« 高水~岩茸石~黒山~棒ノ嶺~さわらびの湯(速報)。 | トップページ | もうすぐ20万ヒット。 »

2008年11月20日 (木)

丹沢表尾根縦走(本編)。

たびままと御前山に行った日に「もえぎの湯」でアッラーさん・金魚っちさんにバッタリした話は前に書きました。コチラを>>

そこでの話で「11月13日に丹沢表尾根縦走に一緒に行きましょう」ということになりました。

このコースは何度も歩いていますが今回は4年振りです。601n0003

←04年11月

===========================================================

2008年11月13日(木)、4:55起床。

おにぎりを3個持ち、駅前のコンビニでお茶を1本買って、青梅発6:10の電車に乗ります。青梅線からも雪をかぶった富士山が見えています。

拝島駅で八高線に乗り換えます。拝島駅からも富士山が見えます。快晴です。山仲間からも「家から富士山が見えるよ。いい山行になりそうだね」との連絡が入ります。

八高線で八王子まで。横浜線に乗り換えます。町田で小田急線に乗り換えます。小田急は相変わらず混んでいて立ったまま秦野まで行きます。

秦野8:10到着。

北口のバス停に行くとヤビツ峠行きの列にすでにアッラーさん・金魚っちさんが並んでいました。

私「おはようございます。今日はいい天気っすね」

アッラー「ドッキドキですよ。よろしくお願いします」

ヤビツ峠行きのバスはほとんどの乗客が山姿だが、地元の高校生や通勤客も乗っている。ギッシリと乗客を乗せて8:20発車。我々3人も立ったまま。

立って乗るのは覚悟していたが私のすぐ前に立っているオヤジのザックが邪魔くさい。「バスの中ではザックを下ろせよ」と注意してやろうと思ったが山登りの前に気分が悪くなるのでやめておきました。

用務客が降りて少しすいてくると、ザックオヤジがあっちこっちを向いてその度にザックが私の肩に当たります。3人組みノオヤジが3人トモザックを背負ったままです。

(こういうオヤジにだけはなりたくないもんだね)

と思うだけにとどめておきます。

バスはグングン高度を稼ぎ、9時少し前にヤビツ峠に到着。

3人で静かに「平日~、マッスル、マッスル!」をやって、9:05歩行開始です。

最初はアスファルト道を歩きます。

Dsc03887_40 Dsc03888_40

←9:24、富士見山荘。

Dsc03889_40

Dsc03890_40

←ここから山道歩き開始です。

私・金魚っち・アッラーの順で歩いていきます。

Dsc03891_40

←黄葉が青い空に映えます。

Dsc03892_40

←大山。どこからみてもいい形。

Dsc03893_40

←うっすらと江ノ島が見える。

Dsc03894_40

←大山がだんだんせりあがってくる。

Dsc03895_40 Dsc03896_40

10:21、二ノ塔に到着。

Dsc03897_40

←期待通りの富士山が見えた。

Dsc03898_40

←二ノ塔からアップで。

Dsc03899_40 Dsc03900_40

←こんなにバッチリ富士山を見れれば元気が出るものです。

Dsc03901_40

三ノ塔に向かいます。

Dsc03902_40

10:45、三ノ塔。

Dsc03903_40

Dsc03904_40

←この二人は笑顔がいいですね。

Dsc03905_40

←三ノ塔からの富士。

Dsc03906_40 Dsc03907_40 Dsc03908_40

三ノ塔から一旦グンと下ります。

Dsc03909_40 Dsc03910_40

Dsc03911_40 Dsc03912_40

Dsc03913_40

←グンと下る。

Dsc03914_40

←烏尾に向かって登り返す。

Dsc03915_40

←11:12、烏尾山。

Dsc03916_40

←朝飯を食べるのを忘れていた。富士を見ながらおにぎりを一個頬張る。ウマイなァ。

Dsc03917_35

←紅葉も富士山もバッチリ。今日は文句なしの登山日和。

Dsc03918_40

←11:40、行者岳。

Dsc03919_40

←行者岳の下の鎖場。Dsc03920_40

Dsc03921_40

←ヤセ尾根にはこのように木道がつけられている。

Dsc03922_40

←道端にリンドウが咲いていた。

Dsc03923_40

←新大日の頭に向かって登っていく。

Dsc03924_40

←今日はどこを見ても眺めがよい。右が三ノ塔、左が大山。

Dsc03925_40

←12:05、カイサク小屋Dsc03926_40

←主のいない小屋は荒れ放題である。

Dsc03927_40

←12:22、新大日の頭。

Dsc03928_40

Dsc03929_40

Dsc03930_40

←12:33、木ノ又小屋。

私「塔ノ岳、見えてるじゃん、すぐだよ」

金魚っち「さっきからたけぱぱさん、スグスグっていいますけど、たけぱぱさんのスグは私にとってスグじゃないですから」

私「はい、すみません」

13:00、塔ノ岳頂上に到着。

Dsc03931_40 Dsc03932_40

←塔ノ岳山頂からの富士。富士の右側に南アルプスの山並み。甲斐駒や白根三山などはハッキリ確認できた。

Dsc03934_40 Dsc03935_40

←金魚っちさんは「ティカータスポーズ」だ。

Dsc03936_40 Dsc03937_40

←三脚で記念撮影。

Dsc03938_40

←画面真中の山が丹沢の最高峰蛭ヶ岳。Dsc03939_40

←富士を眺めながらのお昼は最高だ。南アも見えているし。バックに尊仏山荘 。

Dsc03940_40

←お昼ご飯を食べていると雄鹿が現れた。

Dsc03943_40

←大山と関東平野。

Dsc03944_40

←雄鹿がもう一頭現れた。

13:58、下りるのがもったいないほどの好天だが、アッラー曰く「ウッシッシ」が待っているので塔ノ岳山頂をあとにする。

Dsc03945_40

←下り始めてすぐ、今度は雌鹿の姿が。

Dsc03946_40

←今日はホントによく富士山を見ることができました。

Dsc03947_40

←14:20、花立山荘。

Dsc03948_40 Dsc03949_40

←ほとんど雲のない青空。天を見上げると「蒼穹」という言葉が浮かぶ。

Dsc03950_40

←14:50、堀山の家。小休止。

Dsc03951_40

←今日はこの稜線をたどってきたんだ。

Dsc03952_40

←15:15、駒止茶屋。

Dsc03953_40

←このあたりはこれから紅葉するのでしょう。まだまだ楽しめそうです。

Dsc03954_40

Dsc03955_40

←15:42、見晴茶屋。

Dsc03956_40

←懐かしいスプライトの看板。

Dsc03957_40

←16:12、大倉尾根の歩き終了。

バス停まで急ぎます。

16:19、大倉バス停に到着。アッラーさんは酒屋に入って行き、缶ビールを3本ぶら下げてうれしそうに戻って来ました。

16:22、渋沢行きのバスが発車すると同時に缶ビールをあけ、バスの座席で乾杯。マイウーです。

渋沢から小田急電車で伊勢原に移動。

伊勢原駅近くの「やきとり司」で今日の反省会です。

Dsc03958_40

道路に向かってオヤジさん(若いけど)が焼鳥を焼いています。その後ろにカウンターもあるようですが我々は折りたたみのテーブルとイスを出してそこで反省会の開始です。

Dsc03959_40

←元もと「アウトドア」が好きなのですからこのシチュエーションはたまらないものがあります。

Dsc03960_40

←居酒屋の焼鳥とは全く別物のうまさです。

トイレはこの店になく、近くの某店のトイレを借ります。Dsc03961_40

←トイレ帰りに二人の後ろからパチリ。

ビールから高清水にすすみ、いつしか伊勢原の夜は更け行く・・・

どうやって家に帰ったのか全く記憶がありません。

人気blogランキングへ

|

« 高水~岩茸石~黒山~棒ノ嶺~さわらびの湯(速報)。 | トップページ | もうすぐ20万ヒット。 »

コメント

お疲れ山でした。
それにしても富士山がバッチリだったんだね。
こんなに綺麗に見られて最高だねhappy01
たけぱぱ、最近記憶喪失が多いようなので気をつけなよwobbly

投稿: H隊員 | 2008年11月23日 (日) 23時58分

人気の山なんですね~
皆さん 行かれてるようです。

富士山がこんなに大きく綺麗に見えるなら
是非行ってみたいですけど・・・
ちょっと遠いですね~~

主婦が始発に乗るのは 大変です。。。

お天気に恵まれ 良い山行でしたね!

投稿: wish。 | 2008年11月25日 (火) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/25493019

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢表尾根縦走(本編)。:

« 高水~岩茸石~黒山~棒ノ嶺~さわらびの湯(速報)。 | トップページ | もうすぐ20万ヒット。 »