« もう一度登りたい百名山 30 谷川岳。 | トップページ | もう一度登りたい百名山 31 雨飾山。 »

2009年6月24日 (水)

大岳山へ。今年6回目。

2009年6月22日(月)、大岳山に行ってきました。

平日のこととてメンバーは私一人。

9時に1本電話を入れる用事があったので、家を出たのが9:20。9:32青梅発の奥多摩行き電車に乗り、御嶽まで。御嶽駅前からバスに乗り「ケーブル下」まで。バスは私を含めわずか3名の乗車。

バスの運転手「今日は山に行く人もほとんどいないよ。静かでいいんだけどね」

私「皆さん天気予報を見て行動しますからね」

予報は、曇り・降水確率30%だが、麓から大岳山は全く見えない。これでは、山も静かなはずである。

ケーブル滝本駅は「ケーブル下」バス停から少し登ったところにある。

御嶽山駅までの片道きっぷを買う。下りはケーブルに乗らずに歩くつもりだ。

Dsc06797_40

←きびもち大福。滝本駅で売っている。山に来ると甘いものが食べたくなるが、今日はグッと我慢する。

Dsc06798_40

←10:21発の青空号。

ケーブル車内は山姿の人は自分以外乗っていなかった。地元のおばちゃんかフツーの観光客だけ。

ケーブル線路脇の電柱には一足早く七夕飾りがつけられている。紫陽花が咲き始めだった。6分で標高831mの御嶽山駅に到着。すでに雲の中だ。

Dsc06799_40

←御嶽山駅前のテラスに出てみる。

Dsc06800_40

←晴れていれば上の写真のように見えるわけだが、今日はひたすら真っ白である。

トイレを済ませ、10:32歩行開始。

Dsc06801_40

←ケーブル御嶽山駅。

御岳集落へ向かう道の途中から日の出山が見えるはずであるが、今日は全く何も見えない。

御岳集落に入る。宿坊やみやげ物屋の間を通っていくと武蔵御嶽神社への階段にたどりつく。

Dsc06802_40

←神社への階段。

Dsc06803_40 Dsc06804_40

階段の途中から左に折れて大岳山に向かいます。

Dsc06805_40

←10:50、長尾平。今日はこのあたりから「昼なお暗い山道」になってしまいます。

Dsc06806_40 Dsc06807_40

←少し明るいところでは何か見えないかと目を凝らしますが、全く何も見えません。

Dsc06808_40

←ギンリョウソウ

水場があります。一口掬って飲む。

Dsc06809_40

←11:10、あずまや。小休止。ここはポッカリと木がなくて明るいです。

Dsc06810_40

←あずまやのすぐ横の道。ここだけ明るいです。

Dsc06811_40

←間もなく日が暮れるのではと思うくらいの暗さです。

Dsc06812_40

←小さな橋を渡ります。

Dsc06813_40

←空沢の右岸をさかのぼる道。

Dsc06814_40

←11:26、芥場峠。

Dsc0681540

足元をビョーンと飛び跳ねる茶色い物体があります。足を伸ばすと20cmくらいありそうです。ちょっとビックリしますが、正体はカエルです。

Dsc06816_40

←雨が降ってくるのでしょうか。こんなカエル君がたくさん出てきました。

Dsc06817_40

Dsc06818_40

←青いビニールシートは大岳山荘のカートや荷物を置く小屋です。

小屋が近づいてくると小屋の屋根の上に富士山が見える場所があるのですが、今日はそこから小屋を見ることさえ出来ません。真っ白です。

Dsc06819_40

←11:54、大岳山荘テラス。ここまでで会ったのは、走って降りてくる男性一人と、芥場峠下で追い越した夫婦、計3人だけ。

テラスで小休止。

Dsc06820_40

←大岳山荘のすぐ上に大岳山神社がある。

頂上手前に少し急な登りがあり、岩角や木をつかんで体を持ち上げていく。

12:10、誰もいない大岳山頂上に到着。

Dsc06821_40

←三角点

Dsc06822_40 Dsc06823_40

頂上の一角に腰を下ろす。それまでも霧雨程度は降っていたが、合羽を着るほどではなかった。腰を下ろしたとたんに雨がやや大粒になり、合羽を着る。

おにぎりを頬張っていると男性が一人現れ、何枚か写真を撮るとすぐに鋸尾根の方に下っていった。

12:30、頂上をあとにする。

Dsc06824_40

←今日は人間よりカエル君の方が多い。

Dsc06825_40

←フタリシズカ

年配のご夫婦がゆっくり登ってきた。二言三言会話を交わす。このあと神社の階段に出るまで誰にも会わなかった。

Dsc06826_40

←13:05、芥場峠。

Dsc06827_40

←13:15、あずまや。小休止。ここだけ明るい。

Dsc06828_40

←水場。登ってきた時より下りの方が冷たくてうまい。こちらがそう思うだけで水自体に変化はないのだろうが。

Dsc06829_40

13:35、長尾平。雨もやや大粒になってきた。下りもケーブルを使うことにする。

13:50、御嶽山駅に到着。

Dsc06830_40 Dsc06831_40

←14:00発のケーブルカーも青空号だった。乗客は10人にも満たない。

一番前に陣取りカメラを構える。

Dsc06832_40

←運転するわけではないが、非常用ブレーキ操作・発車合図・ドアの開閉・観光愛内のために係員が一番前に乗っている。

Dsc06833_40

←紫陽花が咲き始めている。

Dsc06834_40

←中間地点で日の出号とすれ違う。

ケーブル下からバス14:10発。

御嶽発14:32の電車がある。今日は接続がいい。

Dsc06835_40

←最近黄色いハンカチが上がっていないほらみたけ邸。どこか遠くへお出かけ中だろうか・・・

青梅の家には15時頃に帰りつく。

風呂に入り、カップ麺をすすり、16:45の電車で昭島へ。

たびままと待ち合わせて、MOVIX昭島で18:15からの回の『剱岳 点の記』を見ました。

見終わって20:40、腹が減ったので昭島駅前「や台や」で飲み食い。

家には22:30頃帰り着きました。

クリックしてくださると、「さぁー、いよいよ25日から北海道。遠足を前にした子供のような気分になってきました。朝3:45に目が覚めちゃいました。」も喜びます!→人気blogランキングへ

|

« もう一度登りたい百名山 30 谷川岳。 | トップページ | もう一度登りたい百名山 31 雨飾山。 »

コメント

えへへ・・・
愛しい人が来たんです?!
えへへ・・・

この雨で、家の中で・・・

仕事してます!

昨夜(23日)、ほたるをチェックしに行ったら、鳩ノ巣と御岳には、いました!いました! これより奥の気温が低い沢はまだでした。いよいよです!
8日は大丈夫ですよ!
5日と11日は、高校(宮崎県)の関東地区同窓会・歩こう会の人たちが、御岳山に登った後、我が家に来て宴会をし、ホタルを見て、帰る人と泊まる人・・夜は2次会です!
さて、8日をどうしましょうかね~・・

実は・・・・ rain雨の日は、旗は・・濡れて色が褪せるので降ろしています・・・
ハイ、そういうことでして・・・

ハイ、これからもずっとずっと、愛しい人を待ち続けます! ハイ・・・

投稿: ほらみたけ | 2009年6月24日 (水) 07時12分

ほらみたけさん、
そうでした、そうでした。
そう言えばこの前御嶽駅ホームから見たときも雨の日でした。
8日、そんなに大勢でおしかけないようにしますので、なにとぞよろしく哀愁でございます。

投稿: たけぱぱ | 2009年6月24日 (水) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/30248464

この記事へのトラックバック一覧です: 大岳山へ。今年6回目。:

« もう一度登りたい百名山 30 谷川岳。 | トップページ | もう一度登りたい百名山 31 雨飾山。 »