« 大岳山へ。今年5回目。 | トップページ | 今年も尾瀬へ行ってきました(後編)。 »

2009年6月12日 (金)

今年も尾瀬へ行ってきました(前編)。

今年の4月まで我らが元さんはいわゆる「平日山ノボラー」でしたが、お仕事の都合で5月からは「休日山ノボラー(平日ノボレネーゼ)」となってしまいました。

そんな元さんですが、6月4日(木)は会社の「創立記念日」とやらで平日なのに休みだそうです。

元「今年も尾瀬に行きます。行く人いますか?」

という呼びかけに対し、瞬く間に手が挙がり、元さん号はたちまち満席に。

少し出入りがありましたが、行くことになったのは最終的に6名。元さん・ぎょっち♪・お~!やま~!(女史)・ロッキー・しろ・私です。

==========================================================================================

2009年6月3日(水)、立川で仕事を終えたのが20:10。今朝はテントやシュラフなどが入ったデカザックを背負って出勤。そのザックを背負って中央線で高尾へ。

高尾駅南口「グルメシティー」の駐車場に22時集合でしたが、20:45には高尾駅に着いてしまいました。

駐車場に行くには早いので、100円ショップを冷やかしていたら歯ブラシを忘れたことに気付き、一つ買いました。

次に食品スーパーに行き、今晩のつまみや明日の朝飯・昼飯をゆっくり選んでいると、元さん・ぎょっち♪が現れました。

買い物が終わって駐車場に行ってみると、停まっていたのは元さん号ではなくてぎょっち♪号(7人乗り)でした。

6人だから「元さん、また息子さんの車で来るのかな」と思っていたのですが、最後に手を挙げたぎょっちが自分の車を出すということで元さんから「参加OK」をもらっていたようです。

やがてしろちゃん登場。集合時間少し前になって、ロッキー・女史が登場。

運転ぎょっち、助手席元さん、二列目に女史・しろ・私、三列目にロッキー(荷物が横にある)という座りで、22時を少しまわったところでぎょっち号出発です。

高速に乗ったところで、女史は「あ~、腹減った」と、弁当を食べ始めました。それを見ているこちらもお腹がすきました。

昨年夏に出来たばかりの狭山P.A.でトイレ休憩。

次に車が動きだした瞬間にたまらず私、缶ビールをプシュー。

私「ぎょっち♪スマンねぇ~、でも、おかげで生き返ったよ~」

プロ野球チップスを食べながら今日もうまいビールが飲めることに感謝感謝でありました。

圏央道から鶴ヶ島で関越。関越に入ったころから雨が降ってきて次第に大粒に。

先行きを心配しましたが、沼田インターを降りてみると地面は乾いており、案ずることもなさそうでした。

日付けが変わって6月4日(木)1:25頃、尾瀬戸倉第一駐車場に到着。ぎょっち号をはさんでテントを3張。テント組は元さん・女史・私。あとの女性三名はぎょっち号で寝る予定。

Dsc06428_40

←奥が元さんテント。手前女史テント。白い車がぎょっち号。

Dsc06429_40

←たけぱぱテント。

混んでいるときはテント張れませんのでご注意ください。

さて、テントを張り終わったところでトイレとバスのきっぷ売り場がある建物をお借りしてプチ宴会の開始。

Dsc06422_40

←スパークリングワインの栓をあける元さん。ワインはぎょっち提供。

Dsc06423_40

←5月31日がロッキーの誕生日だったので、女史が自分で焼いたケーキを持参。しろちゃんが持ってきたローソクを立てる。ぎょっちはグラスまで持ってきている。

Dsc06424_40

←用意が出来たところで乾杯。

Dsc06425_40

←「HAPPY BIRTHDAY♪」を唄い、ロッキーがローソクを吹き消す。ロッキー、お誕生日おめでとう!Dsc06426_40

さて、飲み物はその他に日本酒・梅酒・焼酎。食べ物はぎょっち持参の野菜スティックが大ヒットでしたね。しろちゃんと私は乾き物を少々。

Dsc06427_40

←しろちゃん持参の梅酒。

個人的には全然飲み足りないが、明日は5時には起きねば。2:40頃片付けて、2:45頃就寝。

(この時間まで起きてて、明日5時に起きれるでしょうか・・・)

夜中に到着する車の音や話し声で、グッスリとは眠れず、5時に起床。

Image3681_55

←朝5時の尾瀬戸倉第一駐車場。

まず、昨日プチ宴会をやった建物に行き、トイレと洗顔を済ます。

次にシュラフをたたみ、テントをたたみ、ぎょっち号のまわりで朝飯を思い思いに食べる。

Dsc06430_40

←藤の花。去年も咲いていた。

Dsc06431_40

←桐の花。やはり去年も咲いていた。

Dsc06432_40 Dsc06433_40

←ぎょっち号の周りで朝メシ。元さんが沸かしてくれた紅茶がウマかった。

6:15頃、乗り合いタクシーで鳩待峠に向かう。とにかく眠い。目をつぶったと思ったら鳩待峠。6:40頃到着。

Dsc06434_40

←鳩待峠からの至仏山。まだ雪がたっぷり残っている。6月いっぱいは入山禁止である。

Dsc06435_40

←東電が発行する無料の地図をもらう。

「平日~、マッスル、マッスル!」で気合を入れて、6:51歩行開始。

Dsc06436_40

←尾瀬ヶ原に向けて下っていく。

最初は石段を下る。

それを過ぎると木の階段。

Dsc06437_40

←エンレイソウ

Dsc06438_40

←コミヤマカタバミ

Dsc06439_40

←ヤグルマソウ

Dsc06440_40

←木道。群馬県側は東電が作った道である。

Dsc06441_40

←木々の間からは残雪の至仏山が見える。

Dsc06442_40

←トウゴクミツバツツジ。ミツバツツジが雄しべ5本なのに対し、こちらは10本。

Dsc06443_40 Dsc06444_40

Dsc06445_40

←登頂意欲をそそる眺めだが、入山禁止である。

Dsc06446_40

Dsc06447_40

←ショウジョウバカマ

元さんもきっと同じだと思うのだが、私も足元を見て探しているものがある。昨年6月6日に元さん号で尾瀬に来たときに元さんだけ見た「シラネアオイ」だ。山の鼻からの帰り、鳩待までダッシュで登ったので、最後尾の元さんが見つけて「さっきシラネアオイ撮ったよ」と、あとで教えてくれたという出来事があったのだ。

その1週間後に、名前の由来である日光白根で見れると思ったのだが、全く見ることができなかった・・・。

「そろそろだ」と思うころ、元さんから、

元「ここだ、ここだよ。ちゃんと覚えてたよ」

少し木道からはずれたところに今年も咲いていた。

Dsc06448_40

←シラネアオイ

実物を見るのは3年ぶりだ。06年6月に越後駒ケ岳で見て以来である。あの頃はブログを書くなんて思いもしなかったので、写真もロクに撮らなかった。

こんなに綺麗な花だったのか。そして花が大きいじゃん。東京(関東)に出てきて早や32年、じゃんじゃん言葉で感想を思い浮かべるのでありました。Dsc06449_40 Dsc06450_40

Dsc06451_40

Dsc06452_40

←タチツボスミレ

Dsc06453_40

←シャクナゲ

Dsc06454_40

←今度は道のすぐ脇に咲いていました。シラネアオイ。まだ開ききっていませんが。

Dsc06455_40

Dsc06456_40

Dsc06457_40

←ナガバノキスミレ

Dsc06458_40

←サンカヨウ

そして、今年も尾瀬で会うことが出来て幸せです。水芭蕉。

Dsc06459_40 Dsc06460_40

Dsc06461_40 Dsc06462_40

Dsc06463_40

Dsc06464_40

←チシマザクラ

Dsc06465_40

←ゼンマイ

Dsc06466_40

←フキノトウ。この花で「六花亭」を思い出すのは私だけではありませんよね。

Dsc06467_40

←渡る川は「川上川」。この川を渡る瞬間もいいですね。

Dsc06468_40

←ニリンソウ

Dsc06469_40

←ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)

Dsc06470_40

←山の鼻に間もなく到着だ。

Dsc06471_40

←キクザキイチゲ

Dsc06472_40

←8:00、山の鼻。

ベンチにザックを置き、交替でトイレに行く。

Dsc06473_40

朝はパンだったので腹が減る。SOYJOYをかじる。

Dsc06474_40

←至仏山

8:20、山の鼻発。

歩き出して間もなく、ザゼンソウが。

Dsc06475_40

←ザゼンソウ。去年は見晴らしの手前で一株見れただけだった。

Dsc06476_40

Dsc06477_40 

←至仏山を振り返る。

Dsc06478_40

←燧ヶ岳も見えてきた。

Dsc06479_40 Dsc06480_40

←リュウキンカ

Dsc06481_40

←至仏をバックに。

Dsc06482_40 Dsc06483_40

Dsc06484_40_2 

Dsc06485_40 Dsc06486_40

Dsc06488_40

Dsc06490_40

←ショウジョウバカマ

Dsc06491_40

Dsc06492_40

←池塘に燧が逆さに写る。

Dsc06493_40

Dsc06494_40

Dsc06495_40

Dsc06496_40

Dsc06497_40

Dsc06498_40

←拠水林。湿原はは土に養分が少ないため、木が育つのは川の流れで肥沃な土砂が運ばれてくるところだけである。

Dsc06499_40

←ワタスゲ

Dsc06500_40

←ミツガシワ

Dsc06501_40

←9:05、牛首。

この続きは後編へ。写真がまだまだたくさんあります。

後編はコチラ>>

クリックしてくださると、「シラネアオイには感動いたしました。」も喜びます!→人気blogランキングへ

|

« 大岳山へ。今年5回目。 | トップページ | 今年も尾瀬へ行ってきました(後編)。 »

コメント

尾瀬、楽しかったね~。

カタバミが覚えれずに苦労しました。
いつも覚えるのに付き合ってくれてありがとうhappy02

投稿: しろ | 2009年6月12日 (金) 22時37分

いつ見てもいい眺めだ~
それにしても写真を随分と撮ったもんだね。
寝不足の中、皆な元気だねえhappy01

投稿: H隊員 | 2009年6月12日 (金) 22時59分

しろちゃん、
正確には「コミヤマカタバミ」ですが、とりあえずカタバミと覚えましょう。
もうすぐ北海道だね。
たくさん写真を撮ってたくさん花の名前を覚えましょうね。

投稿: たけぱぱ | 2009年6月18日 (木) 12時43分

H隊員、
雨が降らなかったのでたくさん撮りましたね。
雨が降ればこうはいかないね。
寝不足だったが、朝早く歩くのはやはり気持ちがいいねぇ。

投稿: たけぱぱ | 2009年6月18日 (木) 12時51分

あの、一応戸倉の駐車場には「幕営禁止、火気厳禁」という看板がありました。coldsweats01
良い子はまねをしないようにということで。

投稿: お~!やま~! | 2009年6月27日 (土) 00時11分

バス待合室で宴会はダメだろ〜!

投稿: | 2009年7月 2日 (木) 11時09分

「バス待合室で宴会はダメだろ〜!」

↑ ↑ ↑ どちら様ですか?

投稿: たけぱぱ | 2009年7月 2日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127575/30010045

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も尾瀬へ行ってきました(前編)。:

« 大岳山へ。今年5回目。 | トップページ | 今年も尾瀬へ行ってきました(後編)。 »