« 日光白根山(速報その1) | トップページ | 週刊 日本百名山 第19号 »

2008年6月16日 (月)

天城山(本編)

ここんところレポため過ぎのたけぱぱです。

なんだか(私にしては)あわただしい日々です。

一気に天城・霧島・日光白根・屋久島を片付けたい気分です。

仕事しなくても食っていける身分だったらブログ書きまくるのに・・・

いいえ、きっと山小屋で暮らすか屋久島に永住するかのどちらかでしょう。

てなわけで天城山の本レポ行ってみよう。

==============================================================

2008年5月23日(金)、お~やま~女史(以降女史)とnotokakiさん(以降カキさん)は「ムーンライトながら」の折り返しである5:20東京駅発の静岡行き321Mに乗って熱海へ向かう。

私は青梅4:35発の始発電車で立川へ。八王子、新横浜で乗り換えて東海道新幹線で熱海へ向かう。

お二人と同じ321Mに乗りたい。「ムーンライトながら」およびその折り返しは特急仕様のJR東海373系なのだ。

しかし、青梅から朝行ったのでは乗れない。横浜あたりのサウナに泊まることも考えたが、それならば新幹線の方が出費は抑えられる。

そういうわけでやむなく新横浜からこだま531号に乗る。新横浜6:50→熱海着7:15。この区間は在来線ならば早川~根府川あたりで胸がすくような海の眺めが得られるだけになんとももったいない。こだま号であっと言う間に熱海着。

熱海を7:23に出る伊東線に女史とカキさんが乗ってるハズである。ホームのキオスクで買い物をしていると女史が電車から出てきてくれた。

電車に乗ってみると初対面のカキさんがいた。

私「たけぱぱです」

カキ「notokakiです」

今回は平日の企画。女史と二人だけで行くわけにはいかないので、カキさんの参加に感謝の意を述べる。

カキさんは今年いっぱいは平日山ノボラーなようなので、何度かまたご一緒する機会がありそうです。

7:45、伊東着。19年ぶりに伊東駅前に降り立つ。駅前はあまり変わってないようだ。おぼろげな記憶ではあるが。Image046_60

←伊東駅

女史は「祇園」のおいなりさんを駅の売店で仕入れている。名前からして相当にうまそうだ。

8:00伊東発のバスで登山口に向かう。

55分ほどバスに揺られ、「天城高原ゴルフ場」に到着。ゴルフ場行きのバスだが、ほとんどが登山客。ゴルフ場で二人ほどお客さんを下ろすとバスはそのまま駐車場のトイレ前まで進む。駐車場には準備体操をする団体登山客がいた。

トイレを済ませ、靴紐を締めなおし、9:05歩行開始。Dsc01139_40

←登山口にある案内板。地図の左から右に歩いていくわけです。

Dsc01140_40 最初はあまりアップダウンのない道である。

馬酔木・ツツジ。そして一際目を引くのが木肌がツルツルのヒメシャラの木。

ヒメシャラは箱根以西にしかない。もちろん寒いところには存在しないわけで、私が覚えているなかでは屋久島のヒメシャラが一番印象に残っている。

Dsc01141_40

←「まんじろう」と読んでしまいそうだが「ばんじろう」が正解である。

Dsc01142_40

←ツツジも目を引く。

Dsc01143_40

←新緑のトンネルの中を万二郎に向かって進む。Dsc01144_40

←全ての道標がこのように。

Dsc01145_40

←10:00、万二郎岳に到着。晴れてはいるのだが、ここはあまり眺望は得られない。Dsc01146_40

←万二郎で小休止。

10:10、万二郎を出発。

Dsc01147_40 

←新緑の胸のすくような眺め。手前が1325mピーク。奥が万三郎。かすんでいなければ富士・南ア・伊豆の海岸などが見えるハズだが・・・

Dsc01148_40

←すれ違ったオジサンに「イワカガミが咲いてるよ」と教えられ、携帯で撮影するお二人。Dsc01150_40

←ヒメシャラのツルっとした木肌が目を引く。Dsc01151_40

Dsc01152_40 Dsc01153_40

←馬酔木のトンネル。最も天城らしい眺めではないだろうか。

1325mピークを越えて下ったところが石楠立(はなだて)である。Dsc01154_40

Dsc01156_35

←アズマシャクナゲ

ここから少し汗をかいて一登り。10:01、万三郎岳に到着。Dsc01157_40 Dsc01158_40 Dsc01159_40

前回天城に登ったのは1989年3月。19年ぶりの天城山登頂である。

三角点にタッチし、女史・カキさんとガッチリ握手。

さてメシにしよう。

伊豆大島在住の上ミノさん提供「岩ノリ」のスープを作ります。Dsc01160_40 Dsc01161_40

←お湯を入れる前の姿。

お湯を沸かす間に女史の指示により、「祇園」のおいなりさんを撮影。Dsc01162_40 Dsc01163_40

Dsc01164_40

←お湯の入った姿。適度な塩分が汗をかいた体にはこたえられませんな。

カキさんと私はおにぎり、女史はおいなりを食べます。おいなりのおすそ分けにあずかったことは言うまでもありませぬ。

満足したところで記念撮影。Dsc01165_35 Dsc01166_35

11:36、万三郎岳をあとにします。

Dsc01167_40 ←ほとんどの登山者はここからいわゆる「周回コース」に入りゴルフ場に戻るようですが、我々は「縦走コース」に入っていきます。

人が少なくなり、静かな山歩きになります。Dsc01168_40

←11:50、片瀬峠。

このあたりからブナの大木が目立つようになります。Dsc01169_40

Dsc01170_40

←11:59、小岳。Dsc01171_40

Dsc01172_40

←12:20、戸塚峠。 12:40、白田峠、小休止。

080523_12470001

←ヒメシャラに抱きついている怪しいオジサンがいました。冷たくて気持ちいいんですよね。

Dsc01173_40 Dsc01174_40  Dsc01175_40 Dsc01176_40

13:22、八丁池に到着。小休止。ソ○ジョ○など口に放り込みます。

少し道をそれて見晴台に行きます。トイレもありますので。

Dsc01177_40 Dsc01178_40 Dsc01179_35

←見晴台にて。

見晴台を出たのが13:45。ここからの道が長かった。

Dsc01180_40

←14:40、山道はここで終わり。舗装道路をバス停に向かい、歩きます。Dsc01181_40

←ワサビ田がありました。Dsc01182_40 Dsc01183_40

←15:15、「水生地下」バス停に到着。6時間10分の行動時間でした。

30分ほど待つと修善寺行きのバスがやってきました。45分ほどバスに揺られ、修善寺に到着。Image051_60

電車で大仁へ。

大仁で温泉へ。Dsc01184_40

←源泉かけ流しになんと300円で入れます。このあたりに住むのもいいかも。

サッパリしたところで、女史は「酒屋で缶ビールを買って電車で飲みませんか」なんて言ってましたが、無視して電車で三島まで行き、りっちゃん調査団オススメの「むさし」でおいしい魚をいただきながら生ビール、麦焼酎。Image052_70

カキ「わー、焼酎久しぶり」

と言ってボトルをうれしそうに傾けていたのは覚えていますが、途中からの記憶がありません。

気がつくと東京駅の東海道線ホームでした。

(ここはどこ?私は誰?)状態でしたが、なんとか立ち上がり、中央線・青梅線を乗りついで家に帰り着いたのが午前1時。

あぶなく夜中のさすらい人になるところでしたね。

翌日財布を見てみるとあるはずのない1万円札が・・・

(あー、やってもうた・・・)

金を集めておきながら会計をしないで帰ってしまったようです。

その日(5/24)夜、新宿で別なイベント(金時山)の反省会に参加し、女史に払ってもらった1万円あまりの金をお返しいたしました。

クリックしてくださると「カキさん、これに懲りずにまた山にご一緒してくださいませね~」も喜びます。→人気blogランキングへ

|

« 日光白根山(速報その1) | トップページ | 週刊 日本百名山 第19号 »

コメント

私もこの天城の後、尾瀬ケ原だの滝ダッシュ伊豆観光だの日光白根山だので感動しっぱなしですよ。
でもまさか日帰りで縦走できるだなんて思ってませんでした。
石楠花は残念でしたが、ブナや馬酔木、ヒメシャラにパワーをもらいました。
かけ流しの温泉も良かったし、りっっちゃんおすすめのむさしも良かったしこれはもう大人の遠足でしょう!
これからも宜しくheart02衆です。

投稿: お〜!やま〜! | 2008年6月16日 (月) 18時10分

あーーん!
行きタイーーーー!!

投稿: まさとし@上ミノ | 2008年6月16日 (月) 20時26分

はじめてたけぱぱさんとおーやまさんにお会いできて感動、天城縦走して感動、お風呂に感動、そしてうんめえ料理に感動!
またよろしくお願いします。

投稿: | 2008年6月16日 (月) 23時32分

ところであの怪しいオヤジって誰でしょう?

投稿: お〜!やま〜! | 2008年6月16日 (月) 23時46分

天候にも恵まれて本当に素晴らしい景色や、

仲間の人たちと一緒に心地よい時間が過ごせて良かったですね。(。・_・。)ノ

体を動かした後自然の景色を見ながらの食事はまた格別かと思います。

標高の高い所では沸点が下がるので飯ごうなどは何だか、
根っこ飯になるとか聞いたことが有りますが、

これからも素敵な山登りを続けてくださいね。

今は新緑が素晴らしい季節ですから、

自然のたくましいエネルギーを体いっぱいに溜め込んで来て下さい。

またお邪魔します。v(。-_-。)vブイッ♪

投稿: happy_time | 2008年6月17日 (火) 02時32分

たけぱぱ、前科○犯?
お~!やま~!女史
いつもご迷惑のかけっぱなしですまないですね~sweat01

投稿: H隊員 | 2008年6月18日 (水) 21時20分

H隊員様〜heart02
金持ち逃げよりも自宅に無事に帰れたかどうかの方が心配でしたよ。
本当にどう帰ったのでしょう?
非常に謎です。

投稿: お〜!やま〜! | 2008年6月20日 (金) 01時23分

お〜!やま〜!さん、
平日組は平日組でがんばりましょうね。
昨日は上ミノを囲む会の幹事お疲れ様でした。
伊豆ヶ岳はお流れになり、残念でした。
次は金峰ですね。
よろしく哀愁!

投稿: たけぱぱ | 2008年6月24日 (火) 14時37分

上ミノさん、
まさとし、昨日はお疲れ様。
なんとか家にたどり着きましたよ。
7月の大島上陸は難しくなりましたが、またお山でご一緒するべ。
よろしく哀愁!

投稿: たけぱぱ | 2008年6月24日 (火) 14時41分

カキさん、
楽しかったですな~。
天城縦走路は自然がたっぷり残っていることが今回わかりましたね。
また行きたいと思います。
いい温泉もあるし、「むさし」もまた行きたいっす。
今度は金峰ですね。
よろしく哀愁!

投稿: たけぱぱ | 2008年6月24日 (火) 14時43分

HAPPY_ TIMEさん、
コメントありがとうございます。
新緑の山歩きは楽しいです。
そして楽しい仲間に恵まれ、最高の山行でした。
山で食べるものはほとんど「何でもウマイ」のですが、お~やま~女史手作りのスープが格別でした。
そろそろ気温も高くなり、少し高い山が私を呼んでいるような気がいたします。
これからも仲間との山登りを続けていきます。
応援、よろしくお願いいたします。
V(ブイ)!

投稿: たけぱぱ | 2008年6月24日 (火) 14時45分

H隊員、
酒はほどほどにしないと、どこでどう皆様にメイワクをかけたのか・・・
覚えていないから「余計にコワイ」んだよね。
お~やま~女史には頭が上がりません。
家でも会社でも山でも頭下げてばっかりだ~。

投稿: たけぱぱ | 2008年6月24日 (火) 17時21分

お〜!やま〜!さん、
三島の駅できっぷを買った記憶はかすかにあるんですよ。
そのあとは全く記憶にないです。
フト気がつくと、東海道線の東京駅ホームでした。
酒はほどほどにしないといけませんな。
ホントにスンマセンでした~。

投稿: たけぱぱ | 2008年6月24日 (火) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/21590252

この記事へのトラックバック一覧です: 天城山(本編):

« 日光白根山(速報その1) | トップページ | 週刊 日本百名山 第19号 »