« 東京国際キルトフェスティバル(たびままブログ) | トップページ | 扇山~百蔵山(速報)。 »

2009年1月23日 (金)

三ツ峠(本編)。

2009年1月14日~16日は九州へ遠征しておりました。

自宅へ帰り着いたのが、17日(月)のA.M.1:20。

翌日(17日当日)は6時起きいたしましてたびままと三ツ峠に行ってまいりました。

7:35青梅発の電車で拝島、八高線で八王子、中央線で高尾、高尾からは甲府行きに乗ります。

甲府行きの最後尾車両に立っていると見たことのあるような人が座席の背もたれの上から目だけ出しています。

(あの目は知り合いだぞ。誰だっけ?そうだ、麗子様だ!)

と思った瞬間、麗子様も背もたれの上に完全に顔を出して、こっちに笑顔を向けました。

麗子様の席にたびまま共々荷物を持って行って、

私「どこに行くんですか?」

麗「あかべこさんたちと百蔵山と扇山に行くんです~」

私「そうか、今日は来週の下見だ」

上野原で席が空いたので三人でBOX席に移る。

たびままも「ウワサの麗子様」の実物にお会いして「コスプレ」の話など訊いている。さすがに「エロトーク」の話題は出なかったが・・・

麗子様はあかべこさんたちと待ち合わせの鳥沢駅で、

麗「あ、鳥だ鳥だ。ここで降りなくっちゃ~」

と言って降りていった。

たびままと私も二つ先の大月で乗り換え。

大月からは富士急で三つ峠の駅まで行く。

二つ目の駅を過ぎた辺りだったろうか、

たびまま「ほら、富士山!」

と言うので窓の外を見るとでっかい富士山が見えた。

たびまま「登る前に見えちゃうのもなんかちょっと感激が薄れるな~」

私「そんな事言ったって無理だよ」

たびまま「分かるけどさ~」

富士急は単線をクネクネと進むので富士山が右に行ったり左に行ったりするのでした。

9:36、三つ峠駅着。Dscf2347_40

←三つ峠駅に着いた青い車両の富士急。この日は「フジサン特急」も「トーマス列車」も見ました。

トイレを駅で済ませ、水を1.5リットル汲んで、靴紐を締めなおし、二人だけで「ファイト~、マッスル、マッスル!」をやって出発です。

Dscf2348_40

←9:50、三つ峠駅から歩行開始。

Dscf2349_40

Dscf2350_40

線路をくぐると真正面に三つ峠が見えてきます。

Dscf2351_40

←三つのコブの真ん中が開運山。標高1786mです。

Dscf2352_40

←富士山がどぉ~んと見えています。

Dscf2353_40

←西桂町営三ツ峠グリーンセンター。「帰りにここのお風呂に寄っていきなさいよ~」と近くの民家のおばちゃんに声をかけられました。

桜の木の間を歩いていきます。

Dscf2354_40    

←10:43、憩の森。小休止。おにぎりを一個食べます。10:50発。

Dscf2355_40

←ここから山道に入ります。

Dscf2356_40 

←11:05、達磨石。雪が残っていますが、アイゼンをつけるまでもありません。

Dscf2357_40

←たびままの方が調子よく登っていきます。冬の山では汗をかきたくありませんので私はゆっくりと後をついていきます。

水分補給のため休憩したときにたびままは雪だるまを作っていてなかなか立ち上がらず、

たびまま「ぱぱ、先に行ってていいよ」

私「じゃあ、たびままにおいていかれないように先に行くよ」

と言って先に私が歩き出しました。

そこから頂上まで休まずに歩きました。たびままは2回くらい休憩したようです。

Dscf2358_40

←11:37、大曲り。

Dscf2359_40 Dscf2360_40

←11:43、股のぞき。

Dscf2361_40

Dscf2362_40

11:58、馬返し。

Dscf2375_40

←八十八大師

ロッククライミングのメッカ「屏風岩」を見上げながら進みます。

岸壁が切れたところから急坂になる。富士見荘の前を通り、反射板の前を抜けると13:04、三ツ峠(開運山)頂上に到着。

Dscf2363_40

←南アルプスがぜーんぶ見えます。甲斐駒、仙丈、北岳、間ノ岳、農鳥岳。Dscf2364_40

←塩見、小河内、悪沢、赤石、聖。

Dscf2365_40 

←八ヶ岳、金峰山。

Dscf2366_40

←そして富士山。

13:21、たびままも頂上に到着。

お湯を沸かし、私はカップラーメンを、たびままはおにぎりと味噌汁。

Dscf2367_35

←ここも山梨百名山。なぜか1m低い高さになっています。

もう一度お湯を沸かしコーヒータイム。南アや富士山を眺めながらのコーヒーは最高にうまいです。

湯沸しセットをしまって記念撮影タイム。

Dscf2368_40

←「三ツ峠」の文字を入れようとすると逆光になります。

Dscf2369_40

←前の写真の裏側です。

Dscf2370_40

←富士山をバックに。

Dscf2371_40

←これがやりたかったらしいです。

14:10、頂上をあとにします。

たびままがバッジを買いたいと言うので富士見荘をのぞくと、小屋のおやじさんが出てきて、

「ここは置いてないんですが、隣の小屋にはありますよ」

とのことなのでそちらへ行ってみる。

Dscf2372_40

←富士見荘のワンちゃん。

Dscf2373_40

←開運山を振り返る。

Dscf2374_40

←三ツ峠山荘の向こうに富士山。ここでバッジも目出度くゲットしました。

あとは下るのみですが、下りこそ慎重に。

屏風岩を過ぎたあたりで黒い四足の生き物が我々の前方15mくらい前を走り下りて行きました。

たびままは「熊?」と思ったようですが、カモシカでした。下ったところからこっちを見ていましたが、写真を撮るほどの時間もなく、またさらに下りて行きました。

Dscf2376_40 三回ほど休憩を入れながらゆっくり下っていきます。

←たびままの作った雪だるまはまだ残っていました。

16:15、達磨石。

16:50、グリーンセンター。ここでお風呂に入りました。

夜道を三つ峠駅まで歩きます。

三つ峠駅から富士急で大月へ。

大月駅前に出て見ると、昨年(08年)1月5日に高川山の帰りに寄った「京風らーめん かつら」がまだ健在でした。その隣のビルはあとかたもなくなっていましたが。

Dscf2377_40 Dscf2378_40

一年前と同じ席に陣取り、二人で小一時間ほど飲み食いしました。日本酒と焼酎の種類がたくさんあって、つまみメニューも充実していますので大月に行く事がありましたらオススメいたします。

大月駅であと1本くらい缶チュウハイか焼酎を買って電車の中で飲もうと思っていたのですが、ホームにあるお店は19:30閉店でした。残念。

19:52発の電車で立川へ。立川から青梅線で青梅へ。家に帰って焼酎を飲み足しました。

人気blogランキングへ

|

« 東京国際キルトフェスティバル(たびままブログ) | トップページ | 扇山~百蔵山(速報)。 »

コメント

なかなか仲良しご夫婦ですなあ~happy01
景色も最高で羨ましいぞ!
オイラ達は富士山を見ようと箱根と伊豆方面に行ったのに、見られなかったのとは偉い違いだなあ~sweat01

投稿: H隊員 | 2009年1月25日 (日) 22時26分

H隊員、
今夜の新年会は出られないようでまことに残念です。
最近はたびままも頑張って登っていますよ。
そちらも夫婦睦まじく箱根を楽しんだようでよかったよかった。
そういえば今夜はあずまいちげねーさんが来るんだった。
ますますH隊員にも参加してほしかったねぇ。

投稿: たけぱぱ | 2009年1月26日 (月) 12時50分

こんばんは~。
最近はたびままさんとの山も多いですね~。
我妻は同じ県民ながら、付き合い悪いです。
せいぜい高尾山、頑張って百蔵山か三頭山です。
あ、県民性の問題ではなく、夫婦愛の問題ですかね(笑

投稿: じゅん | 2009年1月26日 (月) 23時50分

じゅんさん、
「夫婦愛」の問題ではなく、「皆さんと一緒に登る楽しさ」が最近分かってきたようなんですよね。
今回は二人でしたが、皆でワイワイ登るのを楽しみにしているようですよ。

投稿: たけぱぱ | 2009年2月 5日 (木) 05時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/27291994

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ峠(本編)。:

« 東京国際キルトフェスティバル(たびままブログ) | トップページ | 扇山~百蔵山(速報)。 »