« 「百名山を振り返る」その13 | トップページ | 「百名山を振り返る」その15 »

2007年9月13日 (木)

「百名山を振り返る」その14

「振り返る」シリーズも終盤戦に入ってまいりました。

屋久島の話あたりからは「なーんだ、その話ならクサるほど聞かされたよ」と、おっしゃる方もいると思いますが、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

99年7月、旅人(次男)が生まれる。女の子だったら「ひなの」と名づけるつもりだった。

山から遠ざかってはいたが、テツ旅と温泉めぐりに凝っており、日の出山越えでつるつる温泉に行ったりはしていた。山靴を履いて。

04年夏、H副隊長から電話が入った。

H副「久々に会いたいね。話がしたいね」

ということで、私の職場の近くまで来てもらって酒を飲んだ。

私「明日も休み?オイラもだよ。山にでも行かない?」

H副「山は行かんが、温泉でも行くか」

ということで健康ランドで痛飲したのであった。そこで「御岳・日の出」に行こうということになったハズである。多分。

翌週、御岳・日の出からつるつる温泉。温泉にて痛飲す。

私「H隊員も誘って山行こうぜ」

H副「わかったけど、オレは何時間も歩けないぜ。麓で待ってて飲み会だけ参加するよ」

後日、メールのやりとりで安達太良行きが決定した。

04年8月7日、新幹線で福島に向かう途中、H隊員からメールが入った。

H隊員「腰をやってしまった。悪いが麓で落ち合おう。飲み会だけ参加する」

皮肉なもので、麓で待つのはH隊員の方になってしまった。

そういうわけでH副隊長と二人で安達太良へ。Photo

岳温泉でH隊員と落ち合い、本宮の知り合いの寿司屋で痛飲(こればっかし)。次回は谷川へ行こうと話が決まった。

ところが9月からH副隊長が大阪に転勤。谷川の話はお流れ。

大阪に行ったり来たりして引継ぎやら引越しの準備で忙しいハズのH副隊長からメールが、

H副「明日、大阪帰りに品川で降りるのが7時頃。新宿あたりで飲まないか?」

新宿でH副隊長と山の打ち合わせや写真渡しなどでよく行っていた焼き鳥屋「番々」へ。H副隊長が見せてくれたのが「るるぶ新版深田久弥の日本百名山 上・下」

私「おー、ものすごくやる気になってんじゃん!」

H副「ぼちぼちとね」

番々マスター「オレは百名山全部登ったよ」

H・私「エ”--ッ、マジですか?」

番「ホントホント。今年はヒマラヤにトレッキングに行ってきたよ」

H・私「ひえーいざん、えんりゃくじ」

これで私は一気に火がついてしまった。副隊長は「麓で待つ」とか言いながら百名山の本を買ってヤル気になっているし、マスターは百登ったって言うし。

そんなんだからかなりそこで飲んだらしい。H副隊長とはそこで別れた、ハズだ。

気がつくと新宿のカプセルホテルだった。

66座目:蔵王山・・・朝風呂に入り、チェックアウト。向かったのは「ドン・キホーテ」。パーカーを買った。埼京線で大宮。新幹線で白石蔵王。バスで蔵王に向かった。相当な二日酔いであったが、楽しい酒だったので気分もさわやかだった。刈田岳はすぐそこだ。お釜を見下ろしながら、熊野岳に向かう。足元はスニーカーだ。山に行くなんて思いもしなかったから。40分ほどで熊野岳。H隊員に登頂メール。あきれていた。H副隊長は携帯でのメールのやりかたはまだ習得していなかった。蔵王ロープウェイで山形方面に下る。04年9月3日。

67座目:吾妻山・・・04年9月14日。もう完全に「百」を意識しています。「つばさ」で米沢、バスで白布温泉。ロープウェイとリフトで北望台。1時間半で西吾妻山頂。展望はなし。でもうれしくて30分くらい山頂にいた。下りは走るように歩いた。スキップしそうだった。040914

68座目:大台ヶ原山・・・「銀河」で大阪に向かった。04年10月20日、朝、大阪駅でH副隊長と落ち合う。近鉄で大和上市。台風23号が接近してきており、大粒の雨が。バスが動いてない。ここであきらめようと思ったらH副隊長がタクシーを指差す。今から思えばH隊員を上回る「百への執念」である。ザーザー降りの中を車は大台ケ原駐車場に向けて走る。車の中でカッパを着る。タクシーを待たせて出発だ。登り40分。頂上で握手。下りは25分。ちゃんとタクシーが待っていてくれてホッとする。往復26000円。運ちゃんもご機嫌だった。運「一人しか乗ってないと風であおられそうでコワイんで、お二人がちゃんと下りてきてくれてホンマにたすかりましたワ」 調子のいい運ちゃんだった。 新大阪駅構内の焼き鳥屋で痛飲。新幹線が完全にストップしており、新大阪駅はゴッタがえしていた。新大阪のH副隊長宅に泊り、翌日の新幹線で戻った。

69座目:宮ノ浦岳・・・04年12月1日登頂。これについては是非コチラを読んでください。 その後「ぽんぽこ登山隊」三人で05年4月17日にも登頂。Sanntyou_mixi

←05年4月17日。

屋久島の興奮さめやらぬ私たけぱぱは、それから何度となくH副隊長と話したくて大阪に行った。正月は京都で湯豆腐を食った。2月には北野天満宮の梅。3月末では桜がまだだった。4月には京都御所。

70座目:大峰山・・・05年5月15日登頂。この年4月に三人で屋久島に行って、両H君とも完全に火がついたようだった。それぞれ単独で山登りを始めだした。そんな合間にH副隊長宅を朝出発して近鉄・バス・タクシーとつないで、行者還トンネルから往復した。H副隊長の予約したタクシーはちゃんと来たが、行きのバスで一緒だった人が帰りに「オレのタクシーは来なかった」と、トボトボ歩いていたので拾ってあげた。3人で4000円のタクシー代のうち、2000円出してくれた。Dscf0657_40

クリックしてくださると、「国分寺→錦糸町→溝口」も喜びます!人気blogランキングへ

|

« 「百名山を振り返る」その13 | トップページ | 「百名山を振り返る」その15 »

コメント

次男さん、旅人(たびびと)と読んでいいのかしら?
いいお名前ですね~~!
このころ、山から遠ざかっていたんですね。
一気にやる気になったたけぱぱさん~!
痛飲が、多いです…(笑)

ほんとに、山の好きな楽しい仲間たちと、
山に登って、温泉に入って、痛飲して、
素敵です~~~!!

投稿: ゆみちゃん | 2007年9月13日 (木) 11時09分

すいません。前に投稿された方『ゆみちゃん』と呼ばせて戴きます。
>痛飲が、多いです…(笑)
この言葉を聞いて、ギクッとしました。思い当たるどころか、自分そのもの・・・何故か山やる人って飲むんですね!汗を一杯掻いて、その汗を流したら、その後はやっぱり、ビ○ルでしょう!って・・・。
すいません。見知らぬ方のコメント、使わさせて貰いました。

投稿: やまとそば | 2007年9月13日 (木) 12時21分

テツ旅と温泉めぐりいいですね~宮脇俊三さんの本を思い出します、私もどちらも好きです。御岳・つるつる温泉たけぱぱさん家から近くてよく行かれるところですよね。 H・たけブヒ「ひえーいざん、えんりゃくじ」…笑! 67座目:吾妻山もう完全に「百」を意識しているときでしたか! いろいろな人たちと出会われていますね(*^^)v

投稿: はっしー | 2007年9月13日 (木) 19時00分

毎日ブログ書きご苦労様です。
確かにオイラが百名山を意識しだしたのは、宮之浦がきっかけだった。ちょっと遅かったけど・・・
そろそろ出番が来る頃かな??

投稿: H隊員 | 2007年9月13日 (木) 21時43分

だんだん長くなってますよね。余計おもしろくなってますが。
百を意識されたのって、割と遅い段階だったんですね。
これを読んでいる限りでは、もっと早い段階かと思ってました。
二人のHさんは百に関係なく屋久島行かれたんですよね。その後意識されたみたいだけど。
やっぱり屋久島の魅力はすごいな。
冬と春に行かれたってことは、次は夏か秋?

投稿: らいず | 2007年9月16日 (日) 23時30分

全然意識していなかった百名山も60座過ぎると少し頑張れば達成出来るかも!と思うんですよね(^o^)

投稿: 雪椿 | 2007年9月30日 (日) 08時15分

ゆみちゃん、
次男は「たびと」と読みます。
結婚や子供が生まれたりで、山から少し遠ざかっていましたね。
でも近くの山に登ったりはしていたんですよ。
それが「番々」での出来事がきっかけで火がついちゃいましたねー。
仲間たちと登って温泉に入って痛飲するのは楽しいですよー。
今度沖縄に痛飲しに行ってもいいですか?

投稿: たけぱぱ | 2007年10月 6日 (土) 14時24分

やまとそばさん、
ゆみちゃんはゆみちゃんと呼んでください。
コメントにコメントして何の問題もないと思いますよ。
山の話で盛り上がり、痛飲するのは楽しいですよね。
通院するようになったら飲みすぎですけど・・・
一度、やまとそばさんに「くじら亭」に連れていってもらわねばなりませんな。

投稿: たけぱぱ | 2007年10月 6日 (土) 21時19分

はっしーブヒ太郎、
ブログ応援ありがとう。
感謝してますよー。
この年(2004年)はいろんな意味で思い出に残る年になりました。
登山の本格的な再開。屋久島。H副隊長の大阪行き。
山登りをやっていてよかったなーと思った年です。
明日(10/8)も雨で山はムリかなー・・・

投稿: たけぱぱ | 2007年10月 7日 (日) 08時16分

H隊員、
ブログ応援ありがとう。
この年(2004年)の出来事は書いていて面白いです。
いろんなことがありましたが、一番大きな出来事は山登りの本格的な再開と屋久島行きでしょうね。
次の年には三人で屋久島と利尻に行ったよなー。
また三人で登りたいね。

投稿: たけぱぱ | 2007年10月 7日 (日) 09時00分

らいずさん、
このあたりの話はけっこう自分でも意外な展開になってきているので、書いていて面白かったです。
Hな二人は「たけぱぱが屋久島で火をつけた」って言っています。
オイラが火をつけたんじゃなくて、屋久島の神様が二人に火をつけたんですよ。
ヤクシマン、おそるべし!

投稿: たけぱぱ | 2007年10月 7日 (日) 20時45分

雪椿さん、
おっしゃる通りですね。
半分過ぎたくらいでは実感がわきませんが、三分の二を過ぎたところでにわかに「こりゃあ行けるかも」と思いましたね。
雪椿さんもあと一つ、もうすぐ完登ですね。

投稿: たけぱぱ | 2007年10月 7日 (日) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/7921959

この記事へのトラックバック一覧です: 「百名山を振り返る」その14:

« 「百名山を振り返る」その13 | トップページ | 「百名山を振り返る」その15 »