« G.W.は仕事の山! | トップページ | 週刊 日本百名山 第15号 »

2008年5月 6日 (火)

週刊 日本百名山 第14号

14_2 ←最新版 日本百名山 第14号 鳳凰山 塩見岳

●鳳凰山・・・1988年5月H副隊長(花坂)と。穴山駅まで青木鉱泉のバスが迎えに来る。ドンドコ沢を登り、鳳凰小屋に泊まる。翌日地蔵岳のオベリスクを見たときには正直ビックラこいた。観音岳・薬師岳とたどっていくと谷をへだてて白根三山が白い姿を見せている。「よ~し、あそこへいつか行こうぜ!」 夜叉神峠から下りる。

●塩見岳・・・2007年7月H隊員(佐野在住)と。2982158_314635149

百名山の99番目の山となった。

詳しくはコチラを>>

人気blogランキングへ

|

« G.W.は仕事の山! | トップページ | 週刊 日本百名山 第15号 »

コメント

たけブヒ太郎は「百名山完登」の1座目が15歳(間違っていたらゴメンちゃい)で、10・20・30・40代と山に登頂されましたが、一番たくさん登った世代はいつ頃ですか?
鳳凰山地蔵岳のオベリスクを見たときはビックラこいたhappy01ようですが、オベリスクって何ですか?

投稿: はっしーブヒ太郎 | 2008年5月 6日 (火) 20時46分

こんな笑顔出しちゃうと~~~ほれられちゃうぞ~~

投稿: ASAKO | 2008年5月 6日 (火) 22時33分

あれれぇ、今のたけぱぱさんだぁ
そうだ、このころ、たけぱぱさんを知ったのでした。
ブログみて塩見に行きたいよ~~って思ったものでした。
鳳凰三山も塩見もまだです。
はやめに いきたいなぁ

投稿: だうみっちゃん | 2008年5月 6日 (火) 22時51分

99番目・・・あと1つを目前に最高の笑顔なのでしょうか?
でも、半袖&短パン姿でこの標高・・・寒くないのですか?
私には未知の世界ですぅ。

投稿: まりん | 2008年5月 6日 (火) 23時35分

私も去年鳳凰三山を計画していたのですが、スーパー林道閉鎖で断念しました。
また来年以降ですね。
青春18きっぷで行きたいから。(単なるケチ)

投稿: お〜!やま〜! | 2008年5月 7日 (水) 00時29分

はっしーブヒ太郎、
いつもブログ応援ありがとうございます。
最初に登った百名山が羊蹄山。おっしゃる通り15歳の時です。
一番沢山登ったのは1988年。20代最後の年歳です。
地蔵岳のてっぺんに宗教的雰囲気を漂わせた岩が立っています。それがオベリスクです。

投稿: たけぱぱ | 2008年5月 7日 (水) 11時41分

ASAKOさん、
一体誰にやねん?

投稿: たけぱぱ | 2008年5月 7日 (水) 11時44分

だうみっちゃん、
今に比べて昔は細かったねぇ。
この写真の頃は今より4キロくらい太っていたかも。社員食堂があって、ご飯を沢山食べてたし、残業続きで夜も会社の近くでラーメン食べてたし。
で、鳳凰と塩見はいつ行きましょうか?

投稿: たけぱぱ | 2008年5月 7日 (水) 12時17分

お互いヒゲが汚いねえ~
電気髭剃り使えなかったからなあ~E:coldsweats02]

投稿: H隊員 | 2008年5月 7日 (水) 20時26分

雑誌『明星』の表紙?
笑顔がステキです!
Hさま、キティちゃんの彼氏
『ダニエル君』
似てますぅheart02

投稿: まさとしin上ミノ | 2008年5月 7日 (水) 20時59分

まりんさん、
「3000mの高み」にはやはり格別なものがあります。会心の笑みです。
この日は天気がよく、半袖半ズボンでOK牧場でした。もちろんザックには防寒の意味でレインウェアとライトダウンジャケットが入ってますよ。

投稿: たけぱぱ | 2008年5月 8日 (木) 09時30分

お~!やま~!さん、
「ケチ」るのは大事なことです。
18きっぷは庶民の味方。
次回使えるのは7月20日からかな。
信州方面にも行きやすくなりますね。

投稿: たけぱぱ | 2008年5月 8日 (木) 09時34分

H隊員、
山では「ヒゲ面」はしょうがないだろう。
むしろマズイ顔をすこしでもカムフラージュ出来ていいんじゃないかな。
オイラの場合はねっ。

投稿: たけぱぱ | 2008年5月 8日 (木) 09時38分

まさとし、
明星&平凡、買ってたよオイラも。
なんせ「花の中三トリオ」と同じ学年ですからね。
もちろんダニエル君も。

投稿: たけぱぱ | 2008年5月 8日 (木) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/20794645

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊 日本百名山 第14号:

« G.W.は仕事の山! | トップページ | 週刊 日本百名山 第15号 »