« 谷川岳、20年ぶり。 | トップページ | 富良野岳から大雪へ1988年。PART2 »

2007年10月15日 (月)

「百名山を振り返る」その27

2007年6月16日(土)、勝原スキー場の駐車場にて目覚める。簡単に朝食を済ませ、日の出前に出発。最初はスキー場のゲレンデを登ってゆく。日がさしてくると汗が噴き出す。が、すぐに樹林帯の中の登りとなる。天気は最高だ。白山も見え出す。「昨日、あそこに登ったんだなー」 キツツキの打撃音、ブナの大木。自然が残るいい山である。スキー場がその価値を台無しにしているが。樹林帯を抜け出すとシャクナゲ平。小休止をして少し下る。鞍部から登り返して稜線に出ると白山の右に槍・穂・乗鞍・御嶽が見える。まったくこれだから山登りはやめられない。7:50荒島岳頂上に到着。06年の6月以来、二度目の登頂である。同行のH隊員は白山や槍・穂を眺めるよりも「日本百名山を登る」(昭文社)を熱心に眺めている。頂上に着いて5分もたたないうちに「そろそろ下りるか?」とのたまうH隊員。こんなに眺めがいいのに。そしてまだおにぎり食ってないのに。このあと本気で乗鞍に行くつもりのようです。そんなわけで下りは速いです。8:09に頂上をあとにし、10時ちょうどに駐車場に戻りました。ちょうどおトイレ清掃中。トイレがキレイということは大事なことだと思います。ポイント高いぞ、荒島岳。

テントをたたみ、H隊員号は国道158号線を走っていく。途中の「九頭竜湖駅」に立ち寄る。越美北線の終点である。たけぱぱ大興奮。高山の市街を抜ける。13時少し過ぎに「朴の木平」の駐車場に到着。13:30発のバスで40分揺られると畳平に到着。バスの車窓から笠・槍・穂・焼の展望。3026mの乗鞍にはまだたっぷりと雪が残っており、雪の斜面を慎重に登っていく。15:30、乗鞍岳頂上に到着。笠ヶ岳あたりに雲がかかりだした。写真を撮って5分滞在で頂上をあとにする。畳平16:30発のバスに間に合った。バスには夏スキー(ボード)を楽しんできた若い人たちがかなり乗っていた。 松本駅でH隊員と別れ、二日で三山の旅は終了した。

6月22日、新橋の事業所の机を片付けた。前日に正式に辞令が出て、7月1日付で中野に異動が決まっていた。お世話になった方に挨拶をして午前11時にはこの事業所をあとにした。

生まれて初めてだったが、7月1日まで「自宅待機」せよとの指示だった。もちろん、じっとしていられるわけもなく、かと言っていつ呼び出されるかわからないので遠征は出来ない。

6月23日、大岳山に登ってきた。半年間通った新橋はあまり「いい思い出」がなく、ゴイゴイ山登りをしてスッキリしたかった。御嶽駅から大岳山頂上まで歩き、スカッとした。

6月27日、那須岳に登りました。三本槍にはまだ登っていなかったので気になっていたのです。

98座目:鳥海山・・・6月29日夜、両毛線の駅でH隊員号に拾われて東北自動車道を北へ向かう。山形自動車道に入り、30日午前1:30頃、月山湖P.A.でテントを張り就寝。5:15起床、5:30に出発。コンビニに寄って昼飯のおにぎりなどを仕入れる。7:30頃、車道終点の駐車場に到着。霧雨。7:40、歩行開始。滝の小屋や河原宿を通り「湯の台口コース」で山頂を目指す。「花の鳥海」、たくさんの花が現れる。大雪路はガッツリと雪が残っている。約1時間かかって大雪路を通過。小雪路を抜けるとまたお花畑だ。今回はエアリアマップを持ってきた。雪がこれだけ残っていると道に迷いやすい。神社付近でも道に迷ったかと思ったほど、ガスもかかったり晴れたり。しかし、どうにか11:58に新山頂上に着いた。写真を撮ったりおにぎりを食べたりしているうちにガズが少し晴れ、一瞬だが日本海が見えた。 大雪路の下りで10mくらいスリップしてしまった。ガスっていて「この方向に歩いていていいのか」と不安になった。何度もエアリアを出して確かめる。間違いない。この雪渓が尽きるまで下っていけば河原宿に着く。 雪渓が尽き、夏道が現れ、河原宿小屋が見えたときはホッとした。小屋の前でイクラのおにぎりを食べた。ウマかった。「生きててよかった」と思った。歩き出してすぐ、ハクサンフウロが咲いていた。 鳥海山PART1>> 鳥海山PART2>>

7月1日付の異動だったが、1日は日曜日のため、2日から中野に通うこととなった。

クリックしてくださると、「さらば、新橋!」も喜びます!→人気blogランキングへ

|

« 谷川岳、20年ぶり。 | トップページ | 富良野岳から大雪へ1988年。PART2 »

コメント

キツツキの打撃音、ブナの大木も聞いて見てみたいわー♪ 白山の右に、槍・穂・乗鞍・御嶽が見えるなんてたけぱぱさん山登り止められませんね! 98座目:鳥海山は「花の鳥海」ですか~河原宿小屋の前でイクラのおにぎり、ウマかったようで~生きていてよかったと実感されたようで、素敵なことですね\(^o^)/!!

投稿: はっしー | 2007年10月15日 (月) 12時59分

はっしーさん、
いつもブログ応援ありがとう。
今日はお休みなのだー。
湯楽の里に行って髪切ってスッキリして、サウナに入って体もスッキリしてきましたよ。
ただ今、くら寿司で生ビールです。
ホンマグロのトロ食ってみます。
一貫で210円だって!

投稿: たけぱぱ | 2007年10月15日 (月) 15時30分

良いですね!
生ビール飲んで、トロ食って・・・ってコメントノコメントになってしまいました。
三本槍の件、その当時(ってちょっと前だけど)、たけぱぱさんの記事を読んで、凄いなあって思いましたよ!そして鳥海も別の意味で・・・

投稿: やまとそば | 2007年10月15日 (月) 18時25分

さすがに荒島岳の頂上は5分じゃなかったよ。19分はいたよ。
それにしても荒島から乗鞍はオイラも最初は考えてなかったが、やればできるもんだね。つきあってくれてありがとう。

投稿: H隊員 | 2007年10月15日 (月) 22時56分

二日で三山征服。。凄いですね~!
そのパワーは、どこから湧いてくるのでしょうか~?!
荒島岳から、乗鞍岳。。
びっくりです~!!

投稿: ゆみちゃん | 2007年10月16日 (火) 12時04分

荒島岳の山頂滞在の短さには
びっくらでした。
トイレがキレイってことは、
山を大事にされてる気持ちが伝わりますね。

鳥海山、はらはらドキドキでしたよ。
生きててよかったって、ほんと良かったです。

投稿: らいず@よだき頃 | 2007年10月17日 (水) 17時07分

やまとそばさん、
昨日もくら寿司で生ビールと中トロでしたー。
かあちゃんとコージツに行った帰りに寄ったんですがね。
「凄いなあ」とは一体どういう意味でしょうか?
なんにも凄くありまシェーン、カムバック!

投稿: たけぱぱ | 2007年10月30日 (火) 09時46分

H隊員、
その通り!
19分頂上に滞在しました。
乗鞍に行ったのも19年ぶり。
すべてH隊員のおかげだ。
乗鞍といい、木曽駒といい、意外なところに連れてってもらえるので本当に感謝してますよ。
さんきゅうてるよ。
これからもよろしく哀愁!

投稿: たけぱぱ | 2007年10月30日 (火) 10時12分

ゆみちゃん、
コメントありがとうございます。
2日で3山!
私もビックリ栗饅頭です。
H隊員パワーのおすそわけにあずかりました。
山には「登らせていただいている」ので、「制服」という言葉はなじまないと私は思っています。
せっかくコメントくれたのに、やかましいこと言ってゴメンなさいね。

投稿: たけぱぱ | 2007年10月30日 (火) 10時19分

らいずさん、
ブログ応援さんきゅうてるよ。
トイレをきれいにする。いつもらいず師匠が会社のトイレをきれいにするのと同じですな。使う人の身になってきれいにする。つまり、ここの人たちはお客さんを大事に思ってくれるんだよね。屋久島でも観光客を大切にもてなしてくれるので、自然だけでなくそういうことも気に入っちゃってる理由の一つなんだと思います。
そんなに長いこと滑り落ちてにのに、ああいうときっていろいろ考えるもんだなーと思いました。イクラのおにぎりウマかったっす。ハクサンフウロきれいかったっす。

投稿: たけぱぱ | 2007年10月30日 (火) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/8427637

この記事へのトラックバック一覧です: 「百名山を振り返る」その27:

« 谷川岳、20年ぶり。 | トップページ | 富良野岳から大雪へ1988年。PART2 »