« チーム百迷山、霧島来襲!二日目 | トップページ | 御嶽駅~日の出山~金毘羅尾根 »

2008年6月26日 (木)

週刊 日本百名山 第20号

20_2最新版 日本百名山 第20号 雨飾山 高妻山

梅雨ですねー。山に行けませんねー。

ちょっとくらいの雨なら出かけましょうねー。

●雨飾山・・・1988年6月、H副隊長と登った。急行「アルプス」で南小谷まで。ディーゼルに乗り換えて中土へ。バスで小谷温泉へ。温泉を横目に見ながら登山開始。ミズバショウ咲く大海川沿いを歩く。登っては下る変化のあるコースだった。樹林帯・中腹には雪がビッシリ残っていたが、ステップを切って登ってゆく。頂上付近には雪はなく、初夏のさわやかな空気の中、登頂を喜び合う。天気はよかったがややかすんでいて日本海までは見えなかった。雨飾温泉に下り、そこで一泊。翌日は田んぼの中をブラブラと駅まで歩いた。また行きたい山のひとつだ。

●高妻山・・・2006年8月。単独。日帰り。高速登山を目指したが、頂上手前の急登でバテ気味。下りは多少走ったが。くわしくはコチラを>>

人気blogランキングへ

|

« チーム百迷山、霧島来襲!二日目 | トップページ | 御嶽駅~日の出山~金毘羅尾根 »

コメント

こんにちは(✿ฺ´∀`✿ฺ)ノ
去年10月に 登りました。
紅葉の季節、 笹平の下は。。。。。。すれ違い出来ないくらいの、雨飾銀座通りでした。!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

投稿: 陽 | 2008年6月26日 (木) 12時58分

オイラもこれ見て、いつどうやって登ろうか作戦考えてるよsign01

投稿: H隊員 | 2008年6月26日 (木) 21時14分

雨飾、雨飾温泉から山田旅館まで縦走しましたよ。
どちらに入ってもいい温泉でおいしい食事でした。
山頂のお花をいっぱい撮ってたら置いて行かれました。sad

投稿: お〜!やま〜! | 2008年6月27日 (金) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/21897743

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊 日本百名山 第20号:

« チーム百迷山、霧島来襲!二日目 | トップページ | 御嶽駅~日の出山~金毘羅尾根 »