« 鹿沼岩山(本編)。 | トップページ | 赤城山(速報)。 »

2009年5月26日 (火)

サイテイの棒ノ嶺へ。

2009年5月21日(木)、平日のこととてメンバーは私一人。

前日、新宿で飲み会があり、完全に二日酔い状態です。朝飯のお茶漬けをかっこみ、おにぎりを2個持ち、ペットボトルに緑茶を詰め、コンビニでスポーツドリンク1Lを買って、9:32青梅発の奥多摩行き電車に乗り込みます。

9:53、川井駅に到着。

Dsc06257_40

川井駅ホームから見る奥多摩大橋。

Dsc06258_40

Dsc06259_40

ホームでのんびり駅名票や地図看板などを撮っていたら、バスの時間を思い出した。少し歩いたところにあるバス停を9:58に通る予定のバスに乗らなければならない。

急ぎ足でバス停に行くとおばさんが一人、バスを待っていた。

すると間もなく上日向行きのバスがやってきた。危ないところだった。

Dsc06260_40

←6分ほどの乗車で終点「上日向」に到着。

10:07、歩行開始。

Dsc06261_40

←先月、クマが目撃されているようです。

Dsc06262_40_2

←「ちわき」の庭に咲いているのはテッセンでしょうか。

Dsc06263_40

←10:25、清東橋。本数は少ないがここまで入るバスもある。

Dsc06264_40 Dsc06265_40

←10:35、奥茶屋。ここから山道に入る。

Dsc06266_40

←ワサビ田沿いに登っていく。

Dsc06267_40

Dsc06268_40

←セリバヒエンソウ

Dsc06269_40

←ニガナ

Dsc06270_40

←ここからワサビ田(沢)と別れ、植林帯の中の尾根道に入っていく。

Dsc06271_40

晴れて暖かい日。樹の下道でも汗が吹き出る。アクエリアス1Lがどんどん無くなる。

Dsc06272_40

←マムシ草

Dsc06273_40

←ガクウツギ

Dsc06274_40

←一瞬、「マリンに注意 山主」かと思いましたよ・・・

Dsc06275_40

←御嶽駅から岩茸石山~黒山~棒ノ嶺~百軒茶屋と「関東ふれあいの道」が続いている。

Dsc06276_40

←レンゲツツジ

Dsc06277_40

←間もなく頂上だ。

Dsc06278_40_4

←11:48、棒ノ嶺頂上。「棒ノ嶺」は埼玉側の呼称。東京側では「棒ノ折山」と呼ぶ。

Dsc06279_40

頂上には先客が1パーティーのみ。2人のおじさんと1人のおばさん。酒が入っているらしく大きな声で談笑していた。「こんにちは」と挨拶すると「ご苦労さんです~」と挨拶が返ってきた。

Dsc06280_40

←広場のような頂上。空には飛行機雲。

Dsc06281_40

←晴れてはいるが遠くはかすんでおり、近くの山しか見えない。

おにぎりを食べながらあちこち写真を撮る。

Dsc06282_40

←左:大持山、右:武甲山。

12:10、山頂をあとにする。

Dsc06283_40 Dsc06284_40

←12:18、権次入峠。

Dsc06285_40

←有間ダムに向かって下りていきます。

Dsc06286_40 Dsc06287_40

←12:32、岩茸石。

Dsc06288_40

←これが岩茸石です。写真に写ってるお兄ちゃんはちゃんと「こんにちは~」って挨拶してくれました。

Dsc06289_40

←フタリシズカ

Dsc06290_40

←ミヤマクワガタ?

Dsc06291_40

←12:40、一旦、林道に出ます。

ベンチや東屋が出来ていました。昨年11月にはありませんでしたよ。

Dsc06292_40

←そして林道を渡り、再び山道に入ります。

Dsc06293_40

Dsc06294_40 Dsc06295_40

Dsc06296_40

←これはさすがに「マムシに注意」としか読めませんね。

Dsc06297_40

←はい、わかりました。

Dsc06298_40

←滝が現れます。

Dsc06299_40

←そしていよいよ白谷沢の核心部分です。

Dsc06300_40

←ここを通りぬける時はちょっと沢登り気分に。

このあとは沢を下のほうに見下ろして歩く道になる。元気も余っているのでスタスタ下りていく。

Dsc06301_40

←この看板が出てきたらもう山道歩きはほぼ終了。

Dsc06302_40

←名栗湖が見える。

Dsc06303_40 Dsc06304_40

←13:24、白谷沢登山口に到着。

Dsc06305_40

←冷たい水をゴクリ。ンマイッ!

Dsc06306_40

←有間ダム堰堤。

堰堤の上を歩いていきます。

Dsc06307_40

13:50、さわらびの湯に到着。

Dsc06308_40

←さわらびの湯の玄関。

Dsc06309_40

←ここは完全に持ち込みOKなんだけど、今日は一人なので汗を流したら速攻で帰ります。

さわらびの湯はライダーさんが数人いたくらいで、すいてました。

汗を流し、さっぱりして、バスに揺られて爆睡。

東飯能駅前でバスを降り、八高線の駅に行くと次の八王子行きまで40分もあるではないか・・・

(こんなことなら次のバスでくればよかった・・・あと30分、温泉でゆっくりできたのに・・・)

ちゃんと調べてから行動しないからこんなことに。自分が悪いんです。

40分後にやってきた電車で拝島へ。拝島から青梅線。青梅の我が家には17時頃到着しました。

Dsc06310_40

←6月の水曜日は女性は半額だそうです。

クリックしてくださると、「このコース、なかなか楽しいです。また行きますよ。それからえ~っと、サイテイとは埼玉低山の略ですから念のため」も喜びます!→人気blogランキングへ

|

« 鹿沼岩山(本編)。 | トップページ | 赤城山(速報)。 »

コメント

どんなサイテーなお山かと思えば、平日に一人のんびりも楽しそうですね~happy01

投稿: nonon(はしの) | 2009年5月27日 (水) 00時51分

惜しい。
来月の休みは水曜日取らなかったですよ。

投稿: お~!やま~! | 2009年5月27日 (水) 21時50分

はしの、
一人のんびりハイキング。
下りたら温泉があって、ひとっ風呂。
山の近くに住んでてよかったです。

投稿: たけぱぱ | 2009年5月28日 (木) 09時27分

女史、
まだ回数券が残っておりまして、さわらびの湯にはまだまだ行かねばなりません。
宮沢湖温泉にも行ってみないと・・・

投稿: たけぱぱ | 2009年5月28日 (木) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/29757568

この記事へのトラックバック一覧です: サイテイの棒ノ嶺へ。:

« 鹿沼岩山(本編)。 | トップページ | 赤城山(速報)。 »