« 夢咲姫タイム | トップページ | 週刊 日本百名山 第24号 »

2008年7月 3日 (木)

週刊 日本百名山 第23号

23 最新版 日本百名山 第23号 谷川岳 苗場山

●谷川岳・・・1980年6月、友人A君と。「土樽山の家」に一泊して翌朝から登った。「一ノ倉岳」「ノゾキ」などの地点では道標を見て「ここがそうなんだ~」と感心することしきりなのだった。百名山もまだ12座目だった。  87年8月、二回目の登頂はH副隊長と夜行日帰り。土合から登り、土樽に下る。  2007年10月、20年ぶりに登る。紅葉真っ盛り。単独。くわしくはコチラを>>

●苗場山・・・2005年8月、H副隊長・H隊員と。越後湯沢駅に「ぽんぽこ登山隊」三人が集合。H隊員は車で佐野から、H副隊長は草津白根・日光白根に登って前日は湯沢の民宿にとまったそうである。私は青梅からだが寝坊して遅刻してしまった。H隊員号で長野県側の小赤沢に行きそちらから登る。登りは蒸し暑いが、頂上付近に出ると山の上とは思えない高層湿原が広がる。風もさわやか、気分がいい。Dscf0704_40 Dscf0705_40 Dscf0703_40

「ここが?」というようなところに頂上の標識がある。前日8月21日がH隊員の誕生日である。お茶のペットで乾杯し「HAPPY BIRTHDAY」を唄う。下りも同じ道をとる。少し雨に降られた。温泉に入って汗を流す。H隊員には申し訳ないが副隊長と隊長は生ビールをいただく。ンメーのなんの。Dscf0706_40

人気blogランキングへ

|

« 夢咲姫タイム | トップページ | 週刊 日本百名山 第24号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/22043042

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊 日本百名山 第23号:

« 夢咲姫タイム | トップページ | 週刊 日本百名山 第24号 »