« 岩手山速報Ⅱ | トップページ | 岩手山へ、本編。 »

2007年5月 9日 (水)

八幡平へ、本編。

G.W.後半は白山・荒島の予定だった。

相棒H隊員は夜行バスの予約をし、私も飛行機の予約をする寸前だったが、H隊員から、「予約は待て。道路が通行止めだ」との連絡が入り、白山・荒島は白紙に。

白紙になったのは秩父七峰を歩いている頃である。つまり4/22前後のこと。

七峰の終盤あたりでえいじさんと会話した記憶がある。

私「G.W.後半は白山・荒島の予定だったんですが、昨日石川県に電話したら通れるのはG.W.明けだそうです」

えいじ「本当!?オレも白山の予定だったのにい。これでオレもG.W.後半白紙!」

というような会話だった。

ところが、26日のことだったと思う。ここあパパさんからえいじさんのブログに書き込みが・・・

「27日午後2時に市ノ瀬までは開通しますよ。石川県のHPに出ていましたよ」

HPを見るとその通り。

えいじさんは白山へ向かう計画を復活させた。

我ら「ぽんぽこ登山隊」はどうするか?

H「もうバスはキャンセルしたし、あきらめよう!」

私「えいじさんが2日の夜から車でつれてってくれるかもしれない。頼んでみる。」

H「わかった。前向きに考える。」

というところまではいった。

えいじさんも「是非ご一緒に」とおっしゃっていただいたが、我々は2日の夜まで仕事があり、結局えいじさんとはご一緒できなかった。

えいじさん、その節はおさわがせいたしました。

========================================================

2007年5月2日(水)、仕事場からJRを乗り継いで両毛線の富田駅へ。

21:20、H隊員号に拾ってもらい東北を目指す。後ろに前日H隊員宅に送っておいたデカザックが乗っている。テント・シュラフ・キャンプ用具一式が入っている。

G.W.のこととて渋滞が心配だ。といっても心配していたのはH隊員だが・・・

「なんでこんなところで渋滞するの?」というところもあったが、概ねスムーズに菅生のS.A.まで到着。3日(木)のAM1時20分。

ここまでのS.A.もここ菅生も車でイッパイだ。

なんとか空いたスペースに駐車して、車で仮眠。

3日、日の出とともに目覚める。H隊員は運転でお疲れのようだ。7時頃まで寝ていてもらう。

おにぎり・うどんなどで軽く朝食。朝のコーヒーがウマイ!旅先に出て朝飲むコーヒーはなぜこんなにウマイのか?

朝の菅生は昨夜の状態よりももっとイッパイだった。まさにあふれんばかりの車・車・車!

当然、道路もノロノロ状態。一関で高速を下りる。

スーパーで昼飯やお茶などを仕入れ、下の道を行くがこちらもなかなかどうして。ノロノロだ。

再び平泉あたりから高速に乗る。今度は流れている。「松尾八幡平I.C.」で高速を下りる。

岩手山は裾しか姿を見せてくれなかったが、八幡平はほぼ全容を見せてくれた。これなら問題なく行けるぜ、おいちゃん!GO,GO,HIROMI,GO!

と、料金所のおじさんの顔の脇になにやら文字が、

「アスピーテラインは雪崩のため不通。八幡平へはすぱるライン(松川温泉)をご利用ください」

ビックリ栗饅頭だよー。行けるのね。あー、ビックリだよー。あっちゃん、ビックリさせすぎだよー。

松川温泉には地熱発電所がある。なつかしー!

ここにはH副隊長(求職中)と二人で28年前に来たことがある。学生時代の夏休みだ。岩手山を下りてここの国民宿舎に泊まったっけ。

岩手山、八幡平、奥入瀬、十和田湖、八甲田とたどったことを思い出す。あっという間の28年。

さて車は雪の壁の間を進む。立山ほどではないが、「春山」を感じさせる眺めだ。P5030102 P5030103

「見返り峠」の駐車場に到着。13時少し前。

風が強い。ガスってる。ちょっとビビる大木。

ここまで来たら行くしかないよ。誰にともなく言って仕度をする。念のため、軽アイゼンをサブザックに入れる。

13:10、出発。頂上までの「遊歩道案内看板」がある。「頂上まで1.9キロ」そんなにあったかなー。ここからは雪の上を歩く。

雪の状態は悪くなく、スムーズに足が運ぶ。ツボ足だが、ズボるところはほとんどなし。道もわかりやすく、竹ざおが立ててありピンクのリボンが結びつけてある。

あっけなく、13:28に頂上到着。Image_126_3

H隊員51座目、私は28年ぶり2度目の八幡平であります。

P5030092 P5030093 P5030094

頂上で1パーティと出会い、お互いに記念撮影。

13:40、頂上出発。P5030096 ガスも晴れ、すがすがしい眺めが見える。

P5030097_2 P5030098_1 P5030099_1 P5030100_1 

ゆっくり下り、14:05駐車場到着。P5030101

再び、雪の壁の間を車は下り、秘湯「藤七温泉」へ。

一人600円を払い、混浴天国「藤七温泉」の湯につかる。

まず内湯。男だけだ。しかしいいお湯だ!硫黄の臭い。白濁した湯!

露天へ出てみる。すっげえ!男3対女2くらいの割合。もちろん女性はタオルまいているが。露天は4つくらい点々と湯船が。女性が皆若いのがすっげえ。

一応、全部浸かってから内湯へ戻るともっとすげえ!タオルもなーんにもつけてないねーちゃんが!バンザイ混浴!

お湯を堪能したのか、混浴を堪能したのかわからんが、とにかく藤七は、やってくれた。

P5030104 P5030105

盛岡に到着したのが17時頃。

H副隊長のアパートに車を置かせてもらう。

H隊員は昼寝。二人で先にワタミへ。1時間後合流。

その夜は痛飲したことだけご報告しておきます。

クリックしてくださると藤七も喜びます!→人気blogランキングへ

|

« 岩手山速報Ⅱ | トップページ | 岩手山へ、本編。 »

コメント

ものすごーく楽しそうな写真ですね。
思わず笑ってしまいましたよ。
そして初めて(?)見たH隊員さんがピースしている姿。
ちょっとかんど~(笑)。計画段階も調整大変で、
移動中も渋滞あったりと大変だったようですが、
すがすがしい眺めが見られて良かったですね。
あの雪の壁の写真ですが、記念撮影できるような、
安全な道路なんですか?今回の気になりどころでした。

投稿: らいず | 2007年5月10日 (木) 00時35分

らいずさん、
あまりの素早いコメントにビックリ栗饅頭。
ありがとうございます。
計画が決まらないうちは仕事中もそのことを考えてたりして・・・
でも計画するのも楽しみのうちの一つなんですよね。
雪の壁の写真ですか?
顰蹙を買いながらの撮影でしたよ!

投稿: たけぱぱ | 2007年5月10日 (木) 00時46分

おはようございます、たけぱぱ隊長!!
楽しみにしてた八幡平ブログ・・・早速読ませていただきましたっ!^3^
雪、凄いですねえ・・・。一瞬立山かと思いました。
顰蹙をかいつつ(笑)撮ったとは思えないいい笑顔~♪二人とも笑顔コンテスト入賞間違い無しです。あとたけぱぱさん、裏ピース・・・さすがです!!

遊歩道から山頂ってそんなに早くついちゃうんですか?
もし下からみっちり登るぞ!ってな時はほかにコースはあるんですか??ちょっと気になった・・・


混浴!大人のほっこりパラダイス!!タオルしてない娘さんは、わざとなのか!?なんにせよ、温泉いいですねえ~^。^


GWはホントにどこもかしこも渋滞で、発狂寸前でしたが、お二人ともご無事で何よりでした。次は白山、是非行って来て下さいね~^▼^お疲れ様でしたっ!

投稿: たっきー | 2007年5月10日 (木) 07時49分

新婚旅行の思い出の場所です。
藤七地温泉、気持ちがよかった。

山スキーをやりに行きました。懐かしい

投稿: 野の花 | 2007年5月10日 (木) 10時10分

たけぱぱさんの笑顔 たまりませ~ん!
すごくいいです。

行くまでに二転三転したんですね。
でも、無事懐かしい山の頂上に立ててよかったね。

“すっげえ!”は、たけぱぱさんの本能がまる見えになってます。

投稿: うし | 2007年5月10日 (木) 10時13分

どの写真もとてもたのしそう~~~♪

「白山」「荒島」が中止になり、東北の山に変更
この時期は何処に行っても残雪があります。。。

またそれもお天気次第では楽しいですよね!

八幡平頂上までそんなに早く行けてしまうのですね!
7年前の記録見たら、頂上まで30分下り25分になっていました。

たけぱぱさんとH隊員さん馬力があるからですね!

投稿: えっちゃん | 2007年5月10日 (木) 10時19分

おはようございまーす。
この季節にこの積雪量・・・ビックリです!
混浴の秘湯まで浸かられたなんてうらやましぃ(笑)
たけぱぱさんも、H隊員さんも少年のような素敵な笑顔ですね♪

投稿: fukumimi | 2007年5月10日 (木) 10時25分

いよいよ本編突入ですね。
行きはどうも私とあまり変わらない時間に東北道を北に走っていたみたいですね。
初日は八幡平でしたか。
でも読んでいくと八幡平はどうでも良くなってきました。
藤七温泉最高じゃないですか。
写真が無いのが残念です。
藤七温泉行きたいな~。混浴堪能したいな~。

投稿: へっぽこ山ちゃん | 2007年5月10日 (木) 13時40分

たけぱぱさん、こんにちは!
ぽんぽこ登山隊は東北だったのですね。
私達はその日、祖母山・阿蘇山に登っていたので、同じ時期とは思えない写真を楽しく拝見しました。
岩手に親戚がいるので、10年程前(?)のGWに観光で八幡平に連れて行ってもらったことがあるのですが、いつか残雪の八幡平に登ってみたいなと思いました♪

投稿: moe | 2007年5月10日 (木) 17時36分

すごい雪の壁ですね~!
やっぱりまだまだ積雪あるんですね。
八幡平近辺は、いい温泉いっぱいでいいですよね♪
私も学生時代は温泉好きでハシゴしてました(笑)
御所掛温泉(←漢字間違ってるかも)がお気に入りでしたよ☆
藤七温泉もいいですよね~♪
当時は混浴もバリバリしてたけど、今はムリだな(笑)

投稿: くろちゃん | 2007年5月10日 (木) 17時39分

たけぱぱさん28年前に行かれ2回目なのですね。雪の壁凄いです!。ガスが晴れてのすがすがしい風景きれいで、たけぱぱさんもH隊員さんも絵になっています!よ。硫黄の匂いと白濁した湯につかられ露天でのこうけい(笑)も目に浮かんできます。写真とレポート読ませて頂き楽しかったです。

投稿: はっしー | 2007年5月10日 (木) 19時07分

お久しぶりです。
このところ、引越し、仕事も趣味も忙しくてゆっくりできるのが週末だけとなっております。
その週末もHPの原稿などを書いていると他のことがなかなかできません。
たけぱぱさんの「山旅」は楽しみにしております。
今度ゆっくり来ますねぇ。

ではまた。

投稿: かんしゃく玉 | 2007年5月10日 (木) 22時20分

ついにアップしたね!!
どうもお疲れでした。

今度から、写真修正できない?
とてもアップに耐えられないよ~

投稿: H隊員 | 2007年5月10日 (木) 23時05分

GW前のドタバタ劇(?)の一部始終よく分かりましたよ!
(^○^)
山の計画って難しいですよね。特に自然が相手ですから、いろいろと不可抗力が働くこともありますし~

でもお二人で、岩手山・八幡平(+温泉)と楽しめて本当によかったですね。

投稿: ここあパパ | 2007年5月10日 (木) 23時24分

たけぱぱさんはじめまして~(。-_-。)
雪山についてのアドバイスありがとうございます。
びしゃびしゃは歩きにくいのですね メモメモ・・・
来週はどこか雪のあるとこ行ってみようと思います。
それにしても露天風呂にびっくり!
タオル巻いてても度胸あるな~と思うのに。
今度私もやってみよう(ウソ)

投稿: ゆきぽん | 2007年5月11日 (金) 01時10分

たけぱぱさんらしい 色気のあるお話でしたね!
混浴。。しかも若い人ばかり。。
まぁ〜 素晴らしいご褒美でしたね!
様子が想像できちゃうのは たけぱぱさんだからですね〜
H隊員は モジモジしてそう。。。ガンバ!

投稿: wish。 | 2007年5月11日 (金) 07時42分

こんちは。
やまレポよりも下山後の混浴温泉レポに興味深々のじゅんです。なんせ混浴未経験なんで・・・
東北ってなぜか混浴温泉多いですよね。
昔(江戸時代)はどこの温泉も銭湯も混浴だったはずですが、いつから別になったのか?
またなぜ東北には混浴が残っているのか?
不思議ですね~。

投稿: じゅん | 2007年5月12日 (土) 16時34分

たっきーちゃん、
ブログ応援ありがとねー。
笑顔コンテストどこでやってるんですか?
岡山ですか?
賞品はままかりですか?きび団子ですか?
八幡平というだけあって頂上は割と平ら。花の時期になるとお手軽なハイキングコースになりますよー。
大人のもっこりパラダイスだったりして。
白山は6月に狙います。
H隊員、よろしく哀愁!

投稿: たけぱぱ | 2007年5月14日 (月) 19時53分

野の花さん、
テント居酒屋、お疲れさまでした。
またオフ会企画しますから、よろしくお願いします。
藤七温泉、想い出の場所なんですね。
野の花さんとパパさんは今でも仲がいいんですよね。ラブラブとはまさに野の花夫妻のことを言うんですよね。

ぱぱさんにもよろしくお伝えくださいね。

投稿: たけぱぱ | 2007年5月14日 (月) 20時06分

うしさん、
白山は6月に三度目の正直で行く予定です。昨年の7月にも道路がダメであきらめたのです。
28年前は真夏に登りました。懐かしいというよりは、やはり無事に帰ってきたのがうれしいです。

「“すっげえ!”は、たけぱぱさんの本能がまる見えになってます。」
おねーさんもまる見えでした。ラッキー!

投稿: たけぱぱ | 2007年5月14日 (月) 20時14分

えっちゃん、
馬力があるのではなくて、雪のおかげで近道が出来るからですよ。
天候や雪の状態によっては雪もありがたいですよね。

多摩川テント居酒屋お疲れさまでした。
えっちゃんとあずまさんがコマメに動くのでみんな感心していました。
何から何まで用意してくださって、本当に助かりました。
今度は宇都宮の「もつ2」に連れていってくださいね。やっぱ山かな?!?

投稿: たけぱぱ | 2007年5月14日 (月) 20時22分

fukumimiさん、
少年のような笑顔だなんて、ポッ!
顔が赤くなるじゃありませんか。
雪の量も固さもほどよく、歩きやすい道でしたよ。
藤七はおまけみたいなもんですが、目の保養にはもってこいですね。

投稿: たけぱぱ | 2007年5月15日 (火) 07時36分

山ちゃん、
山ちゃんも東北でしたか。
少しずつ山ちゃんブログも見てますが、相変わらずマニアックな山行を続けられているようですね。
今度東北へ行かれるときには、是非とも藤七温泉をゆっくり堪能してください。

投稿: たけぱぱ | 2007年5月15日 (火) 07時43分

moeさん、
天候さえよければ雪の八幡平はノンビリ歩けて気持ちいいですね。
藤七も近いしね。
M&Mチームは九州だったんですね。
あとでM&Mブログ見に行きますね。

投稿: たけぱぱ | 2007年5月15日 (火) 13時42分

くろちゃん、
温泉のハシゴ、いいですね。
私も温泉大好きです。
もちろん、混浴でなくても・・・
残雪の八幡平、なかなかよかったっす。
藤七もなかなかよかったっす。

投稿: たけぱぱ | 2007年5月16日 (水) 16時39分

はっしーさん、
雪の壁は我々もびっくり栗饅頭でした。
藤七温泉はまさしく秘湯と言っていいんじゃないでしょうか。硫黄のにおい、白濁した湯、開け放たれた露天、混浴。近くに行かれたら是非お立ち寄りください。

投稿: たけぱぱ | 2007年5月17日 (木) 07時38分

かんしゃく玉さん、
お久しぶりです。
ずいぶん、おいそがしそうですね。
札幌もようやく春らしい気候になってきたのでは?
またゆっくり見に来てくださいね。


投稿: たけぱぱ | 2007年5月17日 (木) 07時47分

H隊員へ、
おいちゃんの写真思った通り評判いいよ。
さすが色男だねえ!
ま、それだけに怪しいおねーさんにつきまとわれでもしたら可愛い奥様に申し訳ないので、配慮したいと思います。

投稿: たけぱぱ | 2007年5月17日 (木) 08時33分

ここあパパさん、
拙ブログ見に来ていただき、ありがとうございます。
ここあパパさんがえいじさんにアドバイスしてくださらなければ、えいじさんの計画がどうなっていたか・・・
それを考えるとここあパパさんにはホントに感謝です。
白山・荒島は先送りになりましたが、残雪の東北の山歩きは想い出に残る山行となりました。
藤七もよかったですしね!

投稿: たけぱぱ | 2007年5月17日 (木) 08時40分

ゆきぽんさん、
初コメありがとうございます。
冬山の経験はほとんどありませんが、春山はけっこう歩いてますし、北国出身ですし、雪の状態を見ることには慣れてるつもりです。
ゆきぽんさんも混浴に是非、すっぽんぽんで!

投稿: たけぱぱ | 2007年5月17日 (木) 09時01分

wish。さん、
山の話にコメントはないんですね。
でも自分が面白おかしく書いたからいけないんですよね。反省、反省(多分ウソ)。
H隊員の性格をよく見抜いてますね。
私は突撃してきましたが、H隊員はモジモジ君でしたよ。

投稿: たけぱぱ | 2007年5月17日 (木) 13時29分

じゅんさん、
じ、じ、じゅんさんまで山より温泉にコメントしてる!
確かに藤七は強烈でした。
じゅんさん、江戸時代や東北の温泉について混浴でゆっくりと語り合いましょう!

投稿: たけぱぱ | 2007年5月18日 (金) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/6362713

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡平へ、本編。:

« 岩手山速報Ⅱ | トップページ | 岩手山へ、本編。 »