« 大岳山頂からです。 | トップページ | 週刊 日本百名山 第6号 »

2008年2月28日 (木)

大岳山。今年三回目。

2008年2月28日、予報は晴れ。

6:30起床。ベランダから大岳山を見る。雲ひとつない快晴。

私「いい天気ですね~」

おばあちゃん「日本晴れです」

というわけでおばあちゃんに朝飯を用意してもらい、「ロス疑惑」の記事などチェックしつつ朝食を食べる。

小さいザックにアイゼン・カメラなどを放り込んで出かける。

青梅駅前のいつものコンビニでオニギリとお茶を買う。

8:01発の奥多摩行きに乗る。青梅線もほとんど201系はいなくなってE233系ばかりになった。奥多摩行きも・・・

御嶽駅で降り、バスに乗る。終点滝本で降りる。ここから御嶽登山鉄道。40年がんばった「青空号」と「日の出号」は3月22日から新型車体になる。そのため、3月12~21日は運休。これが旧型の乗り納めかな。

8:42滝本発の「日の出号」は6分で標高831mへ。Image135

御嶽山駅からテラスに出てみる。東京方面はかすんでいてその向こうの筑波山は今日は見えない。

8:52歩行開始。最初は地元の人や一般観光客も歩く道だ。道端に少しだけ雪が残っている。

やがて宿坊の間を通り、御嶽山神社に向かう道に入る。

お土産屋さんの間を通り、神社に登る階段。9:04、その階段を左に折れて大岳山に向かう。Dsc00529_35

←春のにおいがする。

やがて道が凍っているところも少し現れてくる。少しすべり気味だが平らなのでアイゼンはまだつけない。

ホースから水が出ている。その水場を回り込むと水道局の建物と「あずまや」が見えてくる。

9:25、そのあずまやでタイム記入と水分補給で小休止。Dsc00530_35業務連絡:マフィンさんへ、このあずまやでアイゼンはくのがベストだと思います。

←小さな橋を渡るとそこから先は雪がびっしり。踏み固められて凍結している。

9:37、これ以上はアイゼンなしでは無理と判断しアイゼン装着。

ほどよくアイゼンが利いてザクザクと進んでいく。Dsc00531_35

←9:49、芥場峠。

日の当たるところは全く雪がないが、わずかなのでアイゼン装着のまま歩く。Dsc00532_35

←10:00、このあたりがもっとも斜度的にも凍結具合としても緊張するところだろう。一歩一歩アイゼンの利きを確かめながら進む。

大岳山荘が近づいてくる。と、富士山がスッキリと見える。Dsc00533_35

←大岳山荘の向こうに富士山。

10:22、大岳山荘に到着。Dsc00534_35

←テラスで一休みしたかったが立ち入り禁止。Dsc00535_35

←大岳山荘からの富士山、アップ。

テラスの前にポールでバリケードが組んであり、その前の石に腰掛けて水分補給。

立ち上がって歩き出すと小屋の主(小屋番?)とすれ違う。

私「こんにちわー」

主「・・・」

まァ、青梅に住んでる限りここに泊まることはない。

Dsc00536_35

←大岳山神社

ここから一登りで頂上だ。雪は日の当たらないところにだけ残っている。

10:40、大岳山頂上、1266m。

Dsc00537_35 Dsc00539_35 Dsc00540_35 Dsc00541_35 Dsc00542_35

誰もいない。写真を何枚か撮って岩に腰を下ろしおにぎりを食べる。

そのうちに50代後半くらいの夫婦が奥多摩側から現れ、「大岳山荘でお昼にしようか」という会話が耳に入ったので、「テラスは立ち入り禁止になってますよ~」と、声をかける。

11:05、頂上をあとにする。

下りは慎重に。アイゼンの利きを確かめながら一歩一歩。

大岳山荘の少し下で50代男性とすれ違う。Dsc00543_35

←11:55、あずまやに到着。アイゼンをはずそうと足元を見ながらあずまやに入っていくと「こんにちは」と声がかかる。タバコをくゆらせたおばちゃんが・・・少しひるむが気さくなおばちゃんで75歳とのこと。単独だ。五日市の方から登ってまたここからつるつる温泉の方に下りるとのこと。いやいや、お元気だ。

アイゼンをはずし、最後の水分補給。ここからは雪のないところは走って下る。

Dsc00544_35

←土からは春のにおいが・・・

12:23、神社の階段に戻る。

12:38、御嶽山駅到着。Dsc00545_35

12:45発のケーブルで下る。バスと電車を乗り継いで家に帰ったのが14時頃。雲ひとつない空が「まだ山にいたかったなー」と思わせるのでした。

クリックしてくださると、「今日は静かな大岳山でした。」も喜びます。→人気blogランキングへ

|

« 大岳山頂からです。 | トップページ | 週刊 日本百名山 第6号 »

コメント

おつかれさま。私も大岳さんはすきな山です。
ロス疑惑激似の男の人にずーーーっと付きまとわれた思い出があるおやま。
最近のニュースであの方を思い出す今日この頃。

で、たけぱぱちゃんのレポ。
うーん、リンクしてますねぇ。


今日は大島からも相模湾&伊豆半島越しにようけ見えてました。

日本一の山ですね。
どこかの山に登って、まず、富士山探して、
喜ぶもんね。

富士山って、やまやさんの
マドンナですね。

投稿: 熊おしゃベル(上ミノ) | 2008年2月28日 (木) 21時38分

とても参考になりました!
ありがとうございます。
スタートは御嶽駅からケーブルカー、今回のルートです。
下りは鋸尾根を奥多摩駅まで歩くつもりですが、厳しいでしょうか。。。
状況によっては来た道をもどったり、つるつる温泉へ下ったり。
臨機応変に挑んできます!

投稿: マフィン | 2008年2月28日 (木) 22時36分

それにしても富士山きれいだね。
すごく近くに見えるよ。
雪はそれ程でもなかったみたいだねE:sign03]

投稿: H隊員 | 2008年2月28日 (木) 23時20分

昨日は風と雪【吹雪とも言います】でスキーを中止しました。
今日はしごとしながら外を見てました。なんでぇ!
すばらしい天候ですね。
富士山もきれ~~い。
たけぱぱさんは晴れ男ですか。

投稿: ダウみっちゃん | 2008年2月29日 (金) 00時21分

富士山とっても近くに見えて素晴らしいですね!!
雲ひとつない空、まだ山にいたかったですねlovely

投稿: はっしー | 2008年2月29日 (金) 13時20分

登山道にけっこうな雪がついているんですねsweat01
大岳山のことを今までよく知らなかったので、しっかり調べましたshine
暖かくなったらぜひ歩きに行きたいです♪

静岡から見える富士山は雪が中腹ぐらいまで
だけど、そちら側から見える富士山は下まで
しっかり雪が積もってますねーsnow

投稿: たら | 2008年3月 1日 (土) 13時18分

上ミノさん、
大岳山は私のトレーニングの場であり、富士山を見に行く展望台でもあります。
そういえば、三浦○義さんに似た男の話してましたねぇー。
無事でよござんした。

そっかー、大島からも富士山はバッチリ見えるんだね。
今は携帯やPCで連絡とりあえるから島に行っても大丈夫ですよね。

上ミノさんはわれらが「チーム百迷山」のマドンナですな。

投稿: たけぱぱ | 2008年3月 8日 (土) 14時25分

マフィンさん、
参考にしていただけました?
雪の状況が気になるところだったと思うのでタイムリーだったでしょ(自画自賛)。
下りは鋸尾根の方には行かなかったようですね。
登りはまだしもこの時期は雪が付いていて急な下りなので疲れちゃいますから正解でしたね。
まえまえさん、ひまわりさんにもよろしくお伝えくださいね。

投稿: たけぱぱ | 2008年3月 9日 (日) 10時16分

H隊員、
登山道まで見えるというのは空気が澄んでるこの時期ならではだね。
ズームでかなり寄ってるけどね。
雪は平年より多いけどたいしたことないよー。

投稿: たけぱぱ | 2008年3月 9日 (日) 13時38分

ダウみっちゃん、
この日は山を下りるのがもったいないくらいの快晴でしたね。
私は晴れ男でも雨男でもないようですが、友人Hな隊員は自他ともに認める雨男です。

投稿: たけぱぱ | 2008年3月 9日 (日) 13時46分

はっしーさん、
いつもブログ応援ありがとうございます。
こういう日はゆっくり尾根歩きしたいですねー。
一人だとついつい急いでしまうんですよね。

投稿: たけぱぱ | 2008年3月 9日 (日) 13時54分

たらちゃん、
大岳山は今年すでに三回目。
まだ何度も登ると思いますので、よかったら私のブログも参考にしてくださいませ。
静岡側は南でこちらから見える富士山は北ですもんね。
私は富士山に二回登りましたが、二回とも清水にいるときに富士宮口から登りましたよ。

投稿: たけぱぱ | 2008年3月 9日 (日) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/10813659

この記事へのトラックバック一覧です: 大岳山。今年三回目。:

« 大岳山頂からです。 | トップページ | 週刊 日本百名山 第6号 »