« 九州遠征 第1日目。 | トップページ | 九州遠征 第3日目。英彦山へ。 »

2009年1月27日 (火)

九州遠征 第2日目。由布岳へ。

「九州遠征 第1日目。」から続く>>

2009年1月15日(木)、由布院駅すぐ近くのプチホテルで目覚める。

午前6時頃。カーテンを開けてみる。当然まだ真っ暗である。

お湯を沸かしお茶を飲む。由布岳に登るのは初めてだし、昨日雪も降ったはずだ。ホテルを出るのは明るくなってからでいい。今日の予定は由布岳に登ることとそのあと日田のビジネスホテルに行くことだけだ。

しかし、他にすることもないのでザックに荷物をつめ始める。

もう一度お湯を沸かし、カップ麺を食べる。

7:14、ホテルを出る。チェックインはご主人だったが、チェックアウトは奥さんが出てこられた。ホテルの玄関でしっかり靴紐を締めてスパッツもつけよう、と思ったのだが見送りに出てこられて、こちらが出発にあまり時間をかけては申し訳ないのでとりあえず靴をはいてホテルをあとにする。

Dsc04609_40

←朝の由布院駅前。

通りに適当なベンチがあったので、そこで靴紐を締めなおし、スパッツをつける。

Dsc04610_40

←今日は頂上まで見えていますね。

Dsc04611_40

←白滝橋から。

Dsc04612_40 雪は昨日も降った。山の上のほうには相当積もっているだろう。

Dsc04613_40

←7:44、西登山口。このカンバンには「コースをよく知らない人は南登山口から登山してください。(登山路がわかりにくくなっています)」

と書いてある。自分は初めて歩く道なんだが大丈夫だろうか。ガスっていると少し不安だが今日の天気ならなんとかなるだろう。

Dsc04614_40

←目指す由布岳の標高は1584mである。

Dsc04615_40

←由布院は盆地である。

Dsc04616_40

←最初は杉林の中を歩く。

Dsc04617_40

←やがて草原のようなところに出る。頂上に雲がかかりはじめた。

Dsc04618_40

←また杉林の中へ。

Dsc04619_40

←そして杉林が途切れると「台」と呼ばれる草原に出る。

Dsc04620_40

Dsc04621_40

←九重の山並み。

Dsc04622_40

Dsc04623_40

←飯盛ガ城

Dsc04624_40

←この写真ではわからないと思うが鹿が7~8頭群れをなして歩いていた。鳴き声も聞こえた。

Dsc04625_40 Dsc04626_40

←このあたりの道がわかりにくかった。Dsc04627_40

←東峰も西峰も雲に隠れてしまった。

Dsc04628_40

←頂上からの眺めは期待できそうにない。

Dsc04629_40

←9:35、合野越。一人先に歩いているようだ。4本爪のアイゼンをつけている。

Dsc04630_40

←合野越で南登山口からの道と合流する。ほとんどの人は南登山口から登ってくるようだ。

Dsc04631_40

自分もここでアイゼンをつける。6本爪。

1個目のランチパックを食べる。コーヒークリーム味。

9:47、合野越発。Dsc04632_40 

Dsc04633_40

←由布院盆地を見下ろす。Dsc04634_40

Dsc04635_40 Dsc04636_40

Dsc04637_40

Dsc04638_40

←10:56、マタエ。まずは東峰を目指す。

Dsc04639_35

←11:12、東峰着。標柱の雪を落とす前。

Dsc04640_35

←雪を落として撮ってみた。

Dsc04641_40 Dsc04642_40

Dsc04643_40

←三脚で撮影。

Dsc04644_40

ランチパック2個目を食べる。ブルーベリー&マーガリン。ペットのお茶が凍りかかっている。

11:38、東峰をあとにする。

Dsc04645_40

←時々雲が切れて太陽が顔を出す。が、一瞬のことである。

11:48、マタエ。次に西峰を目指す。Dsc04657_40

←西峰へはこういった道が続くがそれほど危険な箇所はない。しっかりと鎖がついている。

Dsc04646_40

←西峰頂上。三角点にタッチ。12:03。

Dsc04647_40 Dsc04648_35 Dsc04649_40

←三脚で撮影。

Dsc04650_40

←今日3個目のランチパック。カレー&たまご。Dsc04651_40

←お鉢めぐりへの道には鹿の足あとがあるだけだった。

12:23、西峰をあとにする。

Dsc04652_40 Dsc04653_40

←東峰が見えてきた。

Dsc04654_40

←みるみる雲が晴れてゆく。Dsc04655_40

Dsc04656_40

←由布院盆地

Dsc04658_40

←下りこそ慎重に。ゆっくり鎖をつたって下りていく。

マタエまで来て、ホッと一息。アイゼンはここではずす。

Dsc04659_40  Dsc04660_40

←九重の山々

Dsc04661_40 Dsc04662_40

←青い空に雪の白が映えますね。

13:29、合野越。

Dsc04663_40 「台」草原のあたりはやはり道がわかりにくい。

←憎たらしいくらいの青空になってきた。

14:36、西登山口。

Dsc04664_40

湯の坪通りをプラプラと歩く。腹も減ったし、それより生ビールが飲みたい。しかしピンと来る店が見つからず駅まできてしまった。15:05。Dsc04665_40

←由布院駅前からの由布岳。

少し戻って一軒のうどん屋さんの表の品書きに「生ビール」の文字をみつけたので席にすわった。

おねえさんがお茶を運んできた。

私「生ビールください」

おねえさん「生ビールないんです」

私「じゃあ、いいです」

と言って店を出ました。後から考えると瓶ビールでもよかったなーと、ちょっと後悔しました。

外で飲むのはあきらめて一旦駅に戻り、スパッツをはずし、レインウェアのズボンも脱いで体制を立て直してダイエーに向かいました。

惣菜コーナーに鉄火巻き1本100円也があったので3本買い、他に適当につまみを買い、ビールと缶チュウハイも買いました。

予約してあった日田のビジネスHに電話する。

私「4時チェックインで予約しましたが、着くのが5時半頃になりそうです」

フロントの女性「わかりました。ご丁寧にありがとうございます」

(16:18由布院発の単コロは確か由布院が始発だったなー。もっと早く行ってBOX席を押さえたかったなー)

日田行きのキップを買ってキハ125に乗り込む。やはりBOX席は誰か一人は座っている。

Dsc04666_40

←こいつの黄色が九州にいるという実感を湧かさせてくれる。

ロングシートでつまみを食いながらエビスをちびちび飲む。ウマイ。これがあるから山登りはやめられない。

BOX席が空いたところでそちらに移り、鉄火巻きをいただく。自分にはこういう食い物がお似合いかな。駅弁もウマイけどね。

17:23日田に到着。

Dsc04667_40 駅からまっすぐに伸びる通りを温泉街の方に歩いていく。その通り沿いに今日泊まるビジネスHがある。

フロントで名前を言うと、先ほど電話に出たらしい女性が、

「先ほどはご丁寧にご連絡ありがとうございました。温泉の割引券もご用意してありますので、よかったらご利用ください」

4階の部屋に入って靴を脱ぐともう外に出る気がしなくなった。部屋の風呂にサッと入り、焼酎をちびちび飲みながらTVニュースなど見ていると眠くなってきた。朝青龍は今日も勝った。

眠かったが掲示板への書き込みを読み返してみると21:40までは起きていたようである。

「九州遠征 第3日目。英彦山へ。」へ続く>>

人気blogランキングへ

|

« 九州遠征 第1日目。 | トップページ | 九州遠征 第3日目。英彦山へ。 »

コメント

今日は2日酔い大丈夫ですか??

たけぱぱ西峰怖くなかったの??
由布岳のほうが雪が少なかったんですね~~

雪の由布岳も行きたくなりました・・・

投稿: あさこ | 2009年1月27日 (火) 17時42分

お疲れさまです。
九州だから暖かい?なんて単純に思っていましたが、やはりすごい雪なんですね。
どの画像もキレイです。
ランチパック、色々あるんだ。
コーヒークリーム味って見たこと無いかも。
そう言えば去年、『サンドでパンダ』を買ったので、ランチパック自家生産してます。

投稿: まりん | 2009年1月27日 (火) 18時14分

ひえ、去年の11月に登った時とは全然
違う山になってますね。
無事の下山、何よりでおました。

投稿: 関西支部長(ぶー) | 2009年1月27日 (火) 22時32分

頂上だけだったみたいだけど、随分雪多かったねえsnow
オイラの場合、西峰の鎖場は結構ヒヤッとしたがそうでもなかったかい?
>憎たらしいくらいの青空になってきた。
その気持ちよくわかる。でも頂上が見られただけでも幸運だったと思うよhappy01

投稿: H隊員 | 2009年1月31日 (土) 12時05分

あさこちゃん、
27日は思い切り二日酔いでした。
仕事がもともと休みでしたので、一日中家にいました。
由布岳はしっかり鎖がついていたので怖くはなかったですよ。
由布岳もいいけど、由布院か黒川温泉にでもゆっくり浸かりたいねぇ。

投稿: たけぱぱ | 2009年2月 6日 (金) 20時09分

まりんさま、
誰かがランチパックに反応してくれると思いましたが、まりんさまだったとは・・・
由布岳はそれほど雪ありませんでしたよ。
むしろ次の日にあさこちゃんと登った英彦山の方がありましたね。
今度九州へ行くときには法華院温泉と坊がつるを見に行きたいと思っています。

投稿: たけぱぱ | 2009年2月 7日 (土) 10時10分

ちゃんぶー、
11月に9人くらいで久住と由布岳に行かはったときには裏山でおました。
そのリベンジではないけれども、今回由布と英彦山に登れてよかったですわ。
またしっかりマイル貯めて何度でも九州に行きまっせ!

投稿: たけぱぱ | 2009年2月 7日 (土) 10時14分

H隊員、
雪はもう少しあったほうが却って歩きやすかったかも。
ラッセルするほどの雪ではなかったし、まぁ快適な山歩きと言えるだろうけどね。
鎖場の恐怖感は特になかったようですが、楽しくはありました。

無事に登って下りてこられたんだから良しとしましょうか~。

投稿: たけぱぱ | 2009年2月 7日 (土) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/27479613

この記事へのトラックバック一覧です: 九州遠征 第2日目。由布岳へ。:

« 九州遠征 第1日目。 | トップページ | 九州遠征 第3日目。英彦山へ。 »