« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007年6月29日 (金)

乗鞍岳(本編)

2007年6月16日(土)、荒島岳から下りてきたH隊員と私はテントをたたみ、乗鞍岳へ向かう。(荒島編はコチラ>>

荒島岳の登山口である勝原はJR西日本の越美北線の駅がある。

災害で鉄橋が壊れ、しばらく代行バスの区間があったのだがこの6月30日には全通する。まずはめでたい。昨年荒島に登った時にはその代行バスにも乗っている。

そんな越美北線であるが、ここから長いトンネルをくぐって次の駅「越前下山」に抜けている。

H隊員号はそんなことにはお構いなしに国道158号を油坂峠方面に走っていく。

快晴の中、窓も全開。

H隊員「どこかでジュースでも買っていくか?」

私「そうすんべえ」

私は最近発売になったばかりの「ZERO」が気になっているのである。

しばらく山の中で自販機もない。

やがて「○km先、道の駅九頭竜」という標識が。

H「よーし、そこに寄って行こう」

私「OK牧場!」

そして着いたところは!!!

越美北線の終点、九頭竜湖駅。

九頭竜湖駅が「道の駅」も兼ねているのだ。

私「こりゃスゴイ!写真撮ってくれ、H隊員!」Dscf1165

←九頭竜湖駅。レールが行き止まりであるのに注目してほしい。行き止まりレールをさすってきた。Dscf1166

Image_201 山男からテツに変身。

越美南線の終点「北濃」とここ九頭竜湖駅がレールで結ばれるハズだったのである。

越美南線は現在、3セク「長良川鉄道」になっている。

テツ話はこれくらいにして、「ZERO」が売ってない。道の駅に売ってない。

あきらめてH隊員号を発進させようとした瞬間、道路の反対側の自販機にあった!Image_202 Image_203

山のレポなのになかなか先に進まない。ス、スマン・・・

福井県から岐阜県に入る。東海北陸自動車道に入る。

白鳥I.C.通過。かつて越美南線「美濃白鳥」と「九頭竜湖駅」は国鉄バスで結ばれ・・・ス、スマン・・・

高山の街中を通る。時間があれば観光していきたいところだ。

山が見える。笠ヶ岳・槍・穂、そして乗鞍・・・

H「待ってろよー、乗鞍!」

私「言われなくても待ってるって」

しかし、こころの叫びは私とて同じです。(待ってろよー。今行くからなー)

13時少し過ぎ、「朴の木平」の駐車場に到着。

身支度をして13:30のバスに乗ります。

乗鞍スカイラインを登っていくバスから笠・槍・穂・焼の展望が!

眠っている場合ではなく、「しばし見とれる」とはこのことでしょう。

40分ほどで畳平着。

靴のヒモを締め直して14:11歩行開始。Dscf1167

Dscf1168

←肩の小屋まではこんな道です。Dscf1170

←槍・穂高の大展望

調子に乗ってゴイゴイ歩いていたら(というか景色に見とれすぎた)、コロナ観測所の方へ行ってしまい、約10分のロス。H隊員、ごめんなさい。

肩の小屋15:00通過。帰りのバスは17時畳平発である。少し急がねば。

Dscf1171

←ここからの登りがキツかった。雪もたっぷり。すべっても死ぬことはないだろうが時間が押している。もうロスしたくない。必死に一歩ずつ登っていく。Dscf1172

←雪の斜面が切れると頂上はもうすぐだ。

15:30、乗鞍岳頂上に到着。三角点にタッチしてH隊員と固い握手。

Dscf1173 Dscf1174 Dscf1175 Dscf1176 Dscf1177_1

標高3026m。H隊員55座目、私19年ぶり2度目の乗鞍岳です。Dscf1178

←頂上からの展望。少し雲が出てきた。左の雲のあたりが笠。右の雲のあたりが槍・穂。真ん中の茶色い焼岳はよく見えている。

名残惜しいが、バスの時間が気になる。

頂上滞在5分。15:35、頂上をあとにする。Dscf1179

←頂上直下のH隊員。Dscf1180

←頂上を振り返る。また来るぞー。Dscf1181

←雪の斜面を下りていくH隊員。

肩の小屋に16時着。登山指導員の方だろうか、「最終バスは17時ですよ。お二人のあとから降りてこられる方はいますか?」と声がかかる。

今日の最終登頂者は我々である。

私「我々が最後です」

指「ありがとうございます」

Dscf1182

←何度も頂上を振り返る。Dscf1183

←南アルプス方面。こちらはほとんど雲がない。Dscf1184

←畳平。もうほとんど人がいない。

ギリギリで最終バスの一本前、16:30のバスに乗れた。

Dscf1185

←バスの中からもしばらくは大展望が。

朴の木平にバスが戻り、H隊員号で安房トンネルを抜け、松本到着が19時頃。松本でH隊員と別れる。

H隊員、運転お疲れさん。気をつけて佐野まで帰ってね。

私は20:02ちょうどの「スーパーあずさ36号」で八王子まで。珍しくビールは飲まない。

八高線で拝島、青梅線で青梅着が23時少し前でした。

明日は父の日。少しは「お父さん」をやらないとね。

私の部屋に家族からのプレゼントが置いてありました。

クリックしてくださると「特急田中3号」も喜びます!→人気blogランキングへ

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

那須岳(三本槍)

2007年6月27日(水)、那須岳に行ってきました。

メンバーは私ひとり。

5月にも茶臼には登ったのですが、強風のため朝日~三本槍は泣く泣くあきらめました。

その代り、北温泉や「正嗣」に行けてそれはそれで楽しかったんすけど・・・くわしくはコチラ

「今度こそ三本槍まで行くぞ、おぉ!」

という意気込みで出かけました。

3時半起床。目覚ましがなる前に起きてしまう。喜んでいいのか・・・

4:15、家を出る。もうかなり明るいんですね。

駅前のコンビニでおにぎりと飲み物を仕入れる。

4:35青梅発の初電に乗る。おにぎり一個モシャモシャと食う。

拝島で川越行きに乗り換える。眠い。Tシャツ短パンのいでたちには冷房が涼しく感じるので雨具の上だけ羽織って目をつぶる。よく眠れる。

川越で埼京線に乗り換え、大宮へ。乗り継ぎまでに時間があったので立ち食いソバを食う。

6:35大宮発の宇都宮行きに乗る。宇都宮で黒磯行きに乗り換え。

8:56、黒磯着。黒磯で乗り換えることはよくあっても、駅を出ることはまずない。19年前に茶臼に登った時以来ではないだろうか。

9:20、黒磯駅前発のバスに乗る。雨がポツリ。

(雨具は間違いなく持ってきた。OK、OK。でもザックカバーを入れた覚えがない!どこかで買わないとヤバイかなー・・・)

10:15ロープウェイの駅に着く。雨はやんでいる。

片道650円ナリを払ってロープウェイに乗る。係員のお姉さんが、

「天候不安定です。登山の方はお気をつけて」

とか、

「雷も近づいています。充分、ご注意ください」

とか言っている。

(雨はともかく、雷が来たらまた敗退だぜー)

ロープウェイはたったの4分で標高1687mの山頂駅に着く。ガスっていて何も見えない。Dscf1212

10:30、歩行開始。普通の革靴のおじさんも登る茶臼岳。Dscf1213 

←山頂駅方向を振り返る。

10:55、茶臼岳山頂。1915m。先月に続き3度目の登頂である。Dscf1215

2分くらいで頂上をあとにする。Dscf1216

←朝日岳が見えてくる。左下に峰の茶屋の避難小屋も。

Dscf1218 峰の茶屋が近づいてくる。Dscf1219

←峰の茶屋付近から見上げた茶臼岳

11:24、峰の茶屋着。Dscf1220

先月来た時と違ってウソのように風がない。

おにぎりを一個ほおばって先へ進む。

花が現れる。Dscf1221 Dscf1222

ウラジロヨウラク、アカモノ

Dscf1223

←前回、この岩の下あたりで撤退。Dscf1224

←「撤退」岩と剣が峰Dscf1228

11:57、朝日の肩着

12:03、朝日岳山頂。やたら虫が多かった。Dscf1229 Dscf1230 頂上でセミも鳴いていた。

Dscf1232

←今日はこんな天気です。これから歩いていく道。Dscf1233 このあたりはガスっているせいもあって北海道の山のような雰囲気を持っている。

Dscf1234

←清水平が見えてくる。Dscf1235

足元にはイワカガミのピンクが。

Dscf1238

←清水平の木道と三本槍

Dscf1239

12:36、清水平。Dscf1240

12:44、北温泉分岐。

そして、

13:06、三本槍岳到着。1917m。Dscf1241

Dscf1242

やっとスッキリしました。

というのも、深田久弥の「日本百名山」では茶臼岳が「最高峰」となっており、私も19年前に茶臼に登って53座目とカウントしていたのですが、地図を見ると茶臼1915mに対し三本槍1917m。

白山で97座でしたが、96.9座みたいなスッキリしないモヤッと感をずっと持っていたのです。

7月に鳥海・塩見、8月19日に平ヶ岳で百名山完登の予定。華を添えたというか、ケチをつけたくないというか、とにかく自分自身の心がスッキリしました。

ゆっくりしていると、6人の年配パーティ・2人の女性パーティが登ってきました。6人パーティにシャッター押しを頼まれました。プチトマト2個もらいました。

頂上付近は福島県西郷村との境になっているようです。

13:30、山頂をあとにします。13:47、北温泉分岐。

ここから北温泉に下りていきます。

花の写真をとったりしながら。Dscf1244

←ミツバオウレンDscf1246

←白いイワカガミが咲いていました。Dscf1247

道は整備され、道標も新しく立派です。

が、誰もいません。すれ違う人はもちろん先を行く人もあとから来る人もいない様子。

山友のあずまいちげさんによれば、

「平日この道は誰も歩いてないから熊スズ鳴らすか、歌でも唄わないと熊出るよ」

と言われてましたので、歌を唄います。

スピッツ、コブクロ、演歌、校歌、または「ウリャー」「どっこい庄一」とかわめきながら。Dscf1248

←こんな感じの尾根道です。Dscf1249

←ゴゼンタチバナDscf1250

←よく整備された道Dscf1251

←ナナカマドDscf1252

←ツマトリソウ

Dscf1254

←北温泉までもうすぐです。真ん中の木にかくれて見えませんが「熊に注意!」と書いてありました。Dscf1255

ここまでくると、露天風呂に入っているおじさんのハダカが見えます。Dscf1256

15:10、北温泉に到着。

前回入っているので今回温泉はパス。

Dscf1257

←駐車場にある案内図。

25分くらい歩いて「北湯入口」のバス停。黒磯行きしか調べて来なかったのですが、15:43発の那須塩原行きがすぐにやってきました。

爆睡して那須塩原に55分くらいで到着。各駅停車を乗り継いで帰ったわけですが、武蔵浦和で「うず潮」に寄ってしまいました。

クリックしてくださると横井庄一も喜びます!→人気blogランキングへ

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

荒島岳(本編)

2007年6月16日(土)、勝原スキー場の駐車場にて目覚める。

4:30頃、テントから顔を出す。すでに明るい。私はテントで、H隊員はH隊員号で寝た。

寝る時には我々だけだった駐車場だが、起きてみると他に2台。前日あまり睡眠をとっていないのでグッスリ寝た。他の車がいつ来たのか全くわからない。

お湯を沸かす。H隊員はおにぎり、カップ味噌汁。私はカップ麺。

インスタントだが、コーヒーを淹れる。旅先では朝飲むコーヒーがなぜかウマイなー。

天気はこれ以上ないくらいよさそうである。

風もないので、テントはそのままにして、支度をして出発だ。

5:01、出発。Dscf1137 Dscf1138

まだ日の出前である。Dscf1139

最初はスキー場のゲレンデを登っていく。木のチップが敷いてある。

ひたすら登りである。汗が噴き出す。

Dscf1140 Dscf1141 Dscf1142 5:39、リフトの終点で小休止。越前大野の街並が見える。お茶がウマイ。

Dscf1143

Dscf1144

←樹林帯の中を登る。いろんな鳥の声がきこえる。

スキー場さえなければ「自然が残る山」としてもっと注目されていい山だと思う。Dscf1145

快調に登るH隊員。昨日の白山は眠そうだったが、今日はサッパリした顔をしている。カメラ写りを気にして昨日の「白山・眺望の湯」でヒゲを剃っていた。

Dscf1146

6:17、白山が見える。昨日あれに登ったんだなー。Dscf1147

←「山」の字が白山の方向を指している。

階段が現れる。キツイ登りだ。キツツキの打撃音に耳を澄ます。

ブナの木といい、キツツキといい、自然が本当に残っている証拠なんだが・・・

樹林帯が切れると「シャクナゲ平」だ。1204m。Dscf1148

この時期は虫よけを持って行ったほうがいいです。

ここから少し下って鞍部に出る。Dscf1149

←イワカガミのピンクが踏まれそうなところに。

クサリがかけてある急登をよじる。

Dscf1150 Dscf1151

←振り返ると白山が。

やがて、白山の右手方向に槍・穂・乗鞍・御嶽。その右手は南アだ。

これだから山登りはやめられない。

ササ原になって7:50、荒島岳1523m頂上に到着です。

三角点にタッチ。固い握手。

「H隊員、54座おめでとう!」

ちなみに私は昨年の6月以来の2度目の登頂です。

頂上は我々二人で独占かと思いましたが、30代くらいと思われる男性二人が登ってきました。

その片方の人に「お疲れのところすみませんが、シャッター押していただけますか?」

と頼む。

私「でも疲れてないですね」

男「はい、疲れてません」

私「シャッターはここで・・・#$#$#」

ほとんどきかずに、

男「わかります。大丈夫です。フラッシュたきますね。山は入れますか?」

私「はい、お願いします」

ガイドさんの下見なのではないだろうか。または職業カメラマンか。

Dscf1152_2

←最高に上手だと思います。

Dscf1153 Dscf1154

Dscf1155 Dscf1156 Dscf1157 Dscf1158

                       

頂上でおにぎり食べていたら、H隊員が、

「そろそろ下りるか?」

え”-っ、まだ5分くらいしかいないぞ。

私「おにぎり食わせてくれ!」

どうやらこのあと乗鞍に本気で行くつもりです。

8:09、山頂をあとにします。

乗鞍が控えているので下りは速いです。Dscf1159_2 

Dscf1160 Dscf1161 Dscf1162 Dscf1163

←お花の名前は調査中です。毎度すみません。

40人の団体さんにすれ違いました。

「40人通りますから、適当に通ってください」

リーダーは何をやってるんだ!と、言いたいところですが、こらえて、

「わかりました」と言って40人の間をすり抜けます。

全部で100人くらいとすれちがったでしょうか。

やはり、団体のマナーの悪さが際立ちます。

8:42、シャクナゲ平。小休止。

9:34、リフト終点。小休止。

この2回腰を下ろしただけで、10時ちょうど、駐車場に到着です。Dscf1164

←我がテントとH隊員号(左のワゴン)

朝3台しか車がなかった駐車場は大型バスも停まっており、なかなか盛況になっていました。

トイレは清掃中でした。なかなか荒島岳いいですねー。こういう面もね。大事なことですね。

乗鞍編に続く・・・

クリックしてくださるとこれほどの喜びはあらしまへん!→人気blogランキングへ

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

大岳山。やる気モード。

大岳山は近くにあるものですから、ついつい、

「あー、今日も早起きできなかったなー。じゃあ大岳山にでも行ってくっかー」

てな調子で行く事が多いもので、

「これではいかん。大岳山に申し訳ない。由緒正しい二百名山でもあらせられるのに!」

2007年6月23日(土)、そんな仕打ちをしている大岳山に恩返しをすべく、朝5時起床。6時朝食。「やる気モード」で家を7時に出ました。雨上がりで空気が清々しいです。

青梅駅前のコンビニで飲み物とおにぎりを仕入れ、7:19発の奥多摩行き電車に乗ります。

御岳駅で電車を降り、7:32歩行開始。今日の登りはバスもケーブルも使いません。

8:02、ケーブル滝本駅着。腰を下ろし汗をぬぐってすぐ歩きます。ここからは地元の人たちだけが乗り入れられる道です。

「走る」とまではなかなか行きませんが、足元はトレイルシューズです。

舗装の道を早足で歩いていきます。歩く人はほとんどいません。

Dscf1186

←8:28、ケーブルの下をくぐります。

Dscf1187 Dscf1188 8:42、ケーブル駅から御岳神社への道と合流します。一般の観光客の方がぞろぞろと歩いています。

山の上に集落があり、宿坊がたくさんあります。

Dscf1191

←「御岳YH」もそんな宿坊のひとつです。

Dscf1194

←8:52、御岳神社への階段から左にそれて大岳山に向かいます。Dscf1193

ツツジがきれいでした。

9:10、東屋に着きます。小休止。

このあたりから山道らしくなり、道に白い花がたくさん落ちています。Dscf1195 Dscf1196

何の花でしょう?

Dscf1197

9:26、芥場峠。平らなところは少し走ります。

9:48、大岳山荘。ここのテラスからは晴れていれば富士山が見えます。

Dscf1198

←でも今日はこんな感じです。

Dscf1199

←馬頭刈尾根が近くに見えています。

ここから一登り。10:07、大岳山山頂1266mに到着です。

Dscf1200

←雲がなければこの方向に富士山が見えるハズ。

頂上には先に来ていたご夫婦が一組だけ。静かな山頂でおにぎりを二個食べて、10:25、大岳山頂をあとにします。

続々と登ってきます。今日はほぼ快晴。

下りは走ります。そのためのトレイルシューズのようなことになっています。私の場合は。

登りの方のために道をあけるのがいい休憩になります。

11:14、御岳神社への参道の階段に到着しました。

11:25、御嶽山ケーブル駅到着。山歩きは終わりです。

短い時間ですが、今の自分で一番早く歩けるだろうと思うスピードで歩きました。

「やる気モード」終了です。

Dscf1202 ←ケーブルを待っている間、これが気になりました。

Dscf1203 ケーブルで下れば、登り40分かかったところはたったの6分でした。

バスの接続がなく、滝本から御岳駅は歩きました。

御岳から電車で青梅駅は十数分。

Dscf1204

←青梅の我が家につく寸前、大岳山は我等に今日も元気を与えてくれるのでした。

クリックしてくださると「イノシシカレー」も喜びます!→人気blogランキングへ

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

白山登頂。97座目(本編)!

2006年7月、大雨で道路不通のため断念。

2007年5月、やはり道路不通のため断念、と計画してはダメになっている白山に、三回目のチャレンジのレポートです。

2007年6月16日(土)~18日(月)の3日間で白山と荒島岳に行こう、とH隊員を誘ったのですが私の方で急遽会議が入り18日(月)がダメになりました。

私「ゴメン。月曜がダメになった。金曜は休めるんだけど・・・荒島は一人で行ってもらうかもね・・・」

H隊員「金曜から月曜まで休み取ったんだよ。よし、じゃあ木曜の夜から行こう!」

という展開で14日(木)の22:23、八高線の群馬藤岡駅で待ち合わせることにしました。

平年より6日遅い梅雨入りとなったこの日、八高線の窓の外は降りやまない雨です。

天気予報も土曜日は雨、日曜は曇り(金沢)。

群馬藤岡駅で待ってくれていたH隊員も、

「梅雨入りだからしゃーないなー。ゆっくり登ろう」

というスタートとなりました.。

降ったり止んだりの中をH隊員号は上信越道を長野方面へ向かいます。

夜中0時頃、長野市域に入った松代P.A.で1回目の休憩。

G.W.の東北自動車道と違ってガラガラですなー。

日付が変わり、2007年6月15日(金)。

北陸自動車道に入って越中境P.A.で2回目の休憩。1:00頃。

2時頃「有磯海S.A.」で給油。アリソウミと読む。万葉集の歌枕である。このあたりは「埋没林」「ホタルイカ」「蜃気楼」などの名所でもありますな。車で通ったのは初めてである。

2:50頃、「高岡P.A..」に到着。そろそろ眠い。テントも張れそうだが雨も降っており、車中泊の準備をして3:00頃就寝。

5:55、起床。

H隊員は「6時少し過ぎに起こしてくれ」と言って寝たが、ほぼ同じ時刻に起きてきた。

雨は止んでいる。曇り。まぁ、降らなきゃいいや。このときは北陸はまだ梅雨入りしてなかったようですが・・・

顔を洗ってすぐ出発。6:08。

金沢市内に入って電波が通じるとメールが入る。

「あいにくの天気のようで・・・」という内容がほとんど。

曇り。しかし、雲は厚くない。やや期待。

金沢西I.C.から一般道に入る。

7:58、別当出合の駐車場到着。最初、工事用の車と一緒に上の駐車場まで行ってしまったが、工事に携わっていると思われるちょっと唇の厚いオバサンが親切に「一般の人は下に停めてね。すいませんね」と教えてくれた。

さて、小雨。合羽の上下を着る。スパッツをつける。

8:25出発だ。 Dscf1101_1

8:37、別当出合登山口。ここがさきほど間違って工事用の車と一緒に来てしまったところだ。砂防ダム工事の人たちがたくさん働いている。

その中を通り、登山道に進む。Dscf1102

フードをかぶるほどではない。

すぐに吊り橋を渡る。Dscf1103

対岸が見えない。聞こえるのは砂防工事の音と砂防ダムを流れ落ちる水の音だけ。Dscf1104

←最初はこんな道。花はあまり咲いてない。

Dscf1105

←中飯場、9:10。

Dscf1106

←別当覗、9:45。

このあと、青空がのぞきだす。10:10頃、小雨も止み、合羽の上を脱ぐ。

Dscf1107

Dscf1108 10:25甚之助避難小屋着。1970m。休憩。

Dscf1109

←10:48、南竜ヶ馬場分岐。Dscf1110

甚之助避難小屋が見える。 Dscf1111

コバイケイソウ。咲いてないけど。

Dscf1112_1 Dscf1113

このあたりからは雪がたっぷり残っているところも。トラバースはゆっくりステップを切って。

Dscf1114 Dscf1115

花で目をなごませ、水でのどを潤す。

Dscf1116

←11:43、黒ボコ岩。2320m。

ここからの「弥陀ヶ原」は写真がないが、雪が融ければすごいお花畑だろうが今は雪原である。

Dscf1117

室堂に12:12着。腹ごしらえ。不要の荷物はここに置かせてもらって12:29頂上アタックに出発。

Dscf1118

←室堂の白山神社。この右脇をすり抜けて頂上へ向かう。Dscf1120

頂上へ向かう道から室堂平を見下ろす。雲の上に出た感じがわかってもらえると思う。

Dscf1120_1

雨男パワーはいずこへ・・・

Dscf1121

←12:50高天ヶ原。風が強い。H隊員、このあと飛ばされた帽子を拾いに行く。

雲の上に北アの山並が顔を出す。剱岳も一瞬姿を見せる。

岩が敷き詰めてある道を登り、13:06、白山の最高峰「御前峰」に立つ。2702m。

三角点にタッチ。H隊員と硬い握手。

「97座、53座、おめでとう!」Dscf1123 Dscf1124_1

風が強く、写真を撮って下りるしかないかな。Dscf1125 Dscf1126

13:13、頂上をあとにする。

Dscf1127

←御前峰頂上。また来るぜ。花の時期にでもね。

Dscf1128 ←先にどんどん下りていくH隊員。

室堂で荷物を拾い、息を整え、下山する。13:55。

下りのほうが雪渓のトラバースは慎重に。三箇所ほど緊張を要する場所があった。

14:51、甚之助避難小屋。冷たい水がうまい。

Dscf1129 Dscf1130 Dscf1131 Dscf1132 Dscf1133

左からショウジョウバカマ。○○ツツジ。サンカヨウ。エンレイソウ。ニリンソウ。

Dscf1134

不動滝。砂防工事が痛々しい。Dscf1135

←吊り橋はこんな感じだったのね。

16:19、別当出合。朝の唇おばちゃんから「お帰りなさい!」の声がかかる。

室堂の小屋番さんと工事関係者以外には誰にも会わなかった。いくら平日とは言え、名峰・白山で登山者がいない日ってあるんだろうか。

16:26、駐車場着。ほぼ8時間の行動。眠かったー。頭がぼーっとしている。

H隊員「風呂に入りたいな。スッキリして目を覚ましたい」

私「異議ナシ。寄っていこうぜ」

というわけで「白山・展望の湯」に立ち寄り。650円。露天から白山が見える。Image_200

約60kmの移動で荒島岳の麓「勝原スキー場」に到着。

トイレ脇にH隊員号を停め、テントを張り、テント前でカップ麺の夕食。ビールで乾杯!

こんな空を見ながら。Dscf1136

あらしまへんに続く。

クリックしてくださると「この大空」も翼を広げて喜びます!→人気blogランキングへ

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

乗鞍岳(速報)

2007年6月16日(土)、荒島岳から下りて平湯方面に向かい、「朴の木平」からバスで畳平。そこから1時間20分の歩きで乗鞍岳の頂上に立ちました。

H隊員55座、私20年ぶり2度目の登頂です。Dscf1177

クリックしてくださると「日に焼けないH隊員」も喜びます!→人気blogランキングへ

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

荒島岳(速報)

2007年6月16日(土)、7:50、荒島岳に登頂。

H隊員54座目。たけぱぱは昨年に続き2度目の登頂です。

Dscf1152

クリックしてくださるとこれ以上うれしいことはあらしまへん!→人気blogランキングへ

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

白山登頂。97座目(速報)!

2007年6月15日(金)、13:06、白山の頂上に立ちました。

97座目です。

Dscf1124

クリックしてくださると「白山大魔王」も喜びます!→人気blogランキングへ

| | コメント (49) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

チーム・マイナス7~8% 報告書

Team_78

ブログのこの場を借りて、毎日の体重測定の報告の場所としたいと思います。

朝、起きたらすぐ量ることにします。

6/10(日) 54.9kg ここからマイナス3kgが目標です。

6/11(月) 55.4kg +0.5kg

6/12(火) 55.2kg +0.3kg

6/13(水) 55.4kg +0.5kg

6/14(木) 54.8kg -0.1kg

6/15(金) 54.5kg -0.4kg (17時頃)

6/16(土) 54.6kg -0.3kg (23時頃)

6/17(日) 54.5kg -0.4kg 

6/18(月) 55.1kg +0.2kg

6/19(火) 55.6kg +0.7kg 増えとるがなー!

6/20(水) 55.2kg +0.3kg

6/21(木) 54.8kg -0.1kg

6/22(金) 54.8kg -0.1kg

6/23(土) 54.2kg -0.7kg

6/24(日) 54.4kg -0.5kg

6/25(月) 54.8kg -0.1kg

6/26(火) 54.4kg -0.5kg

6/27(水) 54.8kg -0.1kg

6/28(木) 54.6kg -0.3kg

6/29(金) 54.8kg -0.1kg  (6/30鳥海山登頂、未測定)

7/1(日)  54.8kg -0.1kg

7/2(月)  54.4kg -0.5kg

7/3(火)  54.6kg -0.3kg

7/4(水)  54.9kg -0.0kg ・・・

7/5(木)  55.2kg +0.3kg !!!

7/6(金)  54.8kg -0.1kg (中間計測日やったのに!)

7/7(土)  54.4kg -0.5kg

7/8(日)  54.7kg -0.2kg

7/9(月)  54.4kg -0.5kg

7/10(火) 55.2kg +0.3kg

7/11(水) 54.4kg -0.5kg

7/12(木) 54.3kg -0.6kg

7/13(金) 54.8kg -0.1kg

7/14(土) 54.2kg -0.7kg

7/15(日) 54.3kg -0.6kg

7/16(月) 54.3kg -0.6kg

7/17(火) 54.9kg -0.0kg

7/18(水) 55.2kg +0.3kg

7/19(木) 55.3kg +0.4kg

7/20(金) 55.0kg +0.1kg

7/21(土) 54.8kg -0.1kg

7/22(日) 53.8kg -1.1kg

7/23(月) 54.8kg -0.1kg

7/24(火) 55.1kg +0.2kg あと一週間!

7/25(水) 55.0kg +0.1kg

7/25(水) 54.4kg -0.5kg 参考記録:つるつる温泉湯上りに計測

7/27(金) 54.7kg -0.2kg 塩見で減らせるか・・・

7/27(金) 53.9kg -1.0kg 参考記録:雷電山下山後に計測

7/30(月) 55.1kg +0.2kg 全く減らなかった・・・

7/31(火) 55.3kg +0.4kg

←クリックしていただけると(きっと)隊長も喜びます☆彡

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

大岳山よ!

2007年6月10日(日)、朝から雨です。

床屋に行こうなんて気もあったのですが、あまりにも降ってるし、雷だって鳴ってるし、今日は大人しく家にいて、たまりにたまったメールチェックだの、ブログのコメント返事書きだのとウダウダしていました。

体重計が来たのでこの一本前の記事書いたりね。

皆さん暖かいコメントありがとねー。

昼寝してたら次男旅人が、

「キャッチボール誰かやってくれない?」

なんて言ってます。私しかやる相手いないのに。

私「やるんだったら支度してすぐ行くぞ!」

旅「ホント、ほんと?」「じゃあもうちょっとしたら行こう!」

私「行くならすぐ。今行かないなら行かない!」

毎回この調子なのですが、グローブとボールと水筒とサイフ・カメラだけ持って、近くの「天ヶ瀬グランド」へ。

雨はやんでるようで時々陽もさしたり・・・

グランドはさすがに誰もいません。ところどころに水溜りがありますが、キャッチボールには全く差し支えありません。水はけのいいグランドです。Dscf1097

雨上がりの空気がさわやかです。このグランドからは大岳山がよく見えます。今日は雲がかかったり、晴れて見えたり。

梅雨は歓迎しませんが、こういう雨上がりの水蒸気の多い景色は大好きです。

雲がいろんな表情を見せてくれます。

雨というか水に恵まれた日本に生まれてよかったなーと思います。

山を歩いていて景色が見えなくても、それはそれでとってもいいものだと思います。

Dscf1098

←天ヶ瀬グランドにて。大岳山は真ん中に見えるハズ。この写真を撮ったときは見えません。

1時間半くらいやって青梅駅前のマックで打ち上げです。シェイク100円はありがたいです。Dscf1099

風呂上がりに体重計に乗ったら、

54.9kg

朝とマッタク変わりまへんがなー。

晩飯のあとブログをサーフィンしていたら、

「アメニモマケズ。」などというしげぞうさんブログのタイトルが目に留まり、

(しげちゃん、雨なのにどこに行ったのさ?)

と、クリックしたらあれまー!

大岳山に登ったんですと!今日!

しかもケーブル使わずに奥多摩から登ったんですと!さすが隊長!

今度大岳山に登るときには一声かけてちょうだいね。奥多摩からはキツイからハンディもらってスタートしますから。

←クリックしていただけると(多分)隊長も喜びます☆彡

| | コメント (12) | トラックバック (0)

チーム・マイナス7~8% 初回計測日

6月1日のしげぞうさんのブログをご覧になった方は多いと思いますが、まだの方は是非ご一読を。Team_78

私も参加を表明いたしました。

以下はしげぞう記事の抜粋です。

■実施期間:    6月8日(初期計測)~7月31日(結果計測)
            ※7月1日あたりで途中計測もしたいと思います。
■結果報告会:   8月1日
■ごほうび:     「目標達成したら○○を買う!」みたいなごほうびを
            決めてみんなでワッショイしましょう(*´∀`*)ノ

まず「ごほうび」ですが、私の場合8月19日「平ヶ岳山頂でビール」にさせていただきました。しげちゃん、H隊員、よろしくね!

次に「目標」ですが、マイナス3kgといたしました。

昨年12月26日の異動で完全な「すわり仕事」になってしまい(それまではどちらかというと立ち仕事)、約3kg太り(というより腹がポッコリ)ました。その分、7月31日までに元の姿に戻したい。

6月8日、しげぞうブログにも「しげちゃん、帰ったら計測しまーす」なんて、お気楽なコメント入れました。

8日、寝る前に体重を量ろうと証人岳人(長男・11歳)を前にして体重計に乗ったのですが・・・

信用出来ん!

14年くらい前に通販で買った体重計ですが、500g単位でしか量れない。

そのときに出た表示が55.5kg。アリエネー。

54kgくらいのはずだけど・・・

岳人「これおかしいよ。こわれてるよ。2kgくらい多く出るよ」

私「そうだろ、そのくらい多いよな」

てなわけで翌朝女房にわけを話し、新しい体重計を買うことにしました。女房の方が普段はこの辺りのことは気にしているわけで、即OK。

6月10日(日)朝、体重計が届きました。Dscf1096

さっそく岳人に設定してもらい、乗って見ました。

朝飯前でしたが結果は、

54.9kg

私「え”-っ、じゃあ前の体重計こわれてなんかなかったんじゃん!」

まあ、まあ、まあ。    新しいのは100g単位で表示されるし、体脂肪率も表示されるし、何回乗っても同じ表示が出るし(当たり前だけど、古いやつはアヤシかった)。

これから毎朝量ることにします。

クリックしてくださると「体脂肪率16%」も喜びます!→人気blogランキングへ

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

次男旅人とキャッチボール

2007年6月3日(日)、次男旅人が「キャッチボールやりたい」と言い出しました。

前日に地区の行事で「ティーボール」の練習があり、そこで目覚めてしまったようです。

家には低学年用のグローブが一つあるだけなので、福生の西友に大人でも使えそうなグローブを買いにいきました。

昼飯を河辺の「とんでん」でいただきました。生ビールもいただきました。Image004

家に帰り、少し昼寝。

14:30くらいから近くの「天ヶ瀬グランド」でキャッチボール。Dscf1090 Dscf1092 Dscf1093 Dscf1095

1時間半くらいやったところで、私が疲れてきたので終わりにしました。Dscf1089

←二人の間、真ん中が大岳山です。

長男も誘ってマックシェイクで打ち上げです。Image_188  

クリックしてくださると「右投げ左打ちの旅人」も喜びます!→人気blogランキングへ

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

高水三山

2007年6月2日(土)、高水三山に行ってきました。

メンバーは私一人。

前日、新橋で会社の連中と飲んで午前様で帰宅。

目覚めると6時半。またまたグズグズしていると皆起きだしてきた。

朝飯を食って、メールやらブログやらチェックして家を出たのが8:10頃。

いつものコンビニでおにぎりと飲み物を買って8:26青梅発の奥多摩行き電車に乗ります。都心に向かう電車じゃないのがうれしい。

8:43、軍畑の駅から歩き出します。Image_166

足元はトレイルシューズ。ひくひくぴゅーぴゅーなお山はこれが快適。

最初はアスファルトの道を榎峠方向に歩きます。トラックやバイクがビュンビュン通っていきます。

8:50、榎峠への道と分かれて「平溝通り」に入ります。Image_167

ここからはほぼ登山者の世界。道はまだ舗装道路。ゆずの木が目を引きます。Image_168

8:57、登山道入り口。このすぐ上に高源寺というお寺があります。Image_169 ピンクのお花は何でしょう?

9:05、ようやく舗装の道が終わり、山道に入ります。Image_170

長袖のシャツにチノパンという格好で家を出てきましたが、半そで・短パンでもよかったかなー。暑くて汗が出ます。

9:19、軍畑駅から2.4km地点。Image_171

9:30、軍畑から3.5km地点。Image_173  

いろんな人が歩いてます。夫婦連れ、男性単独、女性単独。団体さん。トレイルランナーも。このあたりは4月1日に「高水トレイルラン」をやっていましたっけ。

9:37、常福院。高水山頂上のすぐ下です。ここで5分休憩。Image_175

Image_176 Image_178_1

←常福院の狛犬さんです。

9:45、高水山に到着です。Image_179

日の出山や御岳山が見えます。写真なくてごめんなさい。

少しアップダウンがあり、三山のなかでは一番高い岩茸石山に10:05到着。Image_182

Image_183 ←棒の折山。写真が小さくてごめんなさい。歩けば2時間くらいでしょうか。

5分休憩して黙々と歩く。

10:35、青イ神社のある惣岳山に到着。静かな山頂です。Image_184

Image_185ここで10分休憩、おにぎりを食べます。

あとは下るのみ。

この道を登ってくる人もたくさんいます。

だんだん車や電車の音が近くなってきます。里にいるときは「山に行きたい」。山を歩いていると「里が恋しい」。人間って勝手だなー。でもそれでいいんだなとも思います。

Image_186 11:30、御岳駅近くの登山口に到着です。

休憩含みで2時間47分の歩きでした。

すぐ近くに「玉川屋」があります。少し心が動きましたが、おにぎりも残っているしまたの機会ということで・・・Image_187

Image_189 Image_190

11:49御岳駅発の電車は「四季彩号」でした。Dscf0782

←四季彩号(07.3.10撮影)

クリックしてくださると「秩父多摩甲斐国立公園」も喜びます!→人気blogランキングへ

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »