« 「百名山を振り返る」その29 | トップページ | 920SH »

2007年12月 5日 (水)

屋久島 07年11月 第3日目。

<屋久島 07年11月 第2日目。から続く>

夜中に何度か目覚めた。

隣の部屋は電気をつけたまま寝ているようで、明かりが漏れている。

携帯を見るとまだ1時。5:02「平内入口」発のバスに乗る予定。4時にこの携帯の目覚ましで起こされるはず。まだ寝ていよう。

2007年11月12日(月)、次に起きたのが女房が電気を点けたとき。

(トイレに行くのにいちいち電気点けるなよ)と思ったのだが、

女房「4:20だよ。起きないと!目覚ましならなかったね」

私「しまった。夜中に起きたときに携帯の電源切ったかもしれない」

旅人はすばやく着替えている。その横でぼーっとしている岳人。

女房「岳、何やってんの!早く着替なさい」

岳「はーい」

といって、ふとんを思い切りはらいのけ、隣の部屋との境の引き戸にバーンと当たった。

私「静かにしろ。隣に人が寝てるのがわかんないのか!」

家にいても毎朝こんなもんではある。

YHの談話室にポットがあり、お茶やコーヒーは自由に飲んでいいようになっている。ポットのコンセントをはずして部屋に持ってきてカップラーメン4つにお湯を入れる。

旅人・女房・私は縦長のお湯をそそぐだけの「カップスター」。岳人は麺つゆやカヤクが別になったラーメンである。

私「いつもの朝とちがってゆっくり出来ないからね。4:50には出発するからね」

岳人は毎朝、迎えにきてくれる友達を待たせて女房とおばあちゃんにあきれられているんである。

そんなこんなのバタバタがあって支度終了。4:50、外に出てみると満点の星。今日の天気も約束されたようなもんだ。

「平内入口」のバス停にはYHに泊まっている女性二人組がいた。歩道のふちに腰掛けて星を眺めている。私たちも同じようにする。073 074

真っ暗な中、「屋久島交通」と行き先表示をかかげたバスがやってきた。誰も乗ってない。ここから6人。

そのあと、JRホテル・屋久杉自然館などで何人か乗り、15~6人は乗っただろうか。JRホテルからは昨日390円なのに360円しかバス代を払わなかった女性三人組が乗ってきた。屋久杉自然館ではYHから乗った二人組が弁当を受け取っていた。

(そういう方法があったかー。弁当食いたかったな。きいてみればよかったなー・・・)

本日の我々の昼飯はパンである。たっぷり買ってきた。屋久島は水の心配はいらない。私はPETのお茶を持ってきたが、あとの三人は粉のスポーツドリンクとPETボトルでいくらでも補充がきくという作戦である。

6:10、「荒川三叉路」に到着。ここから少し歩いてバスに乗り換える。まだ薄暗い。

荒川三叉路から荒川登山口までは「フリー乗車券」では乗れず、大人300円子供150円を払って乗る。前のほうにすわっていると旅人がガイドさん(男性40代か)に話しかけらる。

ガイド「僕、どこから来たの?」

旅人「東京」

聞こえるか聞こえないかの小さな声である。

ガイド「何年生?」

旅人「2年生」

ガイド「学校は?」

旅人は答えられず、代わりに隣の女房が、「休んできたんですよー」

ガイド「親の都合ってやつだね」

私「自主休校ってやつです」

15分ほどで荒川登山口に到着。

ざっと見渡して今ここに80人くらいいるだろうか。体操をしたり、輪になってガイドさんの話を聞いていたり。

私たちもトイレを済ませ、靴紐を締め直し、出発前の写真を撮る。075

6:52、歩行開始。

歩くとまもなく、若いガイドさんから声がかかる。

ガイド「10時間くらいかかりますよ。出発は遅いほうですから気をつけてください」

確かに旅人が10時間歩けるかどうか私も不安である。いざとなれば、トロッコ道はおぶってでも連れて帰ってくるつもりである。

076

←トロッコ道を歩き出す。枕木の幅が歩きやすい幅とは言えないなー。

077

←太忠川を渡る。

旅人を先頭にして歩いていく。旅人、岳人、私、女房の順である。

ピーッとホイッスルの音がして前のほうのガイドさんが、

「トロッコが来ますから、端に寄ってください」

すると後ろからトロッコがやってきた。078 079

テツとしてはレールの上を走るものはなんでも好きなのである。

(おーい、オイラも乗っけてくれー)

旅人の歩きは快調で、どんどん大人を抜いていく。「360円隊」と名づけた女性三人組も抜いていく。

(これならおぶらなくても大丈夫かな・・・)

080 081

←「小杉谷橋」で安房川左岸に渡る。

小杉谷橋を渡るとまもなく「小杉谷小・中学校跡」である。7:38、第一回目の休憩。082

トロッコが登れるくらいだからほぼ平らな道なのだが、あまりおもしろい道ではない。084

←8:05、2回目の休憩。それぞれおやつなど食べています。このあたりにくると2本のレールの間に歩行用の木道があって歩きやすくなります。085

←縄文杉は高塚小屋の0.2km手前ですから、あと5.3kmくらいですね。

086

←トロッコが方向転換をする場所があった。三回目の休憩。写真の右でレールが重なってやがて行き止まりになるのだが、そこで何事かをしていた我が家の息子たちはその現場を「360円隊」に見つかってしまった。女房と目が合って笑っていたそうである。

9:10、大株歩道入口に到着。ここでトロッコ道は終わる。立派なトイレがある。10分休憩。120

9:20、再び歩き出す。ここからは山道になる。

087

←9:30、翁杉。全部の姿はとうてい写真に入らない。

088

←元気に先頭を歩いていく旅人。

9:40、ウィルソン株に到着。089 090

私「よーし、休憩しよう。株の中に入ってみよう」

(wilson君の中から素晴らしい景色が見えるって誰かが言ってたなー。どれだろう?)

大株の中は広さ10畳くらい。その中に皆さんが一箇所に固まって上を見上げている場所がありました。

私「ここだ、ここだ!皆、みてごらん」

091

←「ウィルソン株から愛をこめて」

大株の中には祠があり、清水が湧き出していました。092 093 094

←wilson君の中から見た景色を表現する人たち。

9:50、ウィルソン株をあとにします。095

←快調に飛ばす旅人。096

←女房はビデオを撮りながらシンガリを歩いてきます。097

←気が付くとヤクシカがすぐ近くにいました。098

10:20、皆さんが休んで弁当を食べているところがありました。水場があります。113

ここで我々も休憩。皆さん弁当をここで食べてるということは縄文杉の近くにはゆっくりすわれるところはないんだろうな、と想像がつきます。

(我々はパンだからなんとかなるわい)

水の補給。バナナをかじって先に進みます。

099 100 

←10:37、大王杉。

そろそろ、すれ違う人たちから、「もうすぐですよ」とか「僕、よくここまで来たな。何年生?」などの声がかかります。皆さん満足そうな顔をなさっています。

101 ←「僕、もうすぐだぞ」102

←名前もない杉ですが「よくここまで来たね」と言ってくれているような気がしました。

TVやガイドブックで見たことのある階段が見えてきました。これを登れば縄文杉に会えます。103

←11:08、縄文杉です。やっとお会いすることが出来ました。

テラスの右側が記念撮影コーナー、左側がゆっくり見たい人たちコーナーのようになっていて、ガイドさんたちが撮影の回転をよくするためにお客さんたちを仕切っています。皆さんその指示に快く従っているようです。

私たちの順番が来ました。104

←「呼ばれた人しか会うことのできない縄文杉」

私たちは呼ばれていたようです。105 106 107 108 109

テラスの下に降りて、パンを食べます。たくさん買ったつもりでしたが、クリームパン一個だけ残してあっという間に食べてしまいました。岳人と私は魚肉ソーセージ。なんでもうまいな。

水場が近くにあり、若いガイドさんが、

「縄文水というのをペットボトルで見たことあると思いますが、あっちはどちらかというと白谷の水なんですね。こっちが正真正銘の縄文水ということになります」

なーんて言っていました。

私「さ、もう一度縄文杉をおがんで帰ろう」

休んでいるうちに体が冷えてきたので、皆レインウェアなどを着込んでもう一度階段を上り、縄文杉にお別れを言いに行きました。

「また来るからね。元気でね」

11:56、縄文杉をあとにします。

110 111 112

←12:22、夫婦杉。

行きにバナナをかじった水場で休憩。水を補給します。

13:15、ウィルソン株に戻ってきました。また愛をこめられに大株の中に入っていきます。

114 115

北海道から来たというおじさん三人組に旅人が話しかけられていました。

おじさん「僕、えらいな。何年生?二年生か。よーしおじさんが来年から三年生にしてやる」

116 117 118

←真ん中の写真に北海道おじさんも写っています。

13:30、wilson君をあとにします。

119

←苔が気に入ったようです。

13:50、大株歩道入口に到着。トイレ休憩。

(おなかすいたなー。そうだパンが一個残っていた)

クリームパンは半分女房にとられました。しかし、うまかったなー。

子供たちはプッチョやらハイチュウやらをたくさん持ってきたようです。

14:05、大株歩道をあとにします。地図ではここから2時間20分。

ところが旅人のペースがガクンと落ちてきました。すでに7時間くらい歩いています。こんなに長く歩いたことはいまだかつてないハズです。

私「おぶるか?まだがんばるか?」

旅「まだがんばる」

というので、旅・岳・私・女房の順でゆっくりトロッコ道を歩いていきました。行きと逆でどんどん大人に抜かされていきます。

121 122

←15:08、。「楠川別れ」。ここから昨日の「辻峠」まで1時間くらいです。まだ表情に余裕がありますね。

さらにペースダウンしましたが、もくもくと歩いています。123

まだ余裕あるな。

15:38、小杉谷小・中学校跡。校庭に鹿がいました。山仕事から終わった人たちが校庭を通って帰ってきます。トロッコに乗っていたおじさんたちです。地元のガイドさんと何やらしゃべっていましたが、99%わかりませんでした。124

さらにペースダウン。

私「おぶろうか?」

旅「もう少しだろ、がんばる。パパの杖貸して」

杖をつきながら歩いていく旅人に皆黙って付いていくのでした。

125 小杉谷橋を渡ります。126

←さっきのおじさんたちがトロッコで戻っていきます。

16:35、ゴールです。荒川登山口に戻ってきました。

休憩も含めて9時間43分、旅人ががんばって歩いているので、皆泣き言も言わずに歩き切りました。屋久島の自然がやっぱり我々を応援してくれたんでしょうね。

127 128

129

←皆様、どういう表情に見えますか?

荒川三叉路まで行くバスはある程度の人数を乗せると発車していくようです。最終は17時です。

近くにいた若いガイドさんにきいてみました。

私「(今停車しているバスを指差して)これが最終ってことはないですよね?5時ですよね?」

ガ「大丈夫ですよ。見捨てていくってことは絶対にありませんから」

ゆっくりトイレに行って本当に最終のバスに乗った。16:55頃発車したようだ。

荒川三叉路で「平内海中温泉行き」に乗り換える。旅人は発車してすぐ爆睡のご様子。お疲れさん。

屋久杉自然館でほとんど降りる。ここにガイドさんたちの車が置いてあるようだ。

我々だけになったバスは暗くなった道を走って18:24、平内入口に到着。

荷物を部屋に置いてズボンをジャージに着替え、夕食だ。

ここのご飯はおいいしいです。がんばった旅人に刺身を少し分けてあげました。私も今日だけは発泡酒でなくてビールにしました。百円奮発です。

お腹いっぱいになってヒノキ風呂です。最高の幸せ。

明日はゆっくり島内観光。朝も早かったので早めに就寝いたしました。

<屋久島 07年11月 第4日目。に続く>

クリックしてくださると、「旅人に曳かれて縄文杉参り。も喜びます。→人気blogランキングへ

|

« 「百名山を振り返る」その29 | トップページ | 920SH »

コメント

「ウイルソン株から愛をこめて」(笑)映画のタイトルみたいでナイスネーミング、外が見えるところがハート形しているわ!
大株の中が10畳もあるってずいぶん大きいですね。wilson君の中から見た景色表現する人たち(笑)愉快で面白ーい!
縄文杉とてもとても大きいですね、たけぱぱさん一家は呼ばれていましたわ♪
岳人君そしてわずか8歳の旅人君9時間43分よく頑張りました\(^o^)/凄ーいです!!
バス停前で写した右側写真、皆爽やかで特に旅人君は笑顔と共に誇らしげないい表情しています!

投稿: はっしー | 2007年12月 5日 (水) 16時07分

ついに、ウィルソン株、縄文杉に会えましたねぇ~!
たけぱぱさん、大作ですね。。
お疲れ様でした~~♪
とっても、楽しく読ませていただきました。
ご家族に素晴らしい思い出になったことと、
思います。。
ホントに、行ってみたくなりました~!!

投稿: ゆみちゃん | 2007年12月 5日 (水) 21時06分

いやいやご苦労さんだね。
写真もいっぱいで、旅の様子がよくわかったよ。
皆ないい表情してるし、満足だったことだろう。。。

投稿: H隊員 | 2007年12月 5日 (水) 22時14分

♪ウィルソン株から愛をこめて♪

うーん、ステキですねぇ☆

行ってみたいです。

投稿: よっしー | 2007年12月 5日 (水) 22時57分

たけぱぱさんご一家の様子が、目に映るようで楽しいですね~^^
長い時間を歩ききって、子供さんたちもよく頑張りましたね^^
一生の良い思いでとなったでしょうね♪

お疲れ様でした!

投稿: こころ | 2007年12月 6日 (木) 01時09分

おつかれさまです

画像付の詳細レポート
楽しく読ませていただきました

まだ行ったことのない屋久島が
とても身近に感じましたよ

投稿: ポプラ | 2007年12月 6日 (木) 10時13分

1U$隊(360円)隊、ですか!
面白い命名ですね!
今は、110円・・・。
ちょっと古かったです・・・。

投稿: やまとそば | 2007年12月 6日 (木) 22時49分

おはようございまーす。きょうも元気に(?)引きこもってまっせ~(笑)


いやー、感慨深く読ませていただきました。懐かしいです、ウィルソン君たち。元気かなあ。今はもう雪の中なのかなあ。


それにしても皆さん(特に旅人くん)お疲れ様でした^▼^いい顔してますね♪

投稿: たっきー | 2007年12月 7日 (金) 08時16分

またまた、ブログを見にきましたぁ~♪

ご家族の楽しそうな写真をみていたら、
私も幸せな気分になれます。。

たけぱぱさん、ありがとう~~!!

投稿: ゆみちゃん | 2007年12月 7日 (金) 09時10分

岳人君は マイペースなんですね!
ほほえましいですよ~

「360円隊」とは・・
素晴らしい命名ですよ!可笑しい~

何事かをしていた 坊ちゃんたちって・・・
何をされていたのですか?

Wilson君の 素晴らしいハートの 窓・・
想い出とともに 愛もいっぱいですね!

とうとう縄文杉!!
旅人君、岳人君、やりましたね!!
おめでとう!
縄文水は 美味しかったですか?
長生きできそうですよね~

学校では学べない 素晴らしい経験を
坊ちゃんたちにプレゼント出来て
たけぱぱさんは 佳いお父さんですね!

たけぱぱ 万歳!!
お疲れさまでした~
ゆっくりと 読ませていただきましたよ。

投稿: wish。 | 2007年12月 7日 (金) 18時46分

娘も屋久島に
行ってみたいといいます・・・
縄文杉からは
なんだか
パワーをいただけるって感じですね

すばらしいお写真紹介していただきありがとう

それから
たけぱぱさんは
続けて私のキリ番を獲得されましたよ

投稿: kumiko | 2007年12月10日 (月) 17時26分

はっしーさん、
「ウィルソン株から愛を込めて」はうしさんからいただいたタイトルです。はるばる屋久島まで行って、ウィルソン株の中からハートの形が見えた時には感動しましたよ。
今回は旅人が頑張りましたね。皆、旅がへこたれずに歩いているので、「疲れた」の一言も言わずに頑張りましたね。
呼んでくれた縄文杉と屋久島の自然に感謝したいと思います。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月19日 (水) 09時33分

ゆみちゃん、
いや、ゆみねえ、
いつもブログ応援ありがとうございます。
今回の屋久島行きは縄文杉に会いに行くのがメインでした。ウィルソン株のハート形にも感動しました。
次に行く時にはまた山に入って、思い切り屋久島の自然に触れたいと思います。
ゆみねえも行きたくなりましたか〜

投稿: たけぱぱ | 2007年12月19日 (水) 09時40分

H隊員、
縄文杉は屋久島のシンボル的存在ですからねぇ。
一度は行っておかないとね。
今回は息子達も連れて行って良かったよ。
家族4人で旅行出来るのも、これから先はあまりないと思います。
楽しい旅が出来て良かった。
これも全てH隊員のおかげです。ありがとう。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月19日 (水) 20時13分

よっしーさん、
お互い、そろそろ半世紀を生きようとしていますので、歩けるうちにいろいろと行っておきましょう。
屋久島の自然に呼ばれた人は必ず行けます。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月19日 (水) 20時22分

こころさん、
やっぱり男の子ですね~
文句ひとつ言わずに歩いた旅人(岳人も)をほめてやってください。
これで皆自信がついたと思います。
来年の夏は旅人と山登りができそうですわ。
息子たちは来週12月26日から北海道でがんすー。
したっけー。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月19日 (水) 23時35分

ポプラさん、
北海道もいいところですが、屋久島もすばらしいですよ。
今回が三回目の屋久島です。
何度行っても「また行きたくなる」場所ですね。
移住しちゃう人もたくさんいるようですからね。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月19日 (水) 23時37分

やまとそばさん、
1$=360円は古いな。
私はわかりますけどね。
自分で書いたこの記事(縄文杉)ですが、読んでるとなんだかまた行ってるような気になるから不思議ですね。
明日起きたらまた屋久島YHのヒノキ風呂が待っているような気がします。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月19日 (水) 23時41分

たっきーよ、わが娘よ、
今頃は夜行バスの中かな。
いよいよオゼリアンだね。
H隊員に頼んで連れて行ってもらうように計画中です。
そして尾瀬でのバイトが終わったら東京で飲もうぜ。
楽しみにしてまっせー。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月19日 (水) 23時44分

ゆみちゃん、
ゆみねえー、何度でも見に来てくださいねー。
何度でも書き込みしてくださいねー。
ブログ応援感謝してますよー。
楽しかったたびの雰囲気が伝わればブロガーとして最高の喜びです。
ゆみねえ、ありがとうねー。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月19日 (水) 23時49分

wish。さん、
丁寧なコメントありがとうございます。
息子たちの「何事か」は男の特権「立ちショ○」です。
ゆっくり、じっくり読んでいただいたようで感謝感激です。ヒデキも感激です。
たまには学校を休ませるのも仕方ないのかなと思っています。
休んだ分、また学校で元気にがんばって勉強したり遊んだりしてもらいましょう。
今年の年賀状はプリンターを新調したのでパソコンで作ることにしました。
皆バラバラに作っていますが、縄文杉の写真は同じのようですよ。

投稿: たけぱぱ | 2007年12月20日 (木) 09時03分

kumikoさん、
私が続けてキリ番?
そりゃあビックリ栗饅頭です。
縄文杉のみならず、屋久島全体からパワーをもらってくる感じがします。
来年、4回目の屋久島が実現できるように節約の日々です。
温泉は欠かせませんが・・・

投稿: たけぱぱ | 2007年12月20日 (木) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/9259225

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島 07年11月 第3日目。:

« 「百名山を振り返る」その29 | トップページ | 920SH »