« 雨上がりの大岳山 | トップページ | 大晦日の大岳山 »

2007年12月30日 (日)

「百名山を振り返る」その31

私にとって、百名山完登が2007年の一番大きな出来事だったのは間違いないと思うが、

「何をもって登ったと認定するか」

これは百名山を登っていく上で根本の問題にかかわるので、我慢してお付き合いいただきたい。

「ピークを踏む」

これが基本形であるが、ピークまで行けない山をどう扱うか。

たとえば浅間山。活火山のため、頂上付近は立ち入り禁止である。

次に、那須岳のように「主峰は茶臼だが、最高峰は三本槍」のような山。両方登ればスッキリするのだが、そうでない場合は、

「本人がどう思うか」

それでどっちかに登ればいいのではないかと思っている。細かいルールなどはない。

さてそこで霧島山。

最高峰は韓国岳1700mである。しかし、深田久弥「日本百名山」ではどう読んでも高千穂峰のことしか書いてない。

韓国岳には1988年と2005年の二回登っている。それで霧島山に登ったということで問題はないと思う。最高峰だから。

が、今ひとつスッキリしない。那須岳の反対のケースと言えるだろうか。

鹿児島空港からは滑走路の向こうに霧島連山が見える。屋久島に行くときにはこの空港で乗り換えるわけだがいつも高千穂がその神々しい姿を見せていた。

2007年11月7日(水)、やっとその高千穂峰に登る日がやってきた。

前日、桜島YHに泊まり、桜島滞在約11時間。またフェリーで鹿児島港に戻る。各駅停車の電車で国分へ。まわりはほとんど高校生だ。Sakurajimablue

←電車の中から見た朝の桜島。

バスで霧島神宮へ。ここからタクシーで高千穂河原へ。

高千穂河原でウドンを食べ、9:37歩行開始。045

←高千穂河原から見た高千穂峰。馬の背しか見えていない。本峰は右のトンガリの向こうである。

11月なのに暖かい。さすが南国。Tシャツ1枚で歩く。

樹木がなくなると石ころだらけの歩きにくい道になる。うっかり石ころの上に乗ると転びそうなので慎重に動かない岩を踏んでいく。053

お鉢の縁につくと風が出てきた。カッターシャツを着る。お鉢の底をのぞく。058

←お鉢の底。噴煙もあがっている。

このあたりから上は今日はガスの中である。

お鉢の縁から本峰にかかろうとするところで霧の中から笛と笙の音が聞こえる。そして白装束・烏帽子姿の神官が現れる。一瞬、クロサワ映画の世界に迷い込んだかと思ったほど幻想的であった。061

そこから高千穂峰頂上までは急な登りではあったがすぐであった。

11:07、高千穂峰頂上。062 064

066

頂上は3~4人くらいしかいなかった。静かな山頂だ。

満足だった。スッキリした。自分としてはこれでやっと百名山すべてに挨拶したようなそんな気分だった。

おにぎりと岡山でもらったお菓子を食べた。

11:30、頂上をあとにする。たくさんの登山者とすれ違う。確かに暑くもなく寒くもなく、南国鹿児島はちょうどいい山日和なのだ。

高千穂河原からタクシーを呼び霧島神宮へ。霧島神宮駅までバス。ここからまた各駅停車の旅だ。

宮崎まで乗り継いで駅前のホテルに投宿。その夜はブログで大変お世話になっているらいずさんに「一平」に連れて行ってもらった。Photo

←「一平」のレタス巻き。

らいずさんは車のため飲まなかったが、私は生中一杯・焼酎2杯をいただき祝杯をあげ、らいずさんにも祝っていただいたというわけだ。

<詳しいレポはこちらを>

これで「百名山を振り返る」シリーズはおしまい。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

さて、今私が考えているのは「2008年の目標をどうするか」です。「2007年の目標達成度」の発表もありますし、年賀状公開、初詣、誕生日(1/3)、と行事が目白押し。

仕事も1月2日が1年の中で一番忙しい日。

そして今年あと2日、しっかり仕事がんばらんといかんじ。

クリックしてくださると、「たっきー、1/20に行くぜ!も喜びます。→人気blogランキングへ

|

« 雨上がりの大岳山 | トップページ | 大晦日の大岳山 »

コメント

そーいうわけだったんですね。
すっきり完登よかったです。
そして振り返りシリーズお疲れでした。
何度も楽しませて、感動させていただきました。
霧島は、まだ他にも魅力的な山ありますので、
またお越しくださいね~。
次は釜揚げうどんと、試飲し放題にもご案内しますよ。

投稿: らいず | 2007年12月30日 (日) 11時22分

たけぱぱさん、今年は登山日記のブログで、楽しませていただき、ありがとうございました。
たくさんの感動をありがとう~~!
来年もよろしくお願いします~~!!

投稿: ゆみちゃん | 2007年12月30日 (日) 13時35分

そういうわけだったのですね。
たけぱぱさん、振り返りシリーズにいろいろなブログを読ませていただき感動を呼びよせて下さり楽しいブログをありがとうございます。
来年もよろしくお願いします♪♪

投稿: はっしー | 2007年12月30日 (日) 17時39分

また、読み返させて頂きます!

投稿: はっしー | 2007年12月30日 (日) 17時40分

三本槍の記事を見た時も凄いって思いましたが・・・。
これでスッキリ・・・
年末、年始、お忙しい様ですが無理なくです。

投稿: やまとそば | 2007年12月30日 (日) 19時32分

いやどーもお疲れ様でした。
また来年もできるだけガンガンよろしく頼むよ!!

投稿: H隊員 | 2007年12月30日 (日) 23時48分

らいずさん、
その節は大変お世話になりました。
そういうわけで高千穂峰にはこだわりがあったんですよ。
らいず師匠から「高千穂に雪が」などの連絡が来るたびに「高千穂に行かんといかんじ」と思っていたんですよ。
とりあえずこれでスッキリしました。
「釜揚げうどん」「試飲し放題」ですと~?
また宮崎に行かんといかんじ。
県庁も連れて行ってもらおうかな~。

投稿: たけぱぱ | 2008年1月10日 (木) 09時09分

ゆみちゃん、
ゆみねえ、いつもありがとうね~
「感動」だなんて照れちゃうな~
こちらこそ、今年もよろしく哀愁!!!
ゆみねえ、さんきゅうてるよ。

投稿: たけぱぱ | 2008年1月10日 (木) 09時12分

はっしーさん、
いつもブログ応援ありがとうございます。
はっしー日記にはいつも癒されていますよ。
暖かいハゲ増し、いや、励ましの言葉をさんきゅうてるよ。
今年もがんばるからね~
よろしく哀愁!!!

投稿: たけぱぱ | 2008年1月10日 (木) 09時15分

やまとそばさん、
これでやっとスッキリだったんです。
そして今年も九州、特に宮崎には行くことになりそうです。
一番忙しい時期を乗り切りましたので、あとは風邪など引かぬようにがんばります。
やまとそばさんもスキーに行かれるときはお気をつけて。

投稿: たけぱぱ | 2008年1月10日 (木) 09時18分

H隊員、
今年もよろしく哀愁だよ。
ガンガン行きたいんだがなかなか日程が合わないねえ・・・
20日の尾瀬はよろしく頼みます。
前日からそっち(佐野)に行くことも可能姉妹です。

投稿: たけぱぱ | 2008年1月10日 (木) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/9631915

この記事へのトラックバック一覧です: 「百名山を振り返る」その31:

« 雨上がりの大岳山 | トップページ | 大晦日の大岳山 »