« 八ヶ岳(赤岳)速報。 | トップページ | 大岳山(速報) »

2008年8月 5日 (火)

木曽駒ヶ岳。(本編)

2008年7月29日(火)、木曽駒ヶ岳に夜行日帰りで行ってきました。

メンバーはお~!やま~!女史(以降女史)・みほさん・まっするさん・私の4名。

26~28日の3日間、家族で尾瀬に行き、PM10時すぎに青梅の我が家に帰宅。まずカメラと携帯の充電。ザブンと風呂に入り仕度をして28日PM11:42青梅発の電車に乗ります。

立川で「ムーンライト信州81号」(以降ML信州)に乗ります。29日0:29立川発。

ML信州の窓からこちらの姿を確認して女史が手を振ってくれました。女性陣3名は新宿から乗車。ML信州は全車指定席です。

ビールを飲みたいところですがグッと我慢。

目をつぶります。

少し眠ったようです。

岡谷に着く少し前に女史から「起きてるか?」メール。

岡谷4時着。ホーム待合室で仮眠する前に改札を一旦出て、コンビニで買い物。

さて、待合室に戻ってベンチに横になり仮眠タイムです。次に乗る電車は岡谷6:46発です。

女性陣3名は顔にタオルやアイマスクをかけて眠ったようですが私は一睡も出来ず・・・待合室には木曽駒に行きそうな女性二人と座ったままで眠る男性一人。

そのうちまわりも明るくなり、待合室の外は電車を待つ人たちが増えてきます。

顔を洗い、用事を済ませ、電車が来るのを待ちます。

Dsc02254_40Dsc02255_40 

←6:46発の電車。天竜峡行きです。

電車の中では朝ごはんのオニギリを食べたり、直前に行った山行の話、この先の山行の予定の話など。

Dsc02256_40

←8:07駒ヶ根着。学生時代、ここ駒ヶ根で2回合宿(バドミントン)をやったことがあり、私には非常に思い出のある懐かしい駅です。そういえば岡谷でも合宿やりましたな。

8:30のバスに乗り、「しらび平」に向かいます。

Dsc02257_40

←しらび平到着。

この時期、土日はこのあたり大変な人出なのですが、今日は平日。少しだけ並んで9:30発のロープウェイに乗れました。Dsc02258_40

7分半で標高2612m「日本最高所駅」千畳敷駅に到着。Dsc02259_40

Dsc02260_40 Dsc02261_40 頂上付近は少しガスっているようです。

←まず千畳敷カール・宝剣岳をバックに記念撮影。

「平日~、マッスル、マッスル!」の掛け声一発、9:49に歩行開始。Dsc02262_40

←駒ケ岳神社にお参りしていく人もいます。

Dsc02263_40

←さっそくチングルマのお出迎え。つい最近まで雪があったんでしょうね。ピンクのイワカガミも見えています。

Dsc02264_40

←クロユリDsc02265_40

←クロユリを撮る女性陣。後ろに千畳敷駅が見えています。ほとんど歩かずにこういう花が見られるのですから、土日は混むのも致し方ないと思われます。

Dsc02266_40

←オオヒョウタンボク。「○○指導員」と書いた腕章のおば様に名前を教わりました。

Dsc02267_40

←アオノツガザクラ

Dsc02268_40

←黄色い花はキバナノコマノツメ

Dsc02269_40

花が咲き乱れており、なかなか前に進みません。

昨年も同じ時期に来ましたが、今年の方が雪は少ないようです。昨年の状況はコチラを>>>

Dsc02270_40

←ショウジョウバカマDsc02271_40

←千畳敷カールを見下ろす。

Dsc02272_40

←ハクサンイチゲDsc02273_40

←お花畑に見とれる女性陣3名。

Dsc02274_40

←黄色い花はシナノキンバイ

Dsc02275_40 Dsc02276_40 Dsc02277_40

←イワカガミ

Dsc02278_40

←ヨツバシオガマ

Dsc02279_40

←ウサギギクDsc02280_40

←チシマギキョウ

Dsc02281_40 Dsc02282_40

←10:35、乗越浄土に到着。小休止。Dsc02283_40

10:45、乗越浄土発。

Dsc02284_40

←稜線にコマクサが咲いています。

Dsc02285_40

←コマクサを撮影する女史。

Dsc02286_40

Dsc02287_40

←標高2925mの中岳。

Dsc02288_40

←ガスったり晴れたりです。

Dsc02289_40 一旦、駒ケ岳頂上山荘に下ってからいよいよ木曽駒の頂上に向かいます。Dsc02290_40 Dsc02291_40

11:28、木曽駒ヶ岳頂上2956mに到着です。

Dsc02293_40 Dsc02294_40

Dsc02292_40

←風をよけた場所でお昼にします。

Dsc02295_40

←イワツメクサDsc02298_40

←最近お気に入りのポーズです。

12:00、木曽駒の頂上をあとにします。Dsc02299_40

←登ってきた時よりもガスは薄くなっているようです。

Dsc02300_40

←頂上山荘がハッキリ見えてきました。

Dsc02301_40

←ミヤマダイコンソウ

Dsc02302_40

←コケモモ

駒ヶ根からのバスで一緒だったおば様が「こっちに行くとウスユキソウが群生してるわよ」というので少し歩いて見に行きました。

Dsc02303_40

←コマウスユキソウ。木曽駒の特産です。Dsc02305_40

Dsc02304_40

←オヤマノエンドウ

Dsc02306_40

←チシマギキョウとイワツメクサDsc02307_40

←ミヤマアキノキリンソウ

Dsc02308_40

←タカネツメクサ

Dsc02309_40

←一瞬ガスが晴れ、宝剣の頂上が姿を現しました。

12:47、小屋の脇に荷物をデポし、カメラと貴重品だけ持って宝剣岳に向かいます。

Dsc02310_40 Dsc02311_40

←乗越浄土。青い屋根が宝剣山荘。赤い屋根天狗荘。

Dsc02313_40 緊張を強いられる岩場を通過。鎖場では一人づつゆっくりと。

←13:03、宝剣岳頂上に到着。Dsc02312_40

←千畳敷カールを見下ろします。

スパっと切れ落ちた眺めや岩場鎖場を通過しての皆さんの感想は、

「ここまで来てよかったです」

13:10、宝剣岳頂上をあとにします。

Dsc02314_40 下りの方がコワイものです。

だからゆっくりと鎖場を通過します。Dsc02315_40

←後ろのお二人、余裕ありすぎです。

Dsc02316_40

←宝剣を征服し、「ヤッターマン」ポーズ。

13:24、荷物をデポしてあったところに戻ります。

さあ、下りよう。ザックを背負って八丁坂を下ります。Dsc02317_40

←宝剣岳

Dsc02318_40

←駒ヶ根市街も見えています。

Dsc02319_40 Dsc02320_40 Dsc02321_40 Dsc02322_40

←お花畑は見飽きません。

14:04、千畳敷駅着。

「平日~、マッスル、マッスル!」で締めます。

20分ほど並んで、14:40の下りロープウェイに乗ります。

しらび平ではバスがすぐに発車。

駒ヶ根駅前に到着し、まずやることはビールの調達。目ざとい女史が酒屋をバスの中から見つけていたようです。

Dsc02323_40

←飯田線車内でまず乾杯!

岡谷で乗り換えて、さらに二駅移動、上諏訪で降ります。

上諏訪駅の改札を出て跨線橋を渡り、「ほぼ諏訪湖畔」というところまで歩き、片倉館に入ります。Dsc02325_40 Dsc02328_40 Dsc02329_40

ここ「片倉館」は立って入る湯船がいいですね。

温泉に入り、また喉が渇いたし、お腹もへったね。

ということで蕎麦屋に入り、冷たい蕎麦を食べながら生ビール。プハー、生きててよかった~

上諏訪駅で10分ほど時間あり。

「足湯」に入りました。

Dsc02330_40 Dsc02331_40 Dsc02332_40

18きっぷで帰るわけですが、甲府~大月はあずさワープしました。立川で皆と握手して別れるまで女史と私は「真澄」などちびりちびりと・・・

このイベントのタイトルは「18きっぷで行く3000mの夏休み」。

わずかに3000mに届かないんだけどね。

人気blogランキングへ

|

« 八ヶ岳(赤岳)速報。 | トップページ | 大岳山(速報) »

コメント

ご一家の方々の冷たい視線を浴びながら参加して下さいまして本当に有り難うございました。
おかげでまたまた沢山のお花に出会え、宝剣岳の岩場も楽しく通過することが出来ました。
片倉館のお風呂も良かったです〜。
たけぱぱさんってガイドのような案内がサクサクッとできるところが凄いですよね。
また、宜しくheart04衆です〜。

投稿: お〜!やま〜! | 2008年8月 5日 (火) 06時28分

平日ノボラーデビューの記念すべき一日、色々お世話になりました。ありがとうございました。
宝剣のスリリングな岩場、くせになりそうです♪そういえば、あそこで撮った私の写真に亡霊が写りこんでいました!!きゃ~~~!!
あとでデータお送りします☆
またよろしくお願いします。

投稿: みほ | 2008年8月 5日 (火) 10時30分

まあ~連日お疲れ山だね。
見覚えのある景色で、懐かしかったよ。
それにしても花がいっぱい。よかったね。
平日だったからロープウェイも混まなくてよかったねhappy01

投稿: H隊員 | 2008年8月 5日 (火) 23時43分

お花がいっぱいですねーっ。
こっちの山は全然咲いていませーん。
(ひとつふたつくらいは見つけられるけど)
クロユリは生きてるうちに必ず逢いに行きたい花でーす。

投稿: らいず | 2008年8月 6日 (水) 23時34分

楽しそうですね
こちらも跡を追うように行きましたが
木曽駒ヶ岳良い所ですね
来年も行きたいですね

投稿: 元さん | 2008年8月 9日 (土) 08時16分

お〜!やま〜!さん、
女史、「一家の方々の冷たい視線を浴びながら参加」っていうフレーズはどこから来たのでしょうか。
たけぱぱ家は皆あたたかく送り出してくれましたよ。少なくとも表向きは。
木曽駒も上諏訪も何度か行ってますからね。
冬は高い山に行けませんから低山&温泉ツアーなど企画して、またガイドさんやらしてもらいますわ。

投稿: たけぱぱ | 2008年8月 9日 (土) 11時48分

みほさん、
岡谷のホーム待合室でしっかり眠る姿には「旅慣れた文学少女」というキャプションが浮かびましたよ。
宝剣岳の岩場は楽しかったっすね。みほさん、余裕ありそうでしたもんね。
木曽駒じゃあ「静かな平日」とはいきませんが、土日の凄さを分かっていただければまた話は違うと思います。
また平日にもご参加下さいませ。

亡霊データよろしく哀愁!

投稿: たけぱぱ | 2008年8月 9日 (土) 20時13分

拝見しました!

写真使いが上手で私のブログとは大違い・・・

登山の道中がしっかりと思い出される内容でした!
皆さんといけて楽しかったので、また皆さんと一緒にいきたいですね~

しっかし、鎖場の自分へっぴり腰でお間抜けだぁ~
お~!やま~!さんもみほさんもあんな余裕なのにぃ(涙)

投稿: まっする | 2008年8月10日 (日) 01時30分

H隊員、
今ごろは荒川三山から赤石に向かっているくらいだろうか。
オイラも行きたかったよー。
楽しんできてくれー。
今年も木曽駒は花がいっぱい咲いてたよ、うんうん。

投稿: たけぱぱ | 2008年8月10日 (日) 09時49分

らいずさん、
いつ来る?
今年?来年?
早く来ないとクロユリなくなっちゃうよ。

投稿: たけぱぱ | 2008年8月10日 (日) 09時50分

元さん、
確かに平日は「いい所」です。
土日はちょっと・・・
スカート姿の人も乗越浄土あたりまで来てたのにはビックリ栗饅頭でした!
オイラもまた来年も行きたいです。

投稿: たけぱぱ | 2008年8月10日 (日) 09時52分

まっするさん、
お花がたくさん咲いていて、宝剣の岩場も楽しくて、温泉も良くて最高の日帰り旅でしたね。
「へっぴり腰」は回数を重ねれば大丈夫ですよ。
それにしてもあとのお二人のお嬢様方は余裕ありすぎですね。

投稿: たけぱぱ | 2008年8月10日 (日) 09時55分

たけぱぱさん、こんにちは。
僕も先週水曜日に一人で木曽駒行ってきましたよ~。雷がバリバリで怖かったです。
たけぱぱさんはいつも楽しい仲間と一緒えで良いですね~。
僕は中ア縦走だったので昨日帰ってきました。本日は片付け日で夏休みもおしまい。

投稿: じゅん | 2008年8月11日 (月) 11時54分

じゅんさん、
ヤブコギから始まる相当キツイ縦走だったようですね。
40代・50代は皆「じゅんさんの若い肉体が欲しい」って言ってます。でもモーホーなわけじゃないですからね。
百名山も全部登ったので、仲間とワイワイ登る山の方を追求しようと思います。

投稿: たけぱぱ | 2008年8月13日 (水) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/22768754

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽駒ヶ岳。(本編):

« 八ヶ岳(赤岳)速報。 | トップページ | 大岳山(速報) »