いていく。バス停のところで我々に「こんにちわー」

こんなところにも(あー、これが屋久島なんだなー)と感激するのだった。

バスの中でも話は続く。どちらかというと私がしゃべり続けていたかもしれない。

T子さんは宮之浦からフェリーに乗る。その前に空港で私が先にバスを降りる。

空港前で、バスに乗ったT子さんを見送る。今度こそ本当にサヨナラだ。バスが見えなくなるまで手を振る。

さて、昨日半日を過ごした空港だが、昨日島抜けできなかった人たちであふれているかと思いきや、意外に静かである。

カウンターのおねえさんに次の次の便のチケットを出すと、

「昨日は申し訳ございませんでした。すぐ出る便に空席がございますのでお乗りいただけますが」というので、屋久島に名残を惜しむ間もなく、あわただしく機内へ。

それからはアッという間に鹿児島へ運ばれ、鹿児島でも午後遅い便のチケットを出すと、

「「昨日は申し訳ございませんでした。すぐ出る便に空席がございますのでお乗りいただけますが」というのであわただしく機内へ。

そしてアッという間に羽田に着いた。会社に電話を入れ、

「今日は無事に飛行機に乗れたので明日出社させていただきます」

家に電話「無事に羽田に着いた」

昨日あれほど遠く感じられた東京にあっさりと、気が抜けるほど早く着いたので、本当に気が抜けた。

「2004年12月屋久島にて」に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

本当に楽しい旅でした。屋久島のトリコになって次の年も行き、またまた色々ありましたが、それはまたブログでいつかご紹介いたします。

屋久島モードになっている状態で携帯でポチポチ打った詩があります。

「屋久島旅情」←←←恥ずかしいので読まないでください。

クリックしてくださると、私もサンタもトナカイも喜びます!→人気blogランキングへ

|

« 2004年12月 屋久島にて。PART6 | トップページ | 札幌に来ています。 »

コメント

最後まで楽しく読ませていただきました。もう終わりなのかと思ったら何だか寂しい気持ちになりました。
また続編に期待しています。たけぱぱさん、頑張りましたね!

投稿: リリーマーレン | 2006年12月24日 (日) 12時45分

沢山の屋久島の素晴らしさを教えてもらいました。
ありがとうございました。
私も 楽しかった旅が終わってしまったようで
ちょっと寂しかったです。。
屋久島 いつか絶対行きます。

投稿: no.el | 2006年12月24日 (日) 23時59分

終わってしまいましたね。
楽しく拝読しました。

最後で波乱いや、ドラマかな?ありましたが、全体的に「メチャクチャ楽しかった!」ということが伺えます。自然と接する旅、いいですよね。

私も来年は一つでも山に行こうと思います。

次回も楽しみにしています。

投稿: かんしゃく玉 | 2006年12月25日 (月) 13時50分

リリーマーレンさん、
「2004年12月屋久島にて」に最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
2年間あたためてきた題材だけに、なんだか肩の荷が一つ下りた感じです。
頑張りました。
続編も色々なことが起こります。
是非お楽しみに!

投稿: たけぱぱ | 2006年12月25日 (月) 15時55分

no.elさん、
本当に楽しすぎる旅でした。
羽田に着いたときにはホントに気が抜けたようでした。
私も来年また行くつもりです。
素晴らしい島ですから必ず行ってみてくださいね。

投稿: たけぱぱ | 2006年12月25日 (月) 16時23分

たけぱぱさん視点の屋久島日記、とても楽しく読ませていただきました^^
私は日記などもつけないので、細かなことはすぐ忘れてしまうんです。「そういえばこんなこともあったっけ!」と、読みながら思い出していました。
ところで、私のハープは、普通のヨーロピアンタイプのハープなんです^^ ビルマの竪琴には長年憧れていたのですが、博物館などにしか現存するものはなく、先生もいないようでした。

投稿: T子 | 2006年12月26日 (火) 10時21分

かんしゃく玉さん、
終わってしまいました・・・
なんだかほっとして気が抜けてしまいました。
二年間、伸ばしに伸ばしていた宿題が終わった感じです。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
また、2005年版もそのうち書きます。
その時はまたよろしくお願いします。

投稿: たけぱぱ | 2006年12月26日 (火) 21時00分

T子さん、
お元気ですか?
12月26日付けで異動があり、急に12月30日から1月3日まで休みになってしまいました。
札幌へ帰省しようにも飛行機は満席。それで仙台まで新幹線で行き、仙台空港から新千歳へ飛びました。
ただ今実家にいます。
久しぶりにお会いしたいですね(^0^)

投稿: たけぱぱ | 2006年12月31日 (日) 06時18分

読ませていただきました。
私もまた屋久島へ行った気持ちになりました♪
たけぱぱのワクワクしてるのが伝わってきて、私も楽しくなりました。
台風が来ちゃったんですか!!びっくりですね。
会社がOKならちょっと嬉しくなった気持ち、私も経験あります。 フフフ

私は100名山登頂めざしてたのですが、パートナーがだめになって、
今一緒に行ってくれる人を探しています。
ということで、100名山の日記はなかなか書けないと思いますが、
また日記のぞいてやってください(笑)

投稿: 尚加 | 2007年1月 6日 (土) 16時29分

屋久島、大作でしたね~。
自分もついこの前行ったばかりなのにかなり記憶が薄れています。
自分の記憶を呼び起こしながら楽しく拝見しましたよ。。

投稿: お気楽 | 2007年1月21日 (日) 10時43分

尚加さん、
ワクワク感、わかってくださいますか。うれしいです。
休みを代わってくれるやさしい同僚がいてラッキーでした。
パートナーがダメになっちゃったんですか。ケガですか?山登りできなくなっちゃったんですか?
私はH隊員と登ることが多いのですが、運転してる横で私が居眠りをしてることが多く、申し訳ないといつも思っています。
尚加さんの日記、こそっとのぞきに行きます。

投稿: たけぱぱ | 2007年1月21日 (日) 11時14分

お気楽さん、
コメントありがとうございます。
2年間気になっていた宿題が終わったようで、
書き終えた時はホッとしました。
お気楽さんも屋久島に行かれたんですねー。
こちらも拝見しに行きます。

投稿: たけぱぱ | 2007年1月21日 (日) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/4656390

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年12月 屋久島にて。PART7:

« 2004年12月 屋久島にて。PART6 | トップページ | 札幌に来ています。 »