« 920SH | トップページ | 我が家にもwindows xpが! »

2007年12月10日 (月)

屋久島 07年11月 第4日目。

<屋久島 07年11月 第3日目。から続く>

2007年11月13日(火)、今日は山靴をはかなくていい日ですよ。

7時少し前に目覚めました。YHの誰かが風呂のスイッチを入れに行ったような気配がしました。トイレに行ったついでに見てみると風呂のスイッチが入っていました。

(よーし、朝風呂だ!)

タオルだけ持ってヒノキ風呂に入ります。風呂のふたを一枚だけはずして入りました。頭を洗っていると一人大柄の男性が入ってきました。

私「じゃあ、ふた全部とっちゃいましょう」

二人の共同作業で4枚のふたを全部とりました。

男性は東京で働く韓国人の方で、これから石垣島にも行くそうです。北海道にも行ったことがあるそうです。レンタカーで行動しているようでした。

サッパリしたところで朝飯です。納豆でご飯一杯。もう一杯おかわり。ジャーのご飯がなくなってしまいました。

我が家のあとの三人もおかわりしたい様子です。

私「すみませーん。ご飯ありませんか?」

YHのお姉さん「すみません・・・冷凍のご飯を温めるようになるんですが・・・」

私「(三人に)どうする?」

どうしても食べたいというほどではなかったらしく、

三人「じゃあ、いいです」

ちょっとご飯足りなかったね、お姉さん。

9:20頃、YHを出る。山には行かないのですが、女房と私は山靴しか持ってきてません。

131

←YHからバス停までの道で。大きな葉は「クワズイモ」の葉。

バス停に着いてみると、栗生橋行きのバスは9:21に行ってしまってます。「フリー乗車券」を買うときにもらった時刻表を見ると「9:21平内発、9:32中間着」

私「しまったー、中間に着く時間とここを発車する時間を勘違いしてた」

132

←ドジな添乗員と昨日のヒーローの次男です。

次のバスがたまたま36分後に来るからいいようなものの、確認はホントに大切です。

朝風呂で一緒だった韓国の男性がYHの駐車場でレンタカーの準備をしていたので、あわよくば乗せてもらおうなどと待ち構えていたら、朝飯のときに向かいで話していた女性を助手席に乗せて現れたので遠慮しておきました。

舗装したばかりの道路に白線を引く作業を眺めて時間をつぶし、9:57「大川の滝」行きのバスに乗り込みます。

今日もいい天気だ。海がまぶしく光っています。

バスが北東の方向を見通せるところに回りこむと口之永良部島が見える。この島には船でしか行けない。温泉と民宿が何件かある。いつか行ってみなければ・・・

10:08、中間着。海のすぐそばの停留所です。133 134

ガジュマルを見に行きます。民家の庭にいろんな花が咲いています。135 136 137

バス停から歩いて2~3分のところにガジュマルの大木があります。138

木の真ん中が道路になっているのでその部分はくりぬかれています。139

NHKのドラマ「まんてん」のロケ地です。ゴルゴが「トロピカルパーク」を経営していてその入り口にこのガジュマルが使われていました。140 141 142 143 144

川で障子を洗っていました。張替えをするのでしょう。都会では全く見られなくなった光景ですね。

おじさんに話かけてみました。でも半分以上相手の言うことがわかりません。おばさんが川の奥に見える七五岳について「ひとつ向こうの集落から見たら紙を貼ったようだよー」と言っていたのはわかりました。

足の不自由なおじさんが近寄ってきて「こっちも見ていきなー」と別なガジュマルの方を杖で指しますが、「時間無いから」と振り切って海に戻ります。145 146

147 ←バス停の後ろの生垣の中は墓場ですが、そんなことを全く感じさせない陽光です。148

←岳人撮影。バスの待合からの景色です。

10:59のバスに乗り、宮之浦に向かいます。海中温泉・平内入口・いわさきホテル・JRホテルを通り過ぎ、島の東側では安房、北東では空港を通り過ぎ、約1時間半かかって宮之浦港入口に12:27分着。

まずお腹がすいたね。あまり時間の余裕もありませんので「屋久島観光センター」というお土産屋さんの2階の食堂に入ってそれぞれ好きなものを食べました。ここからは電波が届きますので友人にメールができました。

そしてここの1階でお土産漁りです。私は自分のものしか買いませんが、あとの三人はいろいろお土産を買っています。「屋久島ブック」(山と渓谷)という本についていた割引券で5%引きになりましたが、ここより安いところはいくらでもあったような気がします。

次に「環境文化村センター」に行きます。屋久島の大自然を記録した大型映像「屋久島一森と水のシンフォニー」を見るためです。ここも「屋久島ブック」の割引券を使えます。YHの会員証でも割引になります。

以下、屋久島町のHPから

縦14m×横20mの超ワイドスクリーン。上映時間約25分
  上映回数1日8回(1時間に1回)
  収容人員250名

 空撮などを駆使した臨場感あふれる屋久島の四季をお楽しみいただけます。

 【映像の一コマ】
  ヤクシマシャクナゲに彩られる奥岳の峰々
  サンゴ礁に群れる色とりどりの魚たち
  激しく流れ落ちる川と滝
  太陽に輝く一面の照葉樹林
  アカウミガメの産卵
  原生林の中に立ちつくす縄文杉
  雪におおわれる奥岳の峰々
   など 

Eizouhoru
←スクリーンの左脇にお姉さんが立っていますね。HPから。

我々は14:20からの回を見ました。ナレーションはたっきーの大好きな阿部寛。特に見ごたえがあるのは空撮で奥岳の峰々を撮るシーンですね。

15:12のバスに乗るまで少し時間があったので「ヤクデン」で買い物。今日の夜のおやつくらいですが。一昨日1合と2合だけ売っていた焼酎「三岳」はすでに売り切れていました。

149 150

←宮之浦港入口にて。

バスに約1時間揺られ、16:15頃尾之間温泉で降ります。

ここから見たモッチョム岳がカッチョよかったので写真を何枚も撮ります。151 152 153

154 尾之間温泉までは坂道を5~6分登っていきます。その途中でまたたくさん写真を撮ります。

155 156 157 158 159

尾之間温泉は大人200円こども100円。こんなに安くていい温泉に入れるんだからこのあたりの人は自宅のお風呂は必要ありませんね。

貴重品ロッカーにお土産を入れておこうと思ったら、番台のオバサンから「そこは貴重品だけですよ」と注意されてしまった。

お風呂は熱めのお湯です。これぞ温泉という熱さ。女湯との仕切りにはカラフルなイラストと尾之間音頭の歌詞が書いてある。子供たちは長くは入っていられず、少し入っては「あちィ」と言って出たり入ったり。

岳人が地元のおじさんに何か聞かれて答えられないようでした。おじさんは、

「尾之間?」

と聞いていましたので、

代わりに私が、

「東京です」と答えました。

160 161

←足湯のお湯はすでに抜いてありました。162

Aコープでジュースとお菓子を少し仕入れます。チロルチョコの珍しいのを女房が見つけてレジに並んでいた私のところにひとつ持ってきました。

岳人「もう少し買ったら?」

私「お前はエリカ様か!」

と言って怒りそうになったのですが、女房があと二つそのチョコを持ってきて、

女房「まァまァ。岳人がこのチョコに反応を示してくれたので私もうれしくなっちゃったんだ」

と、なだめに入ったのでゲンコツくらわずにすみましたが・・・

なぜ「オイラの分も買ってきて」というお願いが出来ないんでしょうか。

17:50頃のバスに乗り、10分ほどで平内入口。

さあ、晩飯です。今日の刺身は真鯛。また少し旅人にわけてあげました。

残さず腹いっぱい食べて部屋に戻ります。

今日は最後の夜です。部屋に戻ってもう少し飲みたいところですが、今日は談話室でプチ宴会をやります。163 164

←「三岳」がうまそうでしょ。

165 166 167

一番右の写真はちょっとわざとらしいな。

168

←「旅人が『歩けない』って言ったらおぶっていくつもりだったんだぞ」

屋久島YHは木の香りのするYHです。岳南にあって暖かいし、天気もいいよ!

荷物を軽くまとめておいて就寝。明日は朝風呂としゃれようぜ。

<屋久島 07年11月 第5日目。に続く>

クリックしてくださると、「屋久島YHのお父さん、健康に気をつけて長生きしてください。も喜びます。→人気blogランキングへ

|

« 920SH | トップページ | 我が家にもwindows xpが! »

コメント

いつも思いますが、お風呂大好きですねっ。
屋久島は山に登らなくても、滝をはじめ
いろいろ楽しめるのですね。
確かに1泊2日じゃ足りないな。
ますます行きたくなりました。
絶対行くぞ、おぉ!!

投稿: らいず | 2007年12月10日 (月) 19時46分

ガジュマルの大木何度見てもユニークで凄い形をしていますし、花々綺麗ですね。
「環境文化センター」での「屋久島ー森と水のシンフォニー」興味深く見てみたいものです。
モッチョム岳スラリと稟としていますね。温泉もいろいろ入れていいなぁ(*^^)v
談話室のたけぱぱさん一家、木のぬくもりとともに家族団らんこちらまで和やかになりますし、おんぶ姿の旅人君とたけぱぱさんいい笑顔をしています!
たけぱぱさんの屋久島ブログ見せて頂いてますます行きたくなりました。

投稿: はっしー | 2007年12月11日 (火) 05時16分

またまた大作だ!
尾之間温泉良かったねえ~
今でも思い出せるよ。
YHには相当泊まったから、もうすっかり主になったことだろう(^_-)-☆

投稿: H隊員 | 2007年12月11日 (火) 21時26分

らいずさん、
屋久島は絶対にゆっくり行かないともったいないよ。でもらいずさんのところからはわりと近いもんね。裏山。
風呂大好きですよ。
特にここのYHのヒノキ風呂は最高です。
尾之間温泉も最高です。
はー、ビバノンノン。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月24日 (月) 08時11分

はっしーさん、
いつもブログ応援ありがとうございます。
ここのYHはいろいろと観光するには南にありすぎるのですが、それを差し引いてもここに泊まりたくなるほどいいYHですよ。
オーナーが元気なうちはいいのですが、大病されたこと、息子さんが跡を継ぐ気のないことが気になります。
屋久島、是非歩けるうちに行ってみてくださいね。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月24日 (月) 08時15分

H隊員、
尾之間温泉は最高だよな。
200円で入れるのが申し訳ないくらいだ。
次回も必ず屋久島YHに泊まりたいと思っています。
永田岳・太忠岳・黒味岳・モッチョム岳にはまだ行ってないしね。
大川の滝にもまた行きたいな。
自転車で島一周にもまたチャレンジしたいと思っています。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月24日 (月) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/9287009

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島 07年11月 第4日目。:

« 920SH | トップページ | 我が家にもwindows xpが! »